ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

肌荒れが多くなる妊娠中の洗顔方法は?お腹が大きくなってからの注意点とは?

   

妊娠は、夫婦にとって大きな喜びですし、日に日にお腹が大きくなり、胎動を感じるようになると、女性に生まれてよかったと幸せをかみしめるママが多いのではないでしょうか。

ですが、妊娠すると女性の身体は大きく変化するので、いつも通りのスキンケアをしているのに、刺激が強すぎたり、肌荒れしていると感じるママは少なくありません。

そこで今回は、肌荒れが多くなる妊娠中の洗顔方法や、お腹が大きくなってから洗顔をするときの注意点について、お話しします。

妊娠中に肌荒れする原因とは?

まず、妊娠中のママに肌荒れが多くなる原因について、説明しておきましょう。

まず、急激なホルモン分泌の変化です。妊娠前の女性は、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンが、生理周期に合わせて分泌の増減をくり返すことでホルモンのバランスを保っていました。

ですが、妊娠するとそれを維持するために、プロゲステロンの分泌が続くようになります。このプロゲステロンが、肌荒れを誘発するのです。このプロゲステロンの分泌は、出産するまで続きます。

次に、母体の栄養と水分が不足することです。妊娠すると、お腹の赤ちゃんを育てるために、水分が優先的に子宮に集められます。そのため、肌の潤いがなくなってしまうのです。

また、ビタミンなどの栄養素が赤ちゃんに運ばれることで、ママが不足してしまうことも、肌荒れの原因となります。

さらに、妊娠によるストレスです。妊娠中期から後期になると、子宮がかなり重くなり、仰向けで眠れなくなったり、身体を動かすのもしんどいと感じるようになります。そうしたストレスも、肌荒れにつながっていくのです。

最後は、便秘です。妊娠すると必要な水分量が増えること、子宮が腸を圧迫することで便秘になりやすくなります。その結果、肌荒れを引きおこしてしまうのです。

妊娠中の洗顔のポイントとは?

妊娠中に肌荒れする原因をふり返ってみると、身体の変化によって、通常より肌がデリケートになっていることがわかります。

そのため、妊娠前から使っていた洗顔料やスキンケア用品であっても、妊娠中の肌には刺激が強くなっていることが考えられます。そのため、妊娠前と同じ洗顔方法では、肌に負担をかけている可能性が高いのです。

そこで、妊娠中の肌荒れを防ぐためにも、洗顔は丁寧に行いましょう。洗顔の前に必ず手を石けんで洗い、そのうえで洗顔料がふわふわになるまで泡立てます。水で濡らした顔の上に、ふわふわの洗顔料をクルクルと円を描くようになじませます。

その際、まぶたなど皮膚が薄いところも、優しく丁寧に洗うように心がけてください。そして、洗顔時間はできるだけ短くするのがポイントです。洗顔時間は、1~1分30秒程度で済ませることを意識し、しっかり泡を洗い流してください。

入浴中に顔を洗うときに、泡をシャワーで流すひとがいると思いますが、これも控えた方が無難です。お湯が勢いよく出過ぎることで、肌が刺激されてしまいます。十分に、注意しましょう。

妊娠中期以降の洗顔方法でおすすめのものは?

では、お腹が大きくなって、前かがみが辛くなる、妊娠中期以降の洗顔方法のポイントも、合わせてお話ししておきましょう。

妊娠中期以降に、洗面台で洗顔をするときには、決して前かがみにならず、仁王立ちで洗顔することです。そして、泡を洗い流すときだけ、短時間かがむのです。

洗面台で洗顔するのが辛いときには、お風呂での洗顔がおすすめです。脱衣所の足ふきマットの上に膝をつき、お風呂用の椅子に洗面器を乗せて、洗顔するのです。

さらにお腹が大きくなる妊娠後期以降は、洗顔料は使わず、蒸しタオルで顔を拭くのがおすすめです。

肌質が変化しているので注意しよう!

妊娠中は、ママの自覚がなくても、肌質が変化しています。刺激が強すぎると、肌荒れにつながりますので、十分に注意しましょう

洗顔の際のお湯の温度を38~39度に設定したり、洗顔料はきちんと泡立てる、皮膚をゴシゴシこすらない、短時間で洗顔を済ませることを意識するだけで、肌の状態は改善されてくるはずです。

肌が敏感になっていると感じているなら、低刺激のスキンケア用品に切り替えるのもよいでしょう。取り入れやすいことから、実践してみてくださいね。

  関連記事

知っておきたいマタニティヨガとピラティスの違いとは?

自分に向いているのはマタニティヨガ?ピラティス?それぞれの特徴を理解しよう 妊娠 …

妊娠中期以降におこりやすい、妊娠性痒疹の原因と対処法とは?

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変わり、様々な体調の変化がおこります。肌荒れや …

妊娠中期にとりたい栄養素とは?おすすめの食材を紹介

妊娠中は、お腹の赤ちゃんによいものを意識して食べようと思うママがたくさんいること …

妊娠中に感染することもある!口唇ヘルペス(単純ヘルペス1型)のこと

みなさんもヘルペス(単純疱疹)という名称は聞いたことがあると思います。これは単純 …

赤ちゃんの命に関わる!?胎児水腫の原因と対処法について

妊婦健診では、超音波検査が行われ、お腹の赤ちゃんの健康状態を確認します。その際、 …

母親学級って参加すべき?目的や回数について知りたい!

母子手帳の申請のために役所の窓口に行ったり、妊婦健診で産婦人科に通っていると、「 …

マタニティウェディングにおすすめの時期は?注意点はある?

結婚のきっかけが赤ちゃんを授かったことというカップルは、いまや珍しくありません。 …

妊娠中はかかりやすいので要注意!エコノミークラス症候群として知られている深部静脈血栓症のことを知っておこう

「深部静脈血栓症」という言葉に聞き覚えがなくても、「エコノミークラス症候群」のこ …

胎児の心拍数で何がわかるの?正常値の範囲はどのくらい?

胎児の心拍数は、妊娠6週以降から聞こえるようになることが多く、妊娠12週以降の妊 …

妊娠26週は食べすぎに伴う妊娠糖尿病に注意しよう

体重の急激な増加しないように体重管理を心がけよう 妊娠26週は月で数えると妊娠7 …