ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

正しく着ければメリット沢山!「腹帯」の使い方、知ってる?

   

妊娠五か月になると、「戌の日」に安産祈願に行くという人も多いのではないでしょうか。そして、この時に神社でいただいたり、マタニティグッズとして購入したりして「腹帯」を付ける…というのは、なんとなく知っていますよね。

お腹に帯を巻くのは、赤ちゃんを守るようで、またちょっと目立ってきた証のようで、誇らしい気持ちになりますが、正しく着けていないと赤ちゃんやママを苦しめることも。一方で、きちんと使えばとても便利なものなんです♪

「腹帯」はどうして着けるの?

実は、必ず着けなくてはいけない、というものではありません。病院で推奨されている人以外は、特につけなかったからといって問題があるわけではないんです。

ただし、腹帯をすることによって大きくなってきたお腹を支えてくれるので姿勢や腰痛の悪化を防ぐ、お腹を冷えや衝撃から守ってくれる、赤ちゃんの位置を安定させてくれる…などのメリットがあります。

また、「おなかが守られている」という感覚だけでも、気持ちがほっと和らぐこともあります。特に妊娠後期には、お腹が支えられているという安心感が精神的にも支えになってくれるんです。

腹帯は「巻く位置と強さ」に要注意!

このようにメリットが沢山ある腹帯ですが、「おなかを締める」というものではありません!おなか全体をぎゅっと締め付けてしまうと、血流が悪くなり赤ちゃんが苦しくなってしまったり、気分が悪くなってしまうことも。

大切なのは、お腹の下の方、特に骨盤のほうを締めること。それでも強く締め付けるのではなく、あくまでサポートレベルで巻くようにしてください。間違ってもコルセットのように締め付けないよう、ご注意を!

さらし、ガードル、ベルト…どんな腹帯を選べばいいの?

種類豊富な腹帯。神社などでいただくものはたいていさらしタイプですが、他にもガードルや幅広帯など、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

それぞれの特徴から、自分にあったものや目的別に選んでみましょう。

さらしタイプ

出典:rakuten

 
一本の布状なので、どんなサイズのお腹にも自分で強さを調節しながら巻くことができます。そのため、妊娠後期まで長く使えます。また、綿100%なので夏場など汗をかく季節にも使いやすいです。ただし、ずれやすかったり一度外したら長いさらしを巻き直す手間がかかる、などのデメリットも。

ガードルタイプ

出典:rakuten

 
ショーツと一体になっているガードルタイプは、お腹まわりをすっきりと見せてくれる上にサポート力があるのがよいのが特徴。動いてもずれにくく、パンツスタイルなどには特におすすめ。ただしお腹のサイズや体型の変化があった場合には別のサイズのものを購入する必要があります。

腹巻タイプ

出典:rakuten

 
筒状になっている腹巻タイプは、締め付けることなくお腹全体をカバーしてくれるので安心感があります。また、かさばらず着け心地がよいのでリラックスタイムにも向いています。サポート力は弱いので、妊娠後期はベルトタイプと併用した方がいいかもしれません。

ベルトタイプ

出典:rakuten

 
お腹の曲線に合わせて丸みがついた幅広のベルトタイプは、マジックテープで締める位置を調節できるので、自分にあった強さでお腹を支えられます。着脱も簡単ですが、お腹の下部分のみに使用することが多いので、冷え防止にはあまり効果がないでしょう。

腹帯は一日中着けていいの?

お腹のサポートになるので、一日着けていることは問題ありませんが、同じ腹帯を一日中着けることは避けましょう。衛生的にもよくありませんし、昼間の活動的な時間と、夜寝るときなどでは目的が変わってくるからです。

仕事をしていたり、お出かけなど動く機会が多い昼間は、ガードルタイプがおすすめです。妊娠後期でお腹が大きくなってきたときには、補助として下腹部にベルトタイプをプラスするのもおすすめ。家で過ごすくらいであれば、ベルトタイプのみか、腹巻+ベルトで十分でしょう。

就寝時などは、体も横になっているので、サポート力はあまり必要ありません。さらしタイプを少し緩めに巻いたり、腹巻タイプでお腹を守ってあげましょう。ただし、どの時間帯でも「なんか苦しい」と感じたり、気分が悪くなるようならすぐに外してくださいね。

正しく着ければ、お腹のサポートだけでなく安心感まで与えてくれる腹帯はとても便利。本来着けていて心地よさを感じるものなので、もし買ったもので違和感を覚えたら、勿体ないと思わずにサイズなどを見直して購入し直す勇気も必要です。腹帯ならではのメリットを十分に生かして、お腹をサポートしてあげましょう♪

  関連記事

妊娠中期におこる出血の原因と対処法とは?

妊娠中に不正出血があることは、それほど珍しいことではありません。安定期に入った妊 …

no image
胎児の染色体異常は何が原因でおこるの?妊娠は継続できる?

晩婚化が進む現代の日本では、初産が高齢出産になることは珍しくなくなりました。です …

マタニティウェディングにおすすめの時期は?注意点はある?

結婚のきっかけが赤ちゃんを授かったことというカップルは、いまや珍しくありません。 …

お腹がどんどん膨らんでくる!妊娠中期とは?

遂に妊婦らしい体型に…妊娠中期について 妊娠中期とは、妊娠16週から27週までの …

妊娠中に飲んでも大丈夫な便秘薬はある?市販薬はOK?

妊娠中に、便秘に悩むママは、予想以上に多いものです。妊娠前から便秘症だった女性の …

免疫力アップのにんにくは妊婦が食べても大丈夫?効果や成分とは?

にんにくは非常に栄養価が高く、免疫力を上げる働きがあります。そのため、健康のため …

機能性野菜と普通の野菜の違いとは?妊娠中に機能性野菜を食べる影響は?

現在栽培されている野菜は、過去に比べると栄養素が激減していることを知っていますか …

妊娠中にカレーなどの辛いものを食べても大丈夫?注意点は?

妊娠すると、食事に気を付けるように、病院で指導を受けるママが多いことでしょう。塩 …

妊娠中は焼き肉を食べちゃいけないって本当?何か注意点はある?

つわりが終わった妊婦さんの中に、はまり食いをする人が案外いるようです。妊娠初期に …

3Dエコーで赤ちゃんの表情まで分かる!でも費用は高いの?

妊娠が発覚した当初は、まだまだ姿かたちが鮮明に見えずそわそわしてしまう妊婦さんも …