ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

気になる赤ちゃんの成長!推定体重ってどうやって測るの?

   

妊娠してだんだんお腹が大きくなってくると、ママは赤ちゃんの成長が気になります。無事に大きく育ってくれてるかな、どのくらい大きくなったかなと期待とともに心配もあるでしょう。

妊娠週数もある程度が過ぎると、産婦人科で超音波検査の時に赤ちゃんの大きさを測ってくれるようになります。その時に、複雑な計算式を用いて赤ちゃんの推定体重を算出する事ができます。

今回は、ママなら気になる推定体重について詳しく見ていきましょう。

推定体重ってどういうもの?

お腹の中にいる赤ちゃんは、実際には体重を測定できません。推定体重とは、ママのお腹にいる赤ちゃんのおおよその体重です。超音波検査機器がまだ普及する以前はママのお腹の大きさ(周囲)、子宮底長(恥骨の上から子宮の1番上までの長さ)を測り赤ちゃんの大体の大きさを測定していました。

今では検診に行けば、超音波検査で赤ちゃんの頭の横幅(BPD)、お腹周り(AC)、大腿骨の長さ(FL)を胎児体重推定式に当てはめると推定体重が分かります。もちろん100%正確な体重ではないので、産まれた時の実際の赤ちゃんの体重とは誤差が出ます。成長度合いを見る1つの目安にしましょう。

いつ頃から測れるの?

妊娠してすぐの頃は、まだ赤ちゃんがとても小さく、推定体重は計測出来ません。では、いつ頃から測れるのか見ていきましょう。

妊娠2ヶ月

胎嚢が確認され、週数が進むと胎芽が見られるようになります。まだとても小さく推定体重は測れません。

妊娠3ヶ月~4ヶ月

この頃になると人の姿に近くなり、可愛らしい赤ちゃんが見られます。赤ちゃんはお腹の中で丸まっているので、頭臀長(とうでんちょう)といって頭からお尻までの長さを測ります。

4ヶ月以降

産婦人科によって多少バラつきはありますが、早い所では妊娠16週頃から児頭大横径(じとうだいおうけい)といって頭の横幅とお腹周り、大腿骨の長さを測定します。そしてそこから推定体重を算出します。

遅くとも24週頃までには、推定体重を測定してくれます。気になる赤ちゃんの成長なので、まだ測定されてないママはいつ頃から測定されるのか産婦人科で聞いてみるといいですね。

測り方ってどうやっているの?

赤ちゃんの成長を知るために必要な推定体重ですが、実は実際の体重とは±10%の誤差が生じます。出産時の赤ちゃんの平均体重が3000gですから、2700g~3300gの範囲という事になります。なぜそのような誤差が出るのでしょうか。

超音波検査の性能

超音波検査はレントゲン検査とは違い、計測に誤差が出たり映像に歪みが出たりします。

測り方によるもの

赤ちゃんはとても小さいので、先生の測り方によっては1ミリ2ミリといったごく小さい誤差が出ます。しかし、その小さな誤差が推定体重に大きく影響してきます。

赤ちゃんの体勢

赤ちゃんはママのお腹の中でよく動き回ります。伸びをしたり縮まったりするので、赤ちゃんの体勢によっては上手く計測できない事もあります。また赤ちゃんの腹部はとても柔らかく、圧迫されてると腹囲の測定は実際よりも短くなります。

実は結構いい加減って本当?

推定体重の測り方ですが、超音波検査を受けた際に先生が画面に線を引いたり囲ったりしているのを見る事があると思います。それは赤ちゃんの大きさを測定しており、そこから推定体重を算出します。

では、詳しい出し方を見ていきましょう。

超音波検査で赤ちゃんの大きさを測る

超音波検査で測定するのは以下の項目です。

  • 児頭大横径(BPD)
  • 頭の横幅
  • 腹部周囲長(AC)
  • お腹周り
  • 大腿骨長(FL)
  • 足の付け根から膝までの長さ

これ以外にもお腹の断面積(FTA)を測定する事もあります。

胎児体重測定式に当てはめる

EFW(g)=1.07×BPD3(cm)+0.30×AC2(cm)×FL(cm)

上記の式に当てはめる事で推定体重が算出されます。産婦人科で超音波検査される時は、あらかじめコンピュータにこの式が組み込まれており、赤ちゃんの大きさを測っただけで推定体重が出てくるようになっています。エコー写真にも推定体重が表示されているでしょう。

推定体重はあくまで目安

やっぱり気になる赤ちゃんの推定体重ですが、あくまでも成長の目安でしかありません。超音波検査で先生に「小さめ」「大きめ」と言われても、落ち込んだり心配する必要もありません。「小さめ」と言われていても実際に産まれてきたら、3000gを超えていたなんてよくある事です。推定体重は実際の体重ではありませんから。

一回の検診で赤ちゃんの正確な体重は測れません。何回かの検診で赤ちゃんが大きくなっているのなら、元気に育っている証拠です。期間限定のマタニティライフを楽しんでくださいね。

  関連記事

妊娠中にほうじ茶がおすすめって本当?飲み方の注意点は?

妊娠中は、通常より多く水分摂取する必要があります。妊娠前の女性に必要な1日の水分 …

多胎妊娠はリスクが高いの?原因や不妊治療との関係について

双子や三つ子などを授かることを多胎妊娠といいます。この妊娠がわかったとき、非常に …

モーツァルトがいいって聞くけど…胎教ってどうしたらいいの?

お腹の中にいるときから、赤ちゃんはママの声や外の音が聞こえているといいます。その …

妊娠中に親知らずが痛いと感じたら、治療はできる?抜歯しても大丈夫?

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変わり、唾液の質が変化します。それが原因で、虫 …

妊娠中は乗り物酔いになりやすい!?何か対策はないの?

妊娠中、特に妊娠初期は、ママの身体にいろいろな症状がおこります。匂いに敏感になる …

妊婦のアトピー性皮膚炎…症状が悪化した時の治療は?赤ちゃんへの遺伝は?

妊娠中にアトピーが悪化!薬を使っても大丈夫? アトピー性皮膚炎を持っていると、「 …

前置胎盤は帝王切開での分娩になってしまう!対処法はないの?

胎盤の位置が原因になって大量の出血を引きおこす前置胎盤の症状などを理解しよう 前 …

お腹の赤ちゃんにみられる、胎児頻脈性不整脈のこと

妊婦健診の時、赤ちゃんの心拍数や心音も確認します。これは、お腹の赤ちゃんが正常に …

2人目以降におきやすい!?血液型不適合妊娠のこと

人間はA型、B型、O型、AB型の4種類に分かれるABO式血液型と、赤血球表面の抗 …

妊婦さんが発症しやすい、耳管開放症の原因と対処法について

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが急激に変化することから、身体の免疫力が下がり、 …