ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊婦になった時に注意しておきたい尿蛋白とは?原因と予防方法は?

   

妊娠をすると、定期的に妊婦健診に通うことになります。この時、毎回尿検査をしますが、何のために行っているのか疑問に思ったことはありませんか?実はこの尿検査、尿蛋白があるかどうかを調べるために行っていたのです。

尿蛋白という言葉はあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、妊娠中に何か病気にかかっていないかを調べるのに、とても役立つ検査項目なのです。

そこで尿蛋白とは何か、どうして妊娠中に出やすいのか、またどうしたら予防できるのかをみていきましょう。

尿蛋白ってどんな病気?

尿蛋白とはどのような病気なのでしょうか。蛋白とはタンパク質のことで、尿蛋白はその文字通り、尿の中に含まれているタンパク質のことを指します。

この尿蛋白には腎臓が大きく関係しています。腎臓は血液をろ過し、きれいな状態にしてから身体へと戻す役割を担っています。ろ過した際に出た不要物や老廃物は、尿として体外に排出されます。

タンパク質は血液と共に身体へと戻されるので、基本的には尿にタンパク質が入ることはありません。しかし何かの原因で腎臓の機能が低下していると、尿にタンパク質が混ざってしまうことがあるのです

毎回の妊婦健診で尿検査をするのはこのためで、尿蛋白の有無を調べることは病気の早期発見につながるのです。

妊婦さんが尿蛋白になりやすい原因はなに?

それではなぜ妊婦さんは尿蛋白が出やすいのでしょうか。妊娠中のママは自分の血液に加えて、おなかの中にいる赤ちゃんの血液も一緒にろ過しなければなりません。そのため通常よりも腎臓に負担がかかってしまう状態にあります

いつもよりも腎臓が多く仕事をしなければならないことで機能が低下しやすくなり、ろ過しきれず尿中にタンパク質が混ざってしまうのです。

また運動不足に陥りやすいことも妊娠中に尿蛋白が出やすい原因の1つです。妊娠をするとつわりになって思うように動けなかったり、赤ちゃんの成長に伴って身体を動かすのが大変になってきます。

腎臓は運動不足になると機能が低下しやすいため、尿蛋白が出やすくなってしまうのです。おなかが大きくなって、身体を自由に動かしにくい妊娠後期に尿蛋白が見られやすいのはこのためです。

この尿蛋白の数値が教えてくれるのは、腎機能の低下だけではありません。妊娠高血圧症候群という病気の可能性もここから探ることができるのです。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に発症する高血圧のことを指します。悪化すると母体の血管や臓器に障害を引きおこし、ひどい時には出産前にもかかわらず、胎盤が剥がれ落ちてしまう常位胎盤早期剥離をおこすこともあります

妊娠を継続できなくなる恐れもある怖い病気なので、早期発見が必要です。頭痛やむくみ、そして尿蛋白の数値が高いことなどがこの病気のサインであるため、毎回の妊婦健診で尿蛋白を調べているのです。

尿蛋白のプラス・マイナスとは?

それでは尿検査をした際に記録される「プラス」「マイナス」とは一体何を意味するのでしょうか。尿中にタンパク質が含まれていると尿蛋白が「プラス」であるとされます。

「1+」「2+」「3+」のようにプラスの数が増えるほど、検出された尿蛋白の量が多いということになります。基本的に尿蛋白はマイナスになっているのが正常な状態です

「プラスマイナス」という結果が出る時がありますが、これは「1+」に近い状態だという意味で、プラスが疑われているということです。

おなかに赤ちゃんがいる間は普段よりも尿蛋白が出やすいため、「プラスマイナス」「1+」が一度出たからといって、直ちに病気の治療を始めなければいけないわけではありません。

疲労が蓄積した時や体調が優れない時にも尿蛋白は出やすくなるため、たまたまその数値が出てしまった可能性があるからです。そのような場合には次回の妊婦健診で行う尿検査の結果をみることになります。

二度以上尿蛋白の数値がプラスになってしまったら、さらに詳しく調べる検査を行うことになります

予防方法や改善方法はあるの?

ここからは尿蛋白の予防法や改善法をみていきましょう。まずは疲れが溜まると腎機能が低下しやすくなるため、適度に休息をとることが大切です。

また運動不足も腎臓に悪影響を与えるため、安定期に入り体調がよい時には外をお散歩したり、軽いストレッチをしたりして身体を動かしましょう。もちろん赤ちゃんとご自分の様子をみながら、無理のない範囲で行って下さいね。

妊娠高血圧症候群を予防するために、食事や生活習慣に気をつけることも大切です。食事をつくるのが億劫になり、ついつい外食や出来合いのお総菜に頼ってはいませんか?塩分の摂りすぎは高血圧の原因の1つとされています。

身体に優しい和食を中心に、薄味で健康的なメニューを心がけましょう。ただ塩分を減らすと味気なく感じる方もおられると思います。その場合は減塩の調味料を用意したり、お出汁を活用したり、薬味を上手に使うなどするとおいしく頂けます。

糖分を摂りすぎても腎臓に負担がかかり尿蛋白が出やすくなってしまうので、甘いものは控えめにしましょう

カロリーの摂りすぎも気をつけたいポイントです。妊娠中期から後期にかけては食欲が旺盛になる妊婦さんが多いようです。しかしここで食べすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群などの病気を引きおこす恐れがあります。

よく噛んでゆっくりと食べることで、満腹感が得られやすくなりますので、ぜひ試してみて下さい。

お医者さんで早めに対処しましょう

尿検査で尿蛋白の数値がプラスになると、赤ちゃんのことを考えてとても不安になってしまいますよね。ですが妊娠中は普段よりも尿蛋白が出やすい状態にあるので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。

尿検査の結果、続けて尿蛋白の数値がプラスになってしまった場合は、かかりつけの医師としっかりと相談しましょう

万が一腎機能が低下した状態や妊娠高血圧症候群になってしまっていても、早期発見をしできるだけ早く対処すれば、大事に至らないケースがたくさんあります

落ち着いてしっかりと治療に臨み、赤ちゃんと一緒に元気なマタニティライフを送って下さいね。

  関連記事

低カロリーで人気な玄米、妊婦が食べてもいい?胎児に影響はある?

健康やダイエットにもいいと評判の「玄米」。普段から健康目的やダイエット目的で、主 …

過長臍帯ってどんな状態?妊娠・出産への影響は?

臍帯は、俗にいう「へその緒」のことで、ママの胎盤とお腹の赤ちゃんをつなぐ大事な器 …

妊婦のアトピー性皮膚炎…症状が悪化した時の治療は?赤ちゃんへの遺伝は?

妊娠中にアトピーが悪化!薬を使っても大丈夫? アトピー性皮膚炎を持っていると、「 …

妊娠中期は貧血になりやすい!原因や対策、胎児への影響について

女性は貧血になりやすいのですが妊娠中は特に注意が必要です!対策をご紹介します 妊 …

栄養補給とむくみ防止のためにも妊娠中にバナナを食べよう!

妊娠中は、栄養のバランスのとれた食事をするのが基本です。そして、野菜と果物は意識 …

今日からスタートできる「妊婦体操」のメリットと方法とは?

マタニティライフは、案外体力勝負。日に日に大きくなるお腹は、運動不足なプレママの …

妊娠20週目には赤ちゃんの脳や聴覚が発達し五感もどんどん発達する

お腹の赤ちゃんが一気に人間らしくなってくるのが妊娠20週目です 俗に言う安定期と …

アボカドに妊婦に必要な栄養分が含まれてるって本当?どんな効果があるの?

女性に人気の食材、アボカド。スーパーでも普通に売られるようになり、最近はアボカド …

妊娠中に腹筋を鍛えた方がいいって本当?妊婦の腹筋完全マニュアル!

妊娠中に腹筋と聞くと、赤ちゃんのいるお腹に力を加えて大丈夫?と心配になってしまう …

新型出生前診断(NIPT)って一体何?検査項目や受ける時期、実施病院一覧とその費用

新型出生前診断は、2013年に日本でも正式に認められた検査で、その精度の高さとリ …