ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中期は貧血になりやすい!原因や対策、胎児への影響について

   

女性は貧血になりやすいのですが妊娠中は特に注意が必要です!対策をご紹介します

妊娠中は体の中で様々な変化がおきています。そこで発生しやすくなるのが貧血です。

ひどい貧血に悩まされてしまうと日常生活を送るのも困難になってしまうわけですが、対策などについてご紹介しましょう。

妊娠中期に貧血になりやすい原因

なぜ妊娠をすると貧血になりやすくなるのかというと、大きな理由は鉄不足です。妊娠中は赤ちゃんに十分な栄養を届けなければなりません。

そのためには多くの血液が必要になるのですが、食事から十分な量の鉄分を摂取できないと鉄不足になってしまい、貧血を招きます。特につわりがひどくて思うように物が食べられないと食事から摂取できる鉄分量も少なくなってしまうので、貧血になりやすくなってしまうのです。

また、出産時の出血に備えてママの体の中では常にたくさんの血液が作られている状態になります。しかし、ここで作られる血液は通常の血液に比べて薄い状態となっているので、血液としての役目を十分に果たしてくれないこともあるのです。

これが貧血を招いてしまうこともあるため、妊娠中はしっかり対策を取っておきましょう。

妊娠中期の貧血の症状・サイン

貧血の代表的な症状といえば、目まいがしたり、だるさを感じるということです。それほど激しく動いたわけでもないのに妙に疲れる、部屋は暖かいはずなのに寒気がするといった場合にも貧血の症状であることが疑われるため、注意しなければなりません。

妊娠初期の段階で貧血の症状を感じると慌てて対策を取る方が多いのですが、中期や後期になると妊娠中の体のだるさに慣れてしまい、放置してしまう方も増えるようです。

また、妊娠中は体がだるいものと考えてしまうと貧血に気づけなくなってしまうこともあるようなので、気になる症状があれば医師に相談した方が良いでしょう。

妊娠中期の貧血の胎児への影響

貧血になってしまうと胎児への影響も心配ですよね。妊娠初期は赤ちゃんの体を形成する大切な時期でもあるため、貧血には特に注意しなければならないのですが、妊娠中期以降となると貧血が原因で未熟児や奇形児が発生する可能性は低くなります。

しかし、あまりにもひどい貧血を放置してしまうと赤ちゃんの低体重に繋がってしまう可能性もあるため、早めに対策を取っておきましょう。

赤ちゃんへの直接的な影響というよりも、間接的な影響についても心配しておかなければなりません。

例えば、妊娠中期になるとお腹も大きくなってきますが、その状態で貧血が原因で目まいをおこし、倒れてしまったりしたら大変です。他にも貧血のせいで体がだるく、休んでも休んだ気がしないような状態になってしまうとストレスにも繋がってしまいます。

それだけでなく、出産時のリスクも上がってしまうのです。貧血気味の方は血圧が下がりやすいという特徴を持っているので、貧血がひどい場合には輸血を行わなければならないこともあります。

そのような大掛かりな回復処置が必要になってしまうと産後の体調不良も長引いてしまうので、妊娠中に貧血対策を取っておきましょう。

妊娠中の貧血はママだけでなくお腹の中の赤ちゃんにも影響が出ます。そのため、パパは栄養バランスや食生活について勉強をしたり、毎日の献立を一緒に考えるなどママと赤ちゃんのために気を配ってあげるようにしましょう。

【プレパパ必見!】パパにしかできないんです!妊娠中のママがしてほしいサポートって?

妊娠中期の貧血の診断、治療方法

病院で検査を受ければ簡単に貧血かどうか確認してもらえます。医師から貧血であると指摘された場合にはすぐに対策を取りましょう。

病院で行われる治療としては鉄分が摂取できる錠剤を処方されるのが一般的です。また、症状によっては点滴で鉄分を補うこともあるため、医師と相談しながらどのような形で治療を行っていくのか考えていきましょう。

錠剤や点滴に頼りたくないと思っているのであれば食生活を見直していくことが重要になります。ですが、妊娠中期なるとママが取り入れた栄養は赤ちゃんに優先的に運ばれるため、あまりにも鉄分の摂取に偏った食生活を送るわけにもいかないのです。

そのため、調剤や点滴の活用についても前向きに検討してみましょう。

妊娠中期の貧血の予防方法

貧血になってしまったら錠剤や点滴を取り入れていくことも考えなければならないとご紹介しましたが、予防という意味で大切になってくるのは食生活の見直しです。

なにか一つの食材を集中して取るのではなく、様々な食材をバランスよく取り入れましょう。

鉄分が豊富に含まれる食材としてレバーがあげられますが、レバーをたくさん食べ過ぎてしまうとビタミンA過剰症の可能性も出てくるため、鉄分を多く含む食材として小松菜や切干大根、ほうれん草、納豆などを積極的に取り入れていくと良いですね。

貧血のような症状が出てしまった場合には医師に相談して対策を取りながら自分の食生活を見直すことが大切になります。

  関連記事

妊娠中にカレーなどの辛いものを食べても大丈夫?注意点は?

妊娠すると、食事に気を付けるように、病院で指導を受けるママが多いことでしょう。塩 …

大好きな明太子やたらこを食べたい!でも妊娠中に食べても大丈夫なの?

妊娠中に、生ものを食べるのはよくないといわれています。生肉や生野菜だけでなく、実 …

モーツァルトがいいって聞くけど…胎教ってどうしたらいいの?

お腹の中にいるときから、赤ちゃんはママの声や外の音が聞こえているといいます。その …

お産をスムーズにしてくれる安産体操ってなに?その方法や効果はどんなもの?

妊娠したときに、おそらく誰もが持つ不安が、「出産」ではないでしょうか?難産になっ …

妊娠中はなんで虫歯になりやすいの?治療はできる?虫歯にならないための予防法は?

妊婦さんは虫歯になりやすいという話をよく耳にしますよね。妊娠中はさまざまな体の変 …

1000人に1人の割合で発症する胎児水頭症ってどんな病気なの?

妊婦健診では、エコー検査を行います。これにより、お腹の赤ちゃんの病気が見つかるこ …

2人目以降におきやすい!?血液型不適合妊娠のこと

人間はA型、B型、O型、AB型の4種類に分かれるABO式血液型と、赤血球表面の抗 …

妊娠中に外食しても大丈夫?妊娠中期に外食する時の注意点はあるの?

妊娠初期はつわりのせいでなかなか食欲がなかったママも、妊娠中期に入り安定期になる …

妊娠中に青汁は飲んでもいいの?選び方に注意点はある?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのためにも、必要な栄養素を毎日しっかり摂ることが大切です …

妊娠中に上の子はいつまで抱っこして大丈夫?

最初の妊娠の時は、お腹の赤ちゃんに意識を集中することができますが、二人目以降はそ …