ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

内祝いって何?どのくらいのものを贈ればいいの?

   

子供が生まれると、今まで経験しなかったイベントがたくさんあります。そんなイベントの中でも出産するとすぐに訪れるのが内祝いです。

知らなかった!では、常識がないと思われてしまいがちなことなので、正しい知識で内祝いを無事に済ませましょう。

内祝いとは?

内祝いを出産祝いへのお返しと思っている方も少なくありません、確かに現代の内祝いはそのような傾向にあります。しかし本来の内祝いとは、出産の報告・あいさつを兼ねて赤ちゃんのお披露目をするイベントなのです。

そのために出産祝いをもらった、もらっていないにかかわらずに行うとされるのが内祝いです。これから子供ともどもお世話になりますという気持ちを込めて行うものです。

ですので本来は相手に負担にならないように行います。ただ今では内祝いは、お礼ともなっていますので、どんな形であれ赤ちゃんが生まれてことの幸せをシェアする形で喜びを表現できたらいいですね。

内祝いはいつするのがベスト?

いつ頃内祝いをするのか?ということも悩みとなるでしょう。贈るタイミングもマナーの一部ですので、しっかりと正しい時期を選びたいものですね。無難な時期といえるのが、お宮参りの前後でしょう。

無事に“お宮参りが終わった”という報告とともに内祝いを贈れますね。出産後30日前後のタイミングで内祝いを行いましょう。

内祝いの金額・アイテムはどんなものを選ぶべきなの?

まず内祝いの金額の設定についてです。これが正直一番の悩みところとなるかも知れません。基本といえるのはいただいた出産祝いの半額程度です。ただこれもケースごとにしっかりと判断が必要になります。

かなり目上の方の出産祝いや親族からの出産祝いは高額になることでしょう。そのようなケースでは半額ではなく、3分の1程度でもOKです。結局のところお金ではなく、気持ちのこもったアイテムが一番となるのです。一番NG’な行為は出産祝いと同額の内祝いをすることです。

これでは相手が恐縮してしまうとともに、居心地が悪くなってしまいます。あまり高価すぎるものを贈らないようにしましょう。次はどんなアイテムを贈るのか?ということです。

一人ひとりのシュミなどが違うために、やはり一人ひとり考えた方が無難です。アイテムのポイントとなるのは、好み・ライフスタイルを考えたうえで、実用性のあるものです。相手の好みがわかっている場合や、好きなブランドがわかっているのであれば、簡単に見つかるかもしれません。

ただどうしてもわからないという場合には、広く喜ばれる定番アイテムであるタオル・寝具などは無難なギフトとなります。またはスイーツ、紅茶、コーヒーなどならば趣味に関係なく喜んでもらえますね。

内祝いは幸せをシェアするもの

内祝いを豪華にする方や節約しすぎる方もいます。でもそもそも内祝いは赤ちゃんが生まれたことへの喜びをシェアするものです。

ですのであまり気取らず背伸びしすぎることなく、また今までの感謝の気持ちを伝える意味でもケチることなく、バランスの取れた内祝いをすることが、喜んでいただくためには必要な気遣いといえます。楽しんで内祝いを行いましょう。

  関連記事

ターナー症候群とはどんな病気?赤ちゃんでもわかるの?

みなさんは、「ターナー症候群」という病気を知っていますか?これは、女の子に最も多 …

赤ちゃんの抱っこの仕方は時期によって違うの?月齢別の抱っこの仕方とコツ

赤ちゃんとの絆を深めていくためには、「抱っこ」はとても重要です。 抱き癖など気に …

赤ちゃんの寝かしつけに背中トントンがいいって本当?そのほかの寝かしつけ方法はあるの?

初めての育児に取り組むママにとって、赤ちゃんの寝かしつけは難しいものかもしれませ …

新生児と乳児ってどう違うの?いつまで新生児と呼べばいい?それぞれの期間はいつからいつまで?

生まれたばかりの赤ちゃんを「新生児」と呼ぶことは知っていても、「乳児」や「乳幼児 …

赤ちゃんのでべそは臍ヘルニアのせい!?その原因と対処法は?

赤ちゃんも生後1ヵ月ともなれば、へその緒もとれて、おむつ替えの時にドキドキしなく …

赤ちゃんの入浴剤使用はいつから?選び方と注意点、誤飲の対応法

お風呂といえば一日の疲れを癒してくれるものです。毎日入浴剤を選ぶのが楽しみという …

難病に指定されている先天性魚鱗癬の症状や治療法とは

先天性魚鱗癬(ぎょりんせん)というのは難病の一つに指定されている病気で、発症率は …

赤ちゃんがベッドから落下した!どうしたらいいの?

新生児は寝返りをうったり、自ら移動することはないので、ベッドから落下することなど …

お食い初め歯固めの石とは?その選び方と用途・価格帯

赤ちゃんが誕生すると健やかな成長を願って色々な行事がありますよね。そんな中でも「 …

頻回授乳はいつまで続くの?気をつけることはある?

出産という大事業を終えると、新生児の育児がスタートします。特に初めての出産の場合 …