ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

羊水検査って何?どんなことがわかるの?羊水検査を受ける際の注意点とは?

   

羊水検査を受ける前にはリスクやその後のことも含めて慎重に考えることが大切

出生前診断とも言われている羊水検査。羊水検査はその出生前診断の中でも、確定診断として用いられている検査になっています。

新型の出生前診断とは違って多少リスクがあることから、妊婦さんの中には不安になってしまう人もいますよね。そんな羊水検査について知っておきたいことをまとめてみました。

羊水検査とはどういうもの?

羊水検査は、出生前診断という出生前に胎児を調べる検査の中の一つです。

超音波検査や母体血清マーカー検査、絨毛検査などの他にママの血液に含まれている赤ちゃんのDNAを解析して、染色体異常の検査をする新型の出生前検査もあります。

羊水検査は、妊婦さんの羊水を採取してその中に含まれている胎児の細胞をチェックして、ダウン症候群や染色体異常を調べる検査になります。

羊水検査を受けられる時期は妊娠15~18週頃で、超音波検査で胎児の位置を確認しながらお腹から長い針を刺して羊水を採取します。

羊水検査の流れとしては、羊水を採取して、そこから赤ちゃんの細胞を培養し約5日後にはFISH法という検査を行います。そして約2週間後にはG-band法による検査を行って検査結果を知ることになります。

羊水検査でわかることって何?

羊水検査をすることで、生まれてくる赤ちゃんの染色体の数や構造の異常、そして開放性神経管奇形の有無がわかるのです。

ダウン症候群や18トリソミー、13トリソミーは染色体の数に異常が見られる疾患です。そして正染色体の数の異常になるとターナー症候群、クラインフェルター症候群があります。

羊水検査で気をつけたいこと

お腹に長い針を刺して羊水を採取するので、子宮収縮や感染をおこしてしまうことで0.3%ほど流産の危険性があります

羊水検査でも検査限界を超える小さな異常や培養した細胞にママの細胞が混ざってしまった場合には検査結果が正しくでない場合があります。

出生前診断は、羊水検査だけ行われるわけではなく他の検査も一緒に受けるものですがこう言ったリスクから羊水検査は受けないという妊婦さんも多いのです。

検査を受ける前には医師からきちんと説明を受けて家族で話し合って決めるようにしましょう。

羊水検査の費用はどれぐらい?

保険対象外のために検査費用は自費になります。大体10~15万円前後と高額なのも気軽に受けられる検査ではない原因とも言えるでしょう。

遺伝子異常の可能性を見つけるといった意味では、ちょっとデリケートな問題も含んでくる羊水検査。

いろんな可能性を考えてよく話し合って検査を受けることと、検査の結果異常が見つかったらどうするかなども含めて慎重に考えることが必要ですね。

  関連記事

妊娠中に盲腸になったら治療できるの?赤ちゃんへの影響は?

盲腸は、病気の中でもポピュラーなもので、周囲にかかったことのある人がいると思いま …

肥満妊婦にはリスクがいっぱい!そうならない努力をしよう

昔は妊娠すると「お腹の赤ちゃんのためにも、たくさん食べなさい」と言われた時代があ …

妊娠中にピザを食べたらダメってホント?この噂を徹底解明!

妊娠中にピザを食べたらダメだという噂、ご存じですか?「知らずにもう食べちゃった! …

妊娠中期に判明することも!18トリソミー(エドワーズ症候群)のこと

晩婚化が進む現代の日本では、高齢出産する女性の数が増え続けています。そのため、妊 …

妊娠中期の胸の痛みは肋間神経痛の可能性も!症状と治療法は?

妊娠中の女性は、胸に痛みを感じることが増えます。胸の痛みの多くは、母乳を分泌する …

妊娠中のブログにはメリットがたくさん!ブログを上手に使って素敵な妊娠ライフを

仕事、社会問題、趣味、育児、妊娠…。ネット上にはさまざまなカテゴリーのブログが存 …

ようやくつわりが治まった妊娠中期にアイスを食べても大丈夫?

つわりの時期は、お腹がすいても思うように食べられないことが多く、ストレスが溜まっ …

今日からスタートできる「妊婦体操」のメリットと方法とは?

マタニティライフは、案外体力勝負。日に日に大きくなるお腹は、運動不足なプレママの …

妊娠中期でブドウ糖負荷試験をすすめられた!検査内容と妊娠糖尿病の可能性について教えて

「妊婦健診の血液検査で血糖値が高く、再検査を進められてしまった!」とショックを受 …

ユニクロがマタニティファッションに進出!気になるポイントとは?

2017年8月、ユニクロがマタニティウェアと新生児向けの衣類の展開を始めたことを …