ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

羊水検査って何?どんなことがわかるの?羊水検査を受ける際の注意点とは?

   

羊水検査を受ける前にはリスクやその後のことも含めて慎重に考えることが大切

出生前診断とも言われている羊水検査。羊水検査はその出生前診断の中でも、確定診断として用いられている検査になっています。

新型の出生前診断とは違って多少リスクがあることから、妊婦さんの中には不安になってしまう人もいますよね。そんな羊水検査について知っておきたいことをまとめてみました。

羊水検査とはどういうもの?

羊水検査は、出生前診断という出生前に胎児を調べる検査の中の一つです。

超音波検査や母体血清マーカー検査、絨毛検査などの他にママの血液に含まれている赤ちゃんのDNAを解析して、染色体異常の検査をする新型の出生前検査もあります。

羊水検査は、妊婦さんの羊水を採取してその中に含まれている胎児の細胞をチェックして、ダウン症候群や染色体異常を調べる検査になります。

羊水検査を受けられる時期は妊娠15~18週頃で、超音波検査で胎児の位置を確認しながらお腹から長い針を刺して羊水を採取します。

羊水検査の流れとしては、羊水を採取して、そこから赤ちゃんの細胞を培養し約5日後にはFISH法という検査を行います。そして約2週間後にはG-band法による検査を行って検査結果を知ることになります。

羊水検査でわかることって何?

羊水検査をすることで、生まれてくる赤ちゃんの染色体の数や構造の異常、そして開放性神経管奇形の有無がわかるのです。

ダウン症候群や18トリソミー、13トリソミーは染色体の数に異常が見られる疾患です。そして正染色体の数の異常になるとターナー症候群、クラインフェルター症候群があります。

羊水検査で気をつけたいこと

お腹に長い針を刺して羊水を採取するので、子宮収縮や感染をおこしてしまうことで0.3%ほど流産の危険性があります

羊水検査でも検査限界を超える小さな異常や培養した細胞にママの細胞が混ざってしまった場合には検査結果が正しくでない場合があります。

出生前診断は、羊水検査だけ行われるわけではなく他の検査も一緒に受けるものですがこう言ったリスクから羊水検査は受けないという妊婦さんも多いのです。

検査を受ける前には医師からきちんと説明を受けて家族で話し合って決めるようにしましょう。

羊水検査の費用はどれぐらい?

保険対象外のために検査費用は自費になります。大体10~15万円前後と高額なのも気軽に受けられる検査ではない原因とも言えるでしょう。

遺伝子異常の可能性を見つけるといった意味では、ちょっとデリケートな問題も含んでくる羊水検査。

いろんな可能性を考えてよく話し合って検査を受けることと、検査の結果異常が見つかったらどうするかなども含めて慎重に考えることが必要ですね。

  関連記事

リスクが低い母体血清マーカーテストは受けるべき?検査方法やその費用、精度の高さは?

母体血清マーカーテストは、リスクが少なく自主的に受けられる診断の一つです。今は新 …

妊娠中に焼肉やホルモンは食べても大丈夫?気をつけることは?

妊娠中は、それまでに比べると、食べるものに制限がかかることが多いです。そして、妊 …

妊娠中におこる脳貧血は普通の貧血と違う!その原因と対処法は

皆さんは脳貧血という症状をご存知でしょうか。妊娠中におこる貧血、実はこれ脳貧血な …

赤ちゃんの命に関わる!?胎児水腫の原因と対処法について

妊婦健診では、超音波検査が行われ、お腹の赤ちゃんの健康状態を確認します。その際、 …

妊娠中に気を付けておきたい細菌性腟炎とは?対策と予防法

妊娠中に気をつけなければならない病気はたくさんあります。その中の一つが細菌性腟炎 …

つわりや肩こりなど妊婦さん特有の辛さを解消するために!オススメの妊婦マッサージサロンの選び方とは?

妊娠してから思ったよりも身体が動かなかったり、普段使わないような筋肉を使ったり、 …

マタニティビクスで楽しく体を動かして、体も心も元気な妊婦さんに!

妊娠をすると、ママの身体は妊娠週数に応じてどんどん変化をしてきます。つわりで苦し …

片方しか胎動がない、下腹部やあばら付近の胎動は逆子?という疑問を解決!

胎動というのは、お腹の中の赤ちゃんが元気に成長しているかを知るためのひとつの目安 …

妊娠中期に注意しなければならない先天性風疹症候群とは?

先天性風疹症候群では胎児に様々な障害がおきてしまうこともあります! 妊娠している …

妊婦健診で計る子宮底長のこと。測り方や平均的な長さを知っておこう

妊婦健診では、エコー検査や血液検査を行いますが、その際に様々な数値の測定を行って …