ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中でも赤ちゃんとコミュニケーションをとるのが大事?その方法は?

   

赤ちゃんがおなかの中で動き始めると、自然と手をおなかにあててみたり、今まで写真でしか見たことがなかった赤ちゃんを、別の形で意識することが多くなる人も多いと思います。その頃になると気になるのが「胎教」という人もいるのではないでしょうか?

「教」の字を使っているせいか「勉強」思われがちで、そのため胎教をすると「育てやすい」とか「頭のいい子になった」とかいろいろ聞くことも多いです。

しかし本当のところはどうなのでしょうか?胎教は本当に大切なのでしょうか?

胎児にママの声は届いている?

赤ちゃんの耳は10週には形成されています。しかしまだ機能はしていなく、本格的に機能し始めるのは20~25週、6ヶ月ごろになります。その頃になると耳以外にも目・舌などの感覚器官も発達しています。

今までママの声・周囲の音を赤ちゃんは聞いているとされていました。しかし最近になって赤ちゃんが聞こえているのは

  • ママの声
  • 心臓の音
  • 血液が血管を通る音

この3つしか聞こえないのではないかという説があります。

赤ちゃんは羊水に入っているので、水中にもぐっているようなぐぐもった声しか聞こえませんが、ママの声は届いているのです

コミュニケーションが重要な理由とは?

おなかの赤ちゃんとコミュニケーションを取る手段の一つとして胎教があります。

胎教の目的

  • ママがリラックスして過ごせる
  • ママと赤ちゃんの絆を深める
  • 赤ちゃんの脳を刺激することで、脳の発達を促す

妊娠中おなかを摩りながら赤ちゃんに話しかけていたら、「生まれてからすぐにママの声を聴き分けた」「育てやすい」など、いろいろな話がありますよね。

残念ながら胎教の効果を示す科学的根拠はありません。そして今では赤ちゃんはママの声しか聞こえないので、胎教をしても赤ちゃんに届かないという説も出てきています。

しかし、おなかの中の赤ちゃんの感受性はママのホルモンに左右されるという研究結果は出ています。赤ちゃんとのコミュニケーションをとることでママがゆったりと穏やかな妊娠期を過ごすのは、赤ちゃんにとってとてもいいことです

どんなコミニュケーションをとればいい?

胎教にはどのような方法があるのでしょうか

音楽を聴く

ママが「リラックス」することが大切なので、クラシックに限らずリラックスできて落ち着ける好きな曲を聴きましょう。ママの声は聞こえているので、鼻歌や歌ってあげるのもいいでしょう。

絵本を読み聞かせる

かんたんなお話をゆっくり読んであげることもいいようです。

キックゲームをする

赤ちゃんが大きくなっておなかが狭くなってくると、キックの強さも力強くなってきますよね。おなかのどの部分を蹴ったのかすぐわかるようになります。

赤ちゃんが蹴った部分を軽く押してあげたり、さすってあげたりするのもいいでしょう。そのうち、ママが軽くぽんと触れると赤ちゃんが返事するかのように蹴ってくれたり、同じ回数だけ蹴ってくれるなど、反応が出てくることもあるようです。

このほかに話しかけたり、おなかをやさしく撫でるだけで胎教になりますのであまり深く考えず、楽しんでできるといいですね。

コミュニケーションを取る時の注意点は?

胎教は「勉強」ではありません。そして「義務」でもありません。ママがリラックスして穏やかにできないのであれば意味がなく、かえってストレスは赤ちゃんにとっても悪影響になります。

どれだけモーツァルトがいいといわれていても、それを聞いてママが苦痛に思っているようでは聴かないほうがいいでしょう。好きな音楽がなくても大丈夫です。音楽がなくてもおなかをさわってあげる、赤ちゃんが動いたらなでてあげる。それだけで十分コミュニケーションになります。

「やらなければ」と追い込むことは禁物です。これといった胎教をしなくて元気に活躍しているお子さんは大勢います。

胎教はあくまでママのためのものです。「リラックス」を前提に行っていきましょう。やりたくない時はやらなくてもいいのです。リラックスして赤ちゃんと過ごせるよう、自分の気持ちを優先しましょう。

赤ちゃんだけじゃなくパパとのコミュニケーションも心がけよう

ホルモンバランスが崩れ、気分も荒れやすい妊娠期。ママにくらべてなかなか「赤ちゃんがいる」実感が持ちにくいパパに、意識の違いで衝突してしまうこともあるでしょう。そんな時こそパパとのコミュニケーションは大切です。「意識を持って!」と言われても、体感もないパパには我が子を抱かないと難しいことです。

そこで、一緒にキックゲームなど胎教に参加してはどうでしょうか。実際におなかにふれて蹴り上げる感触や動く感触を何回も体験することで、すくなくとも赤ちゃんがいるという認識はできるはずです

そして、科学的根拠はないですが、パパがおなかに触れることで「ママではない人」を認識するようになり、生まれてきてもパパを受け入れやすくなるという話もあります。妊娠に大敵のストレスを貯めないためにも、パパとのコミュニケーションも大切にしましょう。

  関連記事

妊娠中期にとりたい栄養素とは?おすすめの食材を紹介

妊娠中は、お腹の赤ちゃんによいものを意識して食べようと思うママがたくさんいること …

妊娠うつはマタニティーブルーと違うの?原因と対処法は?

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが急激に変わり情緒不安定になりがちです。そして …

つわりや肩こりなど妊婦さん特有の辛さを解消するために!オススメの妊婦マッサージサロンの選び方とは?

妊娠してから思ったよりも身体が動かなかったり、普段使わないような筋肉を使ったり、 …

切迫早産の際に処方されるマグセントの効果と副作用について

妊娠は夫婦にとって喜ばしい出来事ですが、長い妊娠期間中にトラブルに見舞われるママ …

カロリーが心配?妊婦はラーメンを食べても大丈夫?胎児に影響はある?

ラーメンはとてもおいしい料理です。味のバリエーションもありますし、麺料理でつるつ …

妊婦でも、馬刺しは食べても大丈夫?何かリスクがあるの?

妊娠中は、食べてはいけないものがあることを知っていますか?それは、ママとお腹の赤 …

妊娠中期に感じるストレスの原因と赤ちゃんへの影響とは?対処法はある?

安定期に入る妊娠中期は、つわりもおさまり、ようやく落ち着いた生活に入れると思うマ …

妊娠中にインフルエンザになってしまった時、タミフルは使用しても大丈夫?お腹の赤ちゃんに影響はあるの?

妊娠中は免疫力の低下で病気にかかりやすくなります。妊娠中は薬を飲むと胎児に影響が …

妊娠中はなんで虫歯になりやすいの?治療はできる?虫歯にならないための予防法は?

妊婦さんは虫歯になりやすいという話をよく耳にしますよね。妊娠中はさまざまな体の変 …

no image
胎児の染色体異常は何が原因でおこるの?妊娠は継続できる?

晩婚化が進む現代の日本では、初産が高齢出産になることは珍しくなくなりました。です …