ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中期は腰痛に悩まされる方も…整体やマッサージは大丈夫?

   

妊娠中の腰痛対策についてご紹介します!整体やマッサージの注意点とは?

lgf01b2013062305001

妊娠中期になると腰痛に悩む方が増えます。立っているのが辛いからといって横になっても状態が変わらず、ストレスを溜め込んでしまう方も多いようです。

また、腰痛がひどくなり過ぎると寝ている間も目を覚ましてしまうことがあり、睡眠不足から体のだるさやストレスを感じる方もいます。

腰痛が悪化してから対策を取るのは大変なことなので、できるだけ早い段階で改善できるように努めましょう。そこで、適切な対応を取るためにも知っておきたい妊娠中期の腰痛の原因や対処法についてご紹介します。

妊娠中期の腰痛の原因

妊娠中期に腰痛がおこりやすい原因はいくつかあります。まず、お腹が大きくなることにより姿勢が変わるということ

それまでは背中をピンと張った姿勢で過ごしていた方もお腹が大きくなるとそれが難しくなってしまいます。そうすると前のめりの姿勢になってしまうことが続き、背骨や腰骨に負担をかける形になるのです。

リラックスしている時に自分の姿勢をチェックしてみましょう。前のめりの姿勢になっているようであればそれを改善するだけでも腰痛対策に繋がります。定期的にストレッチを実践するのもおすすめです。

次に、妊娠したことにより特殊なホルモンが分泌されることが原因で腰痛が現れてしまう方もいます。そのホルモンとは「リラキシン」というものなのですが、関節や靭帯を緩めるという働きを持っており、このホルモンが分泌されるからこそ胎児は狭い産道を通れるのです。

しかし、関節や靭帯を緩める働きを持つということは骨盤やお尻の筋肉なども緩んでしまうということ。これを支えるために腰痛がおきてしまうことがあります。

他に、妊娠に対して様々な不安を感じているとそれが原因で腰痛がおきてしまうことがあります。そのため、初産の方は腰痛がおきやすいといえるでしょう。

妊娠中期の腰痛の対処法

腰痛がおきてしまったら痛みのある幹部を温めるのが効果的です。お風呂に入るのも良いのですが、手軽にできる方法として腰に蒸しタオルを当てるのも良いでしょう。

また、できるだけ姿勢に注意することが重要です。朝おきると腰が痛いと感じているのであれば、ベッドや布団が体に合っていない可能性もあるので、見直してみると良いですね。

注意しなければならないこととして、自己判断で消炎鎮痛剤を使うのはおすすめできません。妊娠中はママの飲んだ薬が胎児に悪影響をもたらしてしまうこともあるため、気をつけましょう。

また、湿布薬であればいいのではないかと安易に使ってしまう方もいるようですが、湿布薬の中にも妊婦は使えないものがあるため、こちらも気をつける必要があります。

ドラッグストアで湿布薬や消炎鎮痛剤を購入しようと思っているのであれば、自己判断で選ぶのではなく、薬剤師に相談しながら決めると良いですね。

おすすめの高反発マットレス3選!腰痛を解消したい妊婦さんが選ぶものは? | ハグー!
妊娠週数が進むにつれて、腰痛がおこり、ひどくなっていくことに悩んでいるママも多いのではないでしょうか。 妊婦さんに腰痛がおこる理由は様々ですが、きちんと対処しないと、日常生活に支障をきたしかねません。また、腰痛を和らげるためには、寝具の選び方も大切です。 そこで今回は、妊婦さんにおすすめの高反発マットレスについて、お話しします。寝具の選び方によって、睡眠の質も大きく変わりますので、ぜひ参考にしてくださいね。 妊婦さんに腰痛がおこるのはなぜ? まず、妊婦さんに腰痛がおこる理由からお話ししましょう。妊婦さんに腰痛がおこる理由は、大きく4つに大別できます。 姿勢や重心が変化する まず、お腹が大きくなることで姿勢や重心が変わることでおこるものです。お腹が大きくなると、骨盤や腰椎が前方に傾いてしまうため、背中の筋肉が後方になるように支えようとするので、常に背中がはり、腰痛がおこるものです。 骨盤や靭帯を緩めるホルモンが分泌される 次に、妊娠することで骨盤や靭帯を緩めるホルモンが分泌されることで、お尻の筋肉が身体を支えようとしておこるものです。 目の疲れや頭の緊張 そして、パソコンやスマートフォン、テレビなどを見ることが多いことで目の疲れや頭の緊張がおこり、腰痛を引きおこすものです。 心理的な不安 最後は、心理的な不安からおこる腰痛です。不安が身体をこわばらせることで、腰や肩を収縮させておこります。 高反発マットレスが選ばれる理由とは? そもそも高反発マットレスとは、寝返りを楽にするために、反発力を高めた寝具のことをいいます。薄いあるいは硬い敷布団に寝ていると、腰やお尻などに圧力がかかってしまうのですが、高反発マットレスはこの圧力を身体全体に分散してくれます。 そのため、腰に負担がかかりにくいのです。それにより、寝返りが打ちやすく、腰に負担がかかることがありません。また、睡眠中に腰が沈んでしまうこともないので、身体の歪みからくる腰痛もおこりにくくなります。 人間は睡眠中に寝返りをうちますが、お腹が大きくなるとそれがしにくくなり、身体の一部に圧力がかかるなどして、しっかり休めなくなってしまいます。腰痛防止だけでなく、睡眠の質をあげる意味でも、妊婦さんが高反発マットレスを選ぶことが多いのです。 人気の高反発マットレス3選

妊娠中の腰痛に整体やマッサージは大丈夫か?

まず整体についてですが、安定期に入る前に整体に通うのはおすすめできません。また、安定期に入ってからも必ずしも安全とは言えないので、整体に通っても大丈夫かどうかというのは医師に確認を取ってから決めた方が良いでしょう。

整体院を選ぶ際にはマタニティ整体というものを取り入れているところを選ぶのがおすすめです。マタニティ整体ではお腹に負担がかからないような姿勢で施術を行ってくれるため、安心して通えるでしょう。

マッサージについて

こちらは特に問題ありません。ただ、マッサージ専門店の中には妊婦はお断りとしている所もあるため、専門店でマッサージを受けたいと思っている方はよく確認した上でお店選びをしなければなりません。

自宅でマッサージをしようと思っている方は旦那さんにマッサージの方法を覚えてもらうのも良いですね。マッサージを実践することによりストレス解消効果も期待できます。

  関連記事

妊婦健診で告げられることもある!無脳症について知っておこう

現在の妊婦健診では、エコー検査が行われることが一般的です。そのため、妊娠11週か …

今すぐやってみたい!妊娠中期のママにオススメのマタニティヨガのポーズとは?

今すぐできて効果抜群のマタニティヨガのポーズをご紹介 妊婦さんの体の不調はもちろ …

妊娠中に食中毒なりやすい微生物・食べ物とは?予防法も実践!

妊娠中はホルモンバランスが乱れる影響などもあり、体は非常にデリケートな状態になっ …

妊娠中期になっても続く吐き気。原因と対処法が知りたい!

妊娠中の吐き気というと、妊娠初期のつわりをイメージするママが多いのではないでしょ …

2人目妊娠がわかったら1人目のケア方法を確認しよう!

2人目の妊娠がわかると浮き足立って、新しい命のことばかり考えてしまいがちです。し …

リスクが低い母体血清マーカーテストは受けるべき?検査方法やその費用、精度の高さは?

母体血清マーカーテストは、リスクが少なく自主的に受けられる診断の一つです。今は新 …

不安になるプレママ多し!胎児のしゃっくりに関する疑問を解決させよう

お腹の中の赤ちゃんはなぜしゃっくりをするのでしょう? 妊娠中、お腹の中から感じら …

妊娠中期に多い鉄欠乏性貧血。鉄分の錠剤と注射、サプリの効果はある?

妊娠中期に入ると、お腹の赤ちゃんがますます大きくなり、その栄養と酸素を補うために …

肥満妊婦にはリスクがいっぱい!そうならない努力をしよう

昔は妊娠すると「お腹の赤ちゃんのためにも、たくさん食べなさい」と言われた時代があ …

胎動カウントは赤ちゃんの状態を知る方法!正しいやり方をマスターしよう

安定期に入ると、胎動を感じることが増えてきます。そしてこの胎動は、お腹の赤ちゃん …