ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中の「冷え」は天敵!冷え対策をしてぽかぽかマタニティライフを!

   

「冷えは万病の元」と昔から言いますが、あなたの体は冷えていませんか?体が冷えると体調の変化を来すことがあり、その症状は妊婦さんにおいて顕著に現れます。妊娠中に体が冷えると、母体だけでなく胎児にも何らかの変化がおこるとされています。

今回は、妊娠中の冷えの原因とその影響、そしてすぐに始められる対策についてお話ししていきます。体の冷えとしっかり向き合い、素敵なマタニティライフを過ごしていけるようにしましょう。

そもそも冷え性とはどんな状態?

妊婦さんが冷えやすい原因をお話する前に、まず「冷え性」とは何かをご説明しましょう。人間の体には手足や表皮など、末端部分の毛細血管を拡張・収縮させて体の中心温度を一定に保とうとする働きがあります。

通常であれば外気温が低くなったとき、体内の熱を逃さないために毛細血管を収縮させて血流を低下させます。この場合も手足は冷たくなりますが、一過性で体を暖めれば元に戻ることがほとんどです。

一方で女性、特に妊娠中に頻発する冷え性は、何らかの原因により毛細血管の収縮した状態が続き、慢性的に血流が悪くなってしまうことでおこります。

そのため体を温めてもなかなか冷えが改善されず、手足はキンキンに冷えたままになってしまうことが多いです。

妊娠中はなぜ体が冷えやすいの?

妊婦さんが冷えやすい原因をお話する前に、まず「冷え」とは何かをご説明します。

人間の体には手足や表皮など末端部分の毛細血管を拡張・収縮させて、体の中心温度を一定に保とうとする働きがあります。通常であれば外気温が低くなったとき、体内の熱を逃さないために毛細血管を収縮させて血流を低下させます。

この場合も手足は冷たくなりますが、一過性で体を暖めれば元に戻ることがほとんどです。

一方で女性、特に妊娠中に頻発する冷えは、何らかの原因により毛細血管の収縮した状態が続き、慢性的に血流が悪くなってしまうことでおこります。その原因として、次のようなものがあります。

自律神経系の乱れ

毛細血管の収縮には、睡眠不足やストレス、倦怠感などによる自律神経系の乱れが影響します。妊娠中は、つわりや体の急激な変化で睡眠不足になりやすいです。また精神状態も不安定であり、ストレスを抱え込んでしまうことも冷えの原因となるのです。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠すると、女性ホルモンのバランスが大きく変化します。この変化に伴い、血行が悪くなったり、体の冷えを感じることがあります。

血流が悪い

特にお腹が大きくなってきた妊娠後期では、骨盤周囲へ大きな負担がかかり、全身の血流が悪くなる傾向にあります。また下着や靴下、ゆとりのない服などで体を締め付けることも、血流を妨げる原因の一つです。

筋肉の減少

妊娠すると運動量が減り、必然的に筋肉の量も減少してしまいます。筋肉を使うことによる発熱や血行促進の効果が充分に期待できず、一般的な人よりも冷えやすくなってしまうのです。

外気温が低い

妊娠していると体がほてりやすく、夏場のクーラーは必須となります。しかし、このクーラーによって体を冷やし過ぎることも血流を悪くする原因となります。

体の冷えが与える影響

様々な原因によっておこる体の冷えは、妊娠中の母体と胎児へ大きな影響を及ぼす可能性があります。

母体への影響

慢性的な冷えに悩む妊婦さんは、以下のような悩みを抱えることが多いです。

  • つわりがひどい
  • お腹が張りやすい
  • 便秘になる
  • 足のむくみがおこりやすい
  • 足がつりやすい

その他にも、血行不良によって切迫早産や切迫流産の危険性が高まるとも言われています。このような症状が思い当たる場合には、早期に適切な冷え対策をしていきましょう。

胎児への影響

母体の冷えは、胎児にも影響することがあります。低体重児になったり、胎盤の血行不良による常位胎盤早期剥離をおこす可能性もあります。

また赤ちゃんの皮膚の色が青紫~白っぽくなるなど、母体の冷えは赤ちゃんの体の冷えに直結してしまうのです。さらに母体と胎内が冷えると、胎児の様子にも以下のような変化が見られることがあります。

胎動の増加

母体が冷えると胎内の赤ちゃんは激しく体を動かすようになり、胎動が増加する傾向にあると言われています。

冷えると胎内が快適でないこと、子宮が収縮しやすくなるためと考えられます。赤ちゃんなりに胎動で寒さを訴えているのかもしれませんね。

逆子になる

逆子の原因には様々なことがありますが、冷えも大きな要因の一つです。正常な胎位は、骨盤側に赤ちゃんの頭がある姿勢です。しかし骨盤周辺の冷えがあると、赤ちゃんは冷えを避けるためにくるっと回転してしまうことがあります。

しゃっくりを頻繁に感じる

しゃっくりは横隔膜のけいれんですが、昔からこの原因は体の冷えにあると言われています。これは胎内の赤ちゃんにも共通しており、母体や胎内が冷えることでしゃっくりが頻繁におこるようになります。

妊娠中の冷えは出産前後にも影響するの?

妊婦さんの体が冷えていると出産の時、そして産後にまで影響が及びます。

分娩時

体の冷えがあると、痛みに敏感になりやすいです。それにより分娩の際、必要以上に陣痛を強く感じることがあります。また子宮周辺の冷えが影響して、良い陣痛が継続しにくく難産となることもあります。

産後

血流が悪いと、子宮の復古や体調の回復に時間がかかってしまう場合があります。それにより悪露が長引く、体の疲れが取れないなどの症状が現れやすくなります。また血流は母乳の分泌にも大きく関係しているため、十分な母乳量を得られない可能性もあります。

これで安心!妊娠中の冷え対策

妊娠中の冷えは妊娠中だけでなく、産後にまでも関係していることがお分かりいただけたでしょうか。体の冷えを自覚したら、早めに以下のような冷え対策をはじめましょう。

体を暖める服を選ぼう

体を暖める基本は、首、手首、足首「3つの首」を守ることです。冬であれば、タートルネックやレッグウォーマーを着用しましょう。

またクーラーの効いた室内では、カーディガンやストールを使用して体を冷やしすぎないようにしてください。

年間を通して妊娠中は、腹巻や腹帯を着用しておくと子宮の冷えを予防できておススメです。体を暖めるためには、厚い服を一枚だけ着るよりも、薄手の物を何枚か重ね着する方が効率的という報告があるため、実践してみてくださいね。

ぽかぽかする食事を摂ろう

同じ炭水化物でも、パンより米の方が体温を上昇させる効果があります。

その他にも体を温める食材には、イモ、大根、ごぼう、人参などの根菜類があります。根菜類は食物繊維も豊富なため、便秘になりやすい妊娠中は積極的に摂りたいですね。

その一方で生野菜や南国フルーツ、よく冷えた飲み物は体を冷やしやすいので、摂り過ぎないようにしましょう。

適度な運動と心掛けよう

妊娠中からウォーキングやマタニティヨガ、室内の掃除など、お腹に負荷のかからない運動を習慣化しておきましょう。筋肉を使えば体内で発熱され、血行も改善されます。

また運動には気分のリフレッシュ効果もあるため、ストレス解消効果も期待できますよ。なお運動を始める場合には、かかりつけの産婦人科に相談し、無理のない範囲で取り組みましょう。

良い姿勢を意識しよう

妊娠してお腹が大きくなると骨盤に負担がかかり、無意識のうちに姿勢が悪くなります。骨盤周辺の筋肉が凝り固まると、血流が悪化しやすくなりがちです。

お腹を過剰に突き出す姿勢になっていないか確認し、必要に応じてサポーターや骨盤ベルトで補助してください。また日頃から開脚や股わりスクワットなど、骨盤周辺のストレッチもしておきましょう。

お風呂や足湯で温める

熱過ぎないお風呂にゆっくりと浸かると、体の芯から温まりお勧めです。また、バケツなどに少し熱めのお湯を入れるだけでできる足湯も手軽で良いでしょう。

体を冷やさないためにもお湯から上がったら素早く体を拭き、気化熱による冷えを予防してくださいね。入浴後、足のマッサージをしておくと血行促進の効果を高めることもできますよ。

体を温める漢方の活用

漢方には、体の冷えを改善する効果のあるものが多く存在します。妊娠中でも安心して飲める漢方を活用すると、より効率よく体を温められます。自己判断で購入すると体質に合わない可能性もあるため、かかりつけの産婦人科に相談して処方してもらうようにしてください。

冷えを改善して健康的なママと赤ちゃんを目指そう!

体の冷えは妊娠中の母体に不調を来すだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにまで影響が及ぶ可能性があります。

初期であれば自覚しやすく、改善する方法も手軽にできることが多いです。一方で冷えていることに慣れてしまうと、気付きにくくなる傾向にあります。

だからこそ冷えに気付いたら、自分と赤ちゃんのために早い段階で対策をはじめていきましょう。基本的に女性の体は冷えやすい傾向にあるため、産後も冷え対策を継続して健康的なママを目指していきたいですね。

  関連記事

両親学級って参加すべき?母親学級との違いを教えて!

妊婦健診で病院を訪れたり、母子手帳交付のために役所を訪れた時に、「母親学級」の案 …

多胎妊娠でおこる双胎間輸血症候群の原因と治療法について教えて!

多胎妊娠と聞き、驚きよりも喜びを感じるママの方が多いのではないでしょうか。ですが …

妊娠中に手足口病にかかったら、どうなるの?赤ちゃんへの影響は?

手足口病とは、夏に流行する風邪の一種です。保育園や幼稚園などで、乳幼児に集団感染 …

ようやくつわりが治まった妊娠中期にアイスを食べても大丈夫?

つわりの時期は、お腹がすいても思うように食べられないことが多く、ストレスが溜まっ …

妊婦はココアも飲んだらダメなの?カフェインの含有量とは?

妊娠中、健康のためにも気にしておきたいのが摂取するカフェインの量についてです。 …

赤ちゃんの命に関わる!?胎児水腫の原因と対処法について

妊婦健診では、超音波検査が行われ、お腹の赤ちゃんの健康状態を確認します。その際、 …

妊娠中にカレーなどの辛いものを食べても大丈夫?注意点は?

妊娠すると、食事に気を付けるように、病院で指導を受けるママが多いことでしょう。塩 …

早産の原因にもなる歯周病!妊娠中の「歯周病」にご注意を!

妊娠中は歯周病になりやすいということをご存知ですか?妊娠中の歯周病は、妊婦さん特 …

ウテメリンを病院で処方されたけど飲み続けても大丈夫?

妊婦健診は、母子の健康をチェックし、不慮の事態に備えるために行われているものです …

知らないと損をする!妊娠中の冷えがもたらす悪影響とは?

普段は身体の冷えに悩むことがないのに妊娠をしたとたん「冷え」に悩むようになった方 …