ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

眠い、ねむい、ネムイ!妊娠中にとまらない眠気はどうしてなの?時期別の理由と対策

   

妊娠した途端に、なんだか眠気がすごい!という方は多くいるのではないでしょうか。場合によっては寝ても寝てもなんだか眠くて、隙あらば寝ていたい…という状態になってしまうことも。

でもどうしてそんなに眠くなってしまうのでしょうか?また、たくさん寝てしまって、赤ちゃんや体に悪影響はないのでしょうか。

ここでは、妊娠初期、中期、後期それぞれの眠気の原因と対策について詳しく解説していきます!

妊娠初期

眠気の理由

実は女性の睡眠には、女性ホルモン、特に「プロゲステロン」が大きく影響しています。「プロゲステロン」は妊娠を成功させて、その状態を維持させるホルモンなので、排卵後から徐々に増加し、妊娠3か月頃までの間にかけて大量に分泌されていきます。

そしてこのプロゲステロンは、直接的に睡眠を促す作用があるのです!そのため「眠りつわり」と呼ばれるような強い眠気に常に襲われると共に、だるさ、頭痛、吐き気、ほてり、むくみ、便秘、肌荒れ、イライラ、胸の張りなどのツライ症状がおこりやすくなります。

対策

妊娠初期の場合、どんな対策をとっていてもホルモンが促してくるために眠気がおさまることは難しい問題です。家にいる場合などは思い切って眠れるだけ寝てしまいましょう。眠ることで赤ちゃんに悪い影響がでることはありませんので、安心して寝てくださいね。

心配があるとすれば、寝すぎによって運動不足になってしまうことなので、眠気が少ない時などに体を動かすことを心がけましょう。ただ。他のつわりなどで動くのもツライ場合には、安静に過ごしてくださいね。

仕事などでどんなに眠くても眠れない場合には、ガムをかんだり、目が覚めるツボを押すなどの簡単な対処を行ってみてください。

妊娠中期

眠気の理由

この時期になると、つわりも少しずつおさまってくることが多いです(個人差があるため、臨月までつわりが続くこともあります)。そのため、ごはんがおいしく食べられることに感激してついつい食べ過ぎてしまったり、仕事や趣味の時間をもとうと夜更かししてしまうことで、日中眠気が襲ってくることがあります。

また、少しずつお腹が大きくなってくるので疲労がたまりやすく、眠気に繋がることも多いです。

対策

もし、つい夜更かしをしてしまったりご飯を食べすぎていたり、という自覚がある場合には、ほどほどにしておきましょう。体調が安定してくる妊娠中期ですが、まだまだ赤ちゃんは成長途中なので、健全な生活が望ましいです。

また、この時期になってくると昼寝をしすぎて逆に夜に寝付けなくなることもあります。睡眠は、夜にとるほうが断然効果が高いので、日中は短時間にするなどの対策も効果的ですよ。

疲れもたまりやすくなっているので、職場でも休憩時間に少し横にならせてもらう、家事はなるべく手を抜くなど、意識的に休憩するように心がけてくださいね。

妊娠後期

眠気の理由

妊娠後期に入ると、初期に沢山分泌されていた「プロゲステロン」が減ってきて、代わりに「エストロゲン」という女性ホルモンが沢山分泌されるようになってきます。

エストロゲンは、眠気を抑える効果があるのですが、このせいで逆に寝付きが悪くなってしまい、なかなか夜に眠れなくなって睡眠不足に陥る妊婦さんが多いのです。また、大きくなったお腹で生活するのはとても疲れやすく、更に寝返りなどもしづらいので寝つきの悪さに拍車をかけます。眠りづらいのに日中も生活するだけで疲れてしまうので、漠然と眠気がとれずツライ時期となります。

対策

妊娠後期の眠気は、慢性的な睡眠不足が原因な上に、いざ寝たくても眠りづらいので非常に厄介です。まずは夜寝る前にリラックスできるように環境を整えましょう。

体勢サポートのための抱き枕や、落ち着く香りのするアロマミストなどを使用するのもおすすめです。また、寝る前にホットミルクなど温かいものを飲むのも効果的。なお、カモミールティは快眠効果がありますが、子宮を収縮させる効果があるので妊娠中にはむいていません。また、ホット効果のあるアイマスクなどを使用すると、目元の筋肉を緩めてくれるので眠りやすくなりますよ。

妊娠中の眠気は本能!周りの協力も大事です

このように、妊娠中の眠気は本能的なものなのです。極力無理をせず、眠れるときには寝てしまうことがママにも赤ちゃんにもいいことなのですが、なかなかそうもいかないですよね。

特に眠りつわりなどの場合には周囲への相談をして協力してもらうことも重要になってきます。その時には「自分は今このような状態なので、こうしてほしい」と具体的な説明をし、きちんと感謝を伝えることが大切。そして、自分でできるケアはしっかりしながら、質のいい睡眠がとれるように心がけてください。

ただ、「眠らなきゃ!」と頑張りすぎるのもストレスになってしまいますので、「眠れるときにはちょっとでも寝よう」くらいのゆるい気持ちでいることも大事ですよ!

  関連記事

胎動の強さはダウン症と関係がある?ダウン症かどうかを判断する検査ってどんなもの?

胎動が多かったり少なかったり、赤ちゃんにはおなかにいるあいだにもそれぞれ個性があ …

妊娠中でもおやつが食べたい!そのための注意点とは?

つわりが治まったママは、食欲がアップすることが多いです。そのため、1日3食だけで …

赤ちゃんがおなかの外に出てくる準備をはじめる妊娠25週目

赤ちゃんもママもアクティブに動きたくなる時期 妊娠25週は妊娠7ヵ月ヶ月の2週目 …

妊娠中はなぜ塩分の摂取量に注意しなければならないの?摂取量の目安は?

塩分は、いろいろな食品に含まれています。そのため、無意識のうちに摂りすぎてしまい …

妊娠中はかかりやすいので要注意!エコノミークラス症候群として知られている深部静脈血栓症のことを知っておこう

「深部静脈血栓症」という言葉に聞き覚えがなくても、「エコノミークラス症候群」のこ …

機能性野菜と普通の野菜の違いとは?妊娠中に機能性野菜を食べる影響は?

現在栽培されている野菜は、過去に比べると栄養素が激減していることを知っていますか …

むくみが気になる!妊娠中の着圧ソックスはどう使うべき?

足のむくみをスッキリさせてくれる着圧ソックスは、女性の必須アイテムですよね。特に …

卵巣の腫れが妊娠中期に見つかった!出産には影響ある?

妊娠判定で病院を訪れると、ママの身体についてもチェックされます。そのため、妊娠初 …

赤ちゃんの力も強くなりますます胎動が激しくなる妊娠23週

お腹もおおきく赤ちゃんの成長も毎日実感できる時期が23週目です 赤ちゃんの成長が …

学資保険には加入した方がいい?そのメリットとデメリットは?

赤ちゃんが産まれることをきっかけに、保険の見直しをする家庭も多いことでしょう。そ …