ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

逆子はツボ押しで改善される?鍼やお灸などツボ押しの方法とは?

   

逆子はツボを刺激するお灸や鍼で改善される可能性があることを皆さんご存知でしょうか。

妊娠から出産にかけて注意したいことの一つとして、「逆子」があげられますよね。通常、赤ちゃんは産まれてくる際に「頭」を下にしているものですが、逆子の場合は頭が上になっている状態のことをいいます。

逆子になると分娩時にリスクが発生するため、トラブルを回避するためにも帝王切開になる可能性が高くなってしまいます。しかし出来ることならば避けたいものです。

帝王切開ではどんな手術をするの?費用はどれくらい? | ハグー!
「帝王切開」という言葉は、みなさんも聞いたことがあるでしょう。これは、ママやお腹の赤ちゃんを守るためには、経腟分娩ではリ…

そこで冒頭でもご紹介した、お灸、鍼などを使用したツボ押しが逆子の改善に効果が高いことが判明しているようです。

今回はそんな逆子に効果のある、お灸や鍼を使ったツボ押しについて、ご紹介していきましょう。

どうして逆子になってしまうの?その原因とは?

そもそも妊娠初期から中期にかけて、胎児は逆子であることが多いです。その理由として、この時期の胎児はまだ身体も小さく、子宮内にゆとりもあるため元気に動き回ります。こうした理由から胎児が本来の正常な位置とズレてしまい、逆子になるケースが多く見られます。

また大体の人は妊娠中期にかけて逆子が治っていきます。しかし妊娠中期を過ぎて後期に入っても、逆子が治らないケースもあります

その原因としては母体の骨盤が小さいことが理由の「狭骨盤」があります。

児頭骨盤不均衡についてのまとめ!原因や兆候・症状、診断方法を解説 | ハグー!
みなさんは、「妊産婦死亡率」という言葉を知っていますか? これは、妊娠中及び妊娠終了後満42日未満の間に、妊娠や出産に関…

そして胎盤の異常である「前置胎盤」や「低置胎盤」、子宮の異常による「子宮奇形」「子宮筋腫」なども原因とされています。

前置胎盤は帝王切開での分娩になってしまう!対処法はないの? | ハグー!
胎盤の位置が原因になって大量の出血を引き起こす前置胎盤の症状などを理解しよう 前置胎盤は、確率的には全部の分娩の0.2…

これらの状態がどれかひとつでも当てはまると、逆子になる可能性があります。全く当てはまらないという方の中でも、逆子が治らないというケースもあるようです。

子宮筋腫があっても妊娠に影響はない?流産や早産の可能性は? | ハグー!
子宮筋腫は、平滑筋という子宮を形成するための筋肉細胞が、それ以外の場所で増殖してしまう、良性の腫瘍のことをいいます。子宮…

逆子を治すツボ押しとは?気になる効果は?

逆子と診断されて不安を感じる妊婦さんも多くいますが、正しくツボを刺激することで正常な位置に戻す効果が期待できることをご存知でしょうか。

まず逆子のまま出産を迎えると帝王切開になってしまったり、母体にかかる負担が大きくなります。しかし逆子の原因は未だ明確にされていないことが多いとも言われています。

ですが「体の冷えも逆子の原因のひとつ」と言う説があります。妊娠中はホルモンバランスの関係で体温が上がりやすく、温かいので油断しているうちに身体が冷えてしまうケースも多いです。

そこで特定のツボを押すことにより血の流れが変わり、代謝が良くなる、自然治癒力が高まる、などの効果があると言われています。その結果、身体が温まることでママのお腹も温まり、赤ちゃんも身体を動かしやすくなることで逆子が治るといった理由に繋がっていくようです。

また子宮や胎児につながる経路のツボを押すことで、逆子が治ったという例もあるそうです。

その他にもツボを押すことで血行がよくなった結果、羊水が増して便秘が治るといった声もありますので、医師との相談を行ったうえで試してみるのもいいかもしれませんね。

ツボ押しで妊娠中の便秘が解消するかも!?自分で押せるツボの位置教えます! | ハグー!
妊娠中は便秘になりやすい人が多いのですが、もともと便秘体質の人は妊娠中さらにその症状が進んでしまい、場合によっては下剤や…

逆子の改善には鍼灸院に行くのもおすすめ?注意すべきこととは?

それでは次に冒頭でもご紹介したお灸や鍼の効果について、詳しくご紹介していきましょう。

妊娠中期を過ぎても逆子が治らず、お医者さんからも「逆子だね」と診断された場合は、鍼灸院へ行ってみてはいかがでしょうか。

お灸や鍼での治療法というのは、伝統的な逆子の治し方で知られています。また逆子治療で鍼灸院に訪れる妊婦さんも増えているようです。

前述でも触れたように、逆子の原因の一つとして「冷え」も関係してくるとお話しましたね。

お灸や鍼などでツボを刺激しすると、血流を良くしながら流れを改善する効果があります。その結果、冷えを解消すると同時に身体を温めることが出来るのです。

鍼灸院などでツボ刺激を行う際の注意点は?

しかし鍼灸院での治療は、医学に基づいた施術ではありません。もしも自己判断で行った際、万が一のことがあってからでは困るので、鍼やお灸を行う際にはしっかりと医師に相談を行ったうえで通うように心がけましょう

そしてツボ押しは血流を促す効果があるため、切迫早産や前置胎盤などの疑いがある方は施術を控えるようにしましょう。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと | ハグー!
切迫早産になると早産のリスクが高まります!原因や対策を知っておきましょう 切迫早産とは、正期産と呼ばれる時期よりも早い…

以上のように妊娠中で合併症を引き起こしてしまい、どうしても帝王切開が回避できない場合もあるので、リスクを軽減するためにも鍼灸院などの逆子治療は必ず医師に相談することを忘れないでくださいね。

実際に逆子を治すツボの位置や施術方法とは?自宅でもできるの?

では、実際に逆子を治す際に行われるツボ治療や、その方法についてご紹介していきましょう。

お灸を使った施術方法

具体的な施術としてまず、お灸を使った方法があります。「もぐさ」と呼ばれるよもぎを乾燥させたものをツボに置き、それに火をつけて熱することで、ツボを刺激します。どんなツボを刺激するのか以下でご紹介していきましょう。

至陰

足の小指の爪のすぐ横にある部分。血行を良くして体を温めてくれるツボです。

三陰交

くるぶしの内側から指を4本ほど離れた位置にある部分。消化器や婦人科の疾患に効果があると言われているツボです。

鍼を使った施術方法

また鍼による治療の場合ですが、鍼を刺してすぐに抜く方法の「単刺」や刺してしばらく放置する「置刺」、鍼に電気を流す「パルス鍼」など、様々な方法があります。

鍼ときくと「痛いのではないか」と思われる方も多いかもしれませんが、実際に鍼治療を経験された方の感想は「痛くてもチクっとする程度で全然気にならない」といった感想が多いようです。

ツボ押しやお灸は自宅でも手軽に行える

ツボ押しやお灸であれば自宅でも手軽にできることをご存知でしょうか。ドラッグストアなど市販のお灸が売られていたり、中にはアロマの香りがするリラックス効果の高いもぐさもあります

またツボの位置はお灸を位置にもならっているので、逆子に効果のあるツボを覚えておけばお灸とツボ押しの両方に応用ができます。

妊娠中はアロマの選び方や使い方に注意が必要って本当? | ハグー!
薬をできるだけ使いたくない妊娠中だからこそ、ヨーロッパで自然療法として取り入れられているアロマテラピーを試してみようと考…

しかし上記で紹介したツボは色々な疾患に効果がありよく使われますが、妊娠初期に刺激すると流産の恐れがあります。そのため三陰交などのツボを刺激する際には、自己判断ではなく鍼灸師の方と相談してから行うことをオススメします。

自宅で手軽にできるお灸なら火傷のリスクはありませんが、万が一火傷をしてしまった時はすぐ消毒をして化膿しないように気を付けてください。

そしてツボ押しの場合は、強く押しすぎると痣になったり指を痛めてしまいます。痛すぎず、気持ちいい程度の力加減にしておきましょう

ツボ押し施術はいつからはじめるべき?注意すべき時期とは?

お灸や鍼を使ったツボ押しの施術についてご紹介していきました。しかしいつから始めればいいの?と疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。以下で詳しく確認していきましょう。

鍼灸院やツボ刺激は安定期に入ってから!

一般的には妊娠して28週目ごろを目安に、安定期に入ってから逆子治療を行うのが適切と言われています。また妊娠34週を超えてしまうと逆子が直る確率下がってしまうので、早めに治療を行うことが大切です。

そして逆子治療は一度の施術で改善されても、胎児が移動し再び逆子に戻ってしまうことがあります。逆子が改善されてからも、定期的に回数を重ねて行っていくことが大切です。

治療に取り掛かる際には、かかりつけの医師や鍼灸師としっかり相談しながら、今後の方針を決めていきましょう。

妊娠初期はなるべく控えよう

そして前述でも軽く触れたように、妊娠初期からの施術は控えるように心がけましょう。ツボ押しは子宮や卵巣に深く関係しているため、子宮の収縮が強くなり流産に繋がってしまう可能性があります。

そのため施術を行う際には上記でもご説明した、妊娠28週目の安定期に突入した頃から始めると良いでしょう。

逆子を防ぐ心がけを行って、安全な出産の準備をしよう

以上で紹介したように逆子を治す対策は実に様々です!お家でテレビを観ながらのんびりと逆子体操を行うのも対策の一つですよね。しかし鍼灸院などの施術でプロの力を借りてみることも一つの手かもしれませんね。

またお灸や鍼などの施術は逆子改善だけではなく、つわりなどの軽減にも効果的とされています。しかし上記でもお話したように、はじめるタイミングや注意点をしっかりと抑えて施術を行うことが大切です。

そして大切なことは、鍼灸院などの施術は医療行為ではないので万が一のことを考えたときに、しっかりとかかりつけの医師と相談をすることです。

まずはご自身にあった逆子改善方法を思案しながら、家族やお医者さんと相談して安心できる出産を目指していけるように心がけましょう。

  関連記事

原因がないのに熱が下がらない!妊娠中になりやすい「うつ熱」とは?

妊婦の体温が上昇し長い間下がらない状態が続くと、徐々に羊水が温められ赤ちゃんに影 …

ビタミンB12が妊娠中に担う役割が重要って本当?葉酸との関係は?

妊娠中は、栄養バランスに気をつけて食事を摂る必要があります。中でも、妊婦さんに摂 …

妊娠中期に多い鉄欠乏性貧血。鉄分の錠剤と注射、サプリの効果はある?

妊娠中期に入ると、お腹の赤ちゃんがますます大きくなり、その栄養と酸素を補うために …

赤ちゃんやママを守るメリットも!「出生前診断」のことあなたは正しく知っていますか?

妊婦さんであれば、「出生前診断」という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません …

妊娠中期は腰痛に悩まされる方も…整体やマッサージは大丈夫?

妊娠中の腰痛対策についてご紹介します!整体やマッサージの注意点とは? 妊娠中期に …

妊娠中に手足口病にかかったら、どうなるの?赤ちゃんへの影響は?

手足口病とは、夏に流行する風邪の一種です。保育園や幼稚園などで、乳幼児に集団感染 …

正中線って妊娠線とは違う?できる原因と消す方法が知りたい!

妊娠してお腹が大きくなると、お腹に茶色い線がみられるようになります。妊娠線と間違 …

妊娠中期にレアステーキを食べると問題があるって本当?その理由は?

妊娠中に生肉を食べない方がよいという話は、よく見聞きしますよね。では、妊娠中の女 …

ノンカフェインのハーブティーなら、妊婦は何を飲んでもいいの?

妊娠がわかると、お医者さまにカフェインを控えるようにいわれます。これは、カフェイ …

両親学級って参加すべき?母親学級との違いを教えて!

妊婦健診で病院を訪れたり、母子手帳交付のために役所を訪れた時に、「母親学級」の案 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss