ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中期から後期に感じる強いかゆみの原因は?妊娠性皮膚掻痒症のこと

   

9008-3

妊娠中はホルモンのバランスが変わり、日焼けしやすくなるなど、いろいろな肌トラブルがおきるものです。その中でも妊娠中期から妊娠後期にかけて、全身に強いかゆみを感じるという辛い症状があります。

皮膚の表面に湿疹は見られないのに、全身がムズムズしたり、チクチク刺されるように感じたり、ひたすらかゆい時には、「妊娠性皮膚掻痒症」の可能性が高いです。そこで今回は妊娠性皮膚掻痒症とは何か、原因と対処法について、ご紹介します。

妊娠性皮膚掻痒症の時に出る症状

通常、皮膚がかゆくなる時には、湿疹や腫れなどが現れるものです。妊娠中で、湿疹や腫れなどが見られないのに強いかゆみがあるなら、妊娠性皮膚掻痒症の可能性が高いです。全妊婦さんの約3%が、妊娠性皮膚掻痒症になるといわれています。

かゆみが出る部位には個人差があり、手足がかゆくなるママもいれば、お腹や背中、頭部、肛門などがかゆくなる人もいます。妊娠すると男性ホルモンが減少することで、肌が乾燥しやすくなるのですが、そのせいでかゆい部分が粉をふくことがあります。

チクチクと痛痒くなったり、入浴後にかゆみが強くなることもあり、ひどくなると何も手につかなくなるほどになることもあります。間違われやすい病気に「妊娠性痒疹」や「PUPPP」がありますが、その場合は広範囲に赤い湿疹が出ます。

妊娠性皮膚掻痒症の原因とは?

妊娠性皮膚掻痒症の原因は、ホルモンバランスの変化です。妊娠するとそれを維持するために女性ホルモンの分泌が増えますが、反面、男性ホルモンの量は低下し、肌が乾燥しやすくなります。そのため、ちょっとした刺激がきっかけで、肌にかゆみを感じるようになるのです。

また、子宮が大きくなるにつれて内臓が圧迫されるようになり、肝機能が低下することで、胆汁の分泌が悪くなることも、かゆみの要因だと考えられています。また、以下の病気の兆候として、かゆみが現れることがあります。その場合は、早めに病院で診察を受け、適切な処置を受けることが大切です。

  • 慢性腎不全
  • 肝疾患
  • 糖尿病
  • 悪性リンパ腫
  • 精神神経疾患

遺伝的要因が関係してかゆみがおこることもあるので、妊婦健診の時に相談してみるとよいでしょう。

妊娠性皮膚掻痒症への治療法や対処法とは?

妊娠性皮膚掻痒症のかゆみを我慢せずにかきむしってしまうと、跡が残ってしまう可能性が高いです。それを避けるためにも、まずは皮膚科を受診して、症状に応じた薬を処方してもらいましょう。

妊娠性皮膚掻痒症に処方される薬には、軟膏や内服薬のステロイド剤のほか、保湿剤、抗ヒスタミン剤などがあります。妊娠中であることを伝えれば、お腹の赤ちゃんに影響のない薬を処方してもらえるので、早めに病院で診察を受けましょう。

また、乾燥しやすい冬場なら、部屋の湿度を高めに保つように加湿する、入浴後の保湿ケアを徹底することも乾燥対策になります。保湿の際には油分の前に水分をたっぷり補給することを意識し、妊婦さん向けの低刺激な商品を選んで使いましょう。

かゆみを和らげることは何でも取り入れよう!

かゆみを我慢するのは、とても辛いことです。妊娠性皮膚掻痒症を悪化させないためにも、適切な治療を受け、保湿ケアを徹底するととともに、かゆみを和らげるためにできることは、何でも試してみましょう。

例えば、肌に直接触れる下着の素材にこだわり、綿や絹などでできたものを使う、ゴワゴワした肌触りのタオルは使わないなど、肌への負担を軽減するのもおすすめです。

同様に、これまで使っていたボディタオルや洗顔スポンジでも、肌に刺激を与えている可能性があるので使うのを止めて、洗う時は自分の手を使うのも効果的です。合わせて、かゆいからといって、保冷剤や氷水で急激に冷やすのは厳禁です。

その瞬間はかゆみがおさまっても、時間の経過とともに反動でよりかゆみを感じてしまいます。日常生活の中でも、肌への刺激を減らして、妊娠性皮膚掻痒症に対処しましょう。

  関連記事

2人目以降におきやすい!?血液型不適合妊娠のこと

人間はA型、B型、O型、AB型の4種類に分かれるABO式血液型と、赤血球表面の抗 …

妊娠中でもステロイド外用薬は使える?使用する際の注意点まとめ

アトピー治療の際などにはステロイド外用薬が使われることがありますが、ステロイド= …

卵巣の腫れが妊娠中期に見つかった!出産には影響ある?

妊娠判定で病院を訪れると、ママの身体についてもチェックされます。そのため、妊娠初 …

羊水過少症といわれたら注意が必要!その原因と対策とは?

お腹の赤ちゃんは出産の日まで、子宮内に満たされた羊水の中で成長します。この羊水が …

安定期は妊娠何週目から?旅行や運動、セックスしても大丈夫なの?

安定期はマタ旅にライブにショッピング!?…ハリキリすぎるのは危険かも 産後の育児 …

妊娠糖尿病とは?赤ちゃんに与える影響や治療法も確認

血糖値が高くなると危険!妊娠糖尿病について知りましょう 普段から生活習慣病の予防 …

増えすぎると難産になってしまうことも!妊娠中の体重管理、どうすればいい?

妊娠中は太り過ぎちゃいけないって本当?体重管理の方法が知りたい お腹に赤ちゃんが …

妊娠中期におこる出血の原因と対処法とは?

妊娠中に不正出血があることは、それほど珍しいことではありません。安定期に入った妊 …

母親学級って参加すべき?目的や回数について知りたい!

母子手帳の申請のために役所の窓口に行ったり、妊婦健診で産婦人科に通っていると、「 …

妊娠中期に判明することも!18トリソミー(エドワーズ症候群)のこと

晩婚化が進む現代の日本では、高齢出産する女性の数が増え続けています。そのため、妊 …