ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

6割がチャイルドシートを誤使用している事実!その危険性とは?

   

チャイルドシートといえば思わぬ事故から赤ちゃんや子供を守ってくれるとても心強いアイテムです。事故がおきた際にチャイルドシートがあったからこそ軽いケガで済んだり、命が助かったというケースもたくさんあります。

しかし、実はチャイルドシートを使用している方のうち、6割もの方が間違った方法で使用しているということはあまり知られていません。もしも誤使用をした場合、チャイルドシートの役割が十分に果たされませんよね。

そのような使い方では子供をしっかり守れないため、誤使用に関して正しい知識を身につけましょう

チャイルドシートの誤使用とは

日本自動車連盟(JAF)などの調べにより、6割もの方が間違った方法でチャイルドシートを使っているというデータが発表されました。では、間違った方法でチャイルドシート使用した場合に、どのような危険性があるのでしょうか。

何といっても最大のデメリットといえるのが、万が一の事故がおきた際に致死率が跳ね上がるということ。悲しい死亡事故がおきた場合も、正しい方法で使用していれば助かった可能性があるということです。

6割ということは、半分以上の方が間違った方法でチャイルドシートを使っているということになりますよね。「自分の場合は正しく使えているはず」という方も「もしかしたら…」とという方も、もう一度正しく使っているか確認してみましょう

チャイルドシート自体に問題がある場合も…

チャイルドシートは安全審査に合格している商品を使いましょう。一般的に販売されているものならば審査には合格しているのでは?と思うかもしれませんが、国の安全審査をクリアしていないチャイルドシートが多数販売されているのです。

チャイルドシートを購入する際には国交省が安全性を認めた証である「Eマーク」または「自マーク」がついているか確認してみましょう。

インターネットで「安全協会認定済み」の商品として販売されているものの中には、中国の交通安全協会で認定を受けたものが、そのような形で販売されていることもあるため注意が必要です

見分けるための大きなポイントともいえるのが非常に価格が安いということ。通常、認証品の場合は1万円以上で販売されています。これに対し、日本の国交省が安全性を認めていない商品は2千円程度で購入が可能なのです。

新品なのにあまりにも安いチャイルドシートを見かけた場合、購入する前に本当に日本の国交省が安全性を認めた製品なのかどうか確認する必要があります。

安全性が認められていない製品の中には強度が不足しているものも多く、万が一の自己があった際に、十分な役割を果たさない可能性が高いです

チャイルドシートの誤使用例

特に多い誤使用についてご紹介します。まず、簡単にぐらつく状態でチャイルドシートを固定しているということ。当然ながらこのような状態では大きな衝撃が加わった際に耐えられず、シートごと外れる可能性が出てきます。

少しでもぶらついていたら危険性が高まるため、手でゆすってもシートがぐらつかないように設置することが大切です。

また、座らせ方を間違えている可能性も高いので注意しておきましょう。チャイルドシートには前向きのものと後ろ向きのものがあるわけですが、前向きタイプのチャイルドシートの場合、両肩の上に2本のベルトを通す必要があります。

しかし、わきの下にベルトを通しているケースも多いようです。赤ちゃんや小さな子供の中には、正しい使い方でベルトを設置すると圧迫感があるため嫌がることもありますが、命を守るために大切なことなのでベルトの位置は守りましょう。

ベルトは強い衝撃を受けた際に、赤ちゃんや子供の体をチャイルドシートに固定するためにあります。間違った方法で設置するとベルトから体が離れ、投げ出される危険性が高まるのです

年代に合わせたチャイルドシートを使おう

チャイルドシートは対応年齢があります。生まれたばかりの乳児用のものもあれば、4歳以降を対象にしたものもあるのです。当然ながら年代に合わせたものを使わなければ十分な効果は得られません

チャイルドシートを使用する際には何歳まで使えるのか、いつになったら買い替えなければならないのかということもしっかりチェックしておきましょう。

正しい使用方法で命を守ろう

チャイルドシートは、通常のシートベルトをつけるだけでは十分な効果が得られない、赤ちゃんや小さな子供を守るために欠かせないものです。自分がいくら交通事故に注意していたとしても、いつ巻き込み事故に遭うかわかりません

実際にチャイルドシートを正しく使用していれば防げた死亡事故なども発生しているので、自分が正しく使用できているのかよく確認しておきましょう

  関連記事

子ども持ちのご家族必見!急増中の「アニサキス」による食中毒を予防するために

近年、「アニサキス」が原因の食中毒が急増しています。食中毒発生件数の増加は明らか …

ペットが子どもを傷つける事故が増えている!未然に防ぐ方法とは?

2017年3月、東京都八王子市で、生後10カ月の赤ちゃんが、預けられた祖父母宅で …

案外多い、だっこひもの事故!月齢によって違う危険があるので注意しよう

2016年11~12月、抱っこひも安全協議会が、インターネット上で「抱っこひもを …

人間にも動物にも感染する!オウム病の原因と症状、治療方法について

妊娠中の女性がかかると、重篤な事態に陥る病気がいくつかあります。 そんな中でも、 …

徳島県の伊仙町は出生率2.81!子宝の島から学ぶ、地域で子育てをするメリットとは?

先日発表された2016年の出生率は1.44でした。この数字は、政府が少子高齢化対 …

ベビーカーが線路に落下!そうした事故を避けるためにできることは?

2017年1月、神奈川県で電車のホームから落下したベビーカーが快特列車と接触する …

O157に子供にかかるとどうなるの?正しい知識をつけて、冷静に対処しよう!

8月中旬、埼玉県の惣菜店のポテトサラダを食べた人が次々に感染し、今も感染者が増え …

子どもを居酒屋につれていく「いざか族」が増加中。その問題とは?

かつての居酒屋は、仕事終わりのパパたちの憩いの場といった様相でした。ですが近年、 …

スマホを持つ小中学生が急増!ネットの長時間使用には問題がいっぱい!

2016年11月、近畿の6府県と3政令都市のPTAが、地域内の小中学校に依頼して …

乳児が保育園で塩化ナトリウム中毒で死亡!子どもに塩分を与える際の注意点とは?

2017年7月、岩手県で保育施設を経営している女性が、傷害致死で逮捕されました。 …