ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが38℃の発熱!どのように対処したらいいの?

   

24c859cad9772f52331dce6d132e3bf2

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんは体調を崩しやすく、発熱することが多いですよね。ときには38℃以上の高熱が出て苦しそうな赤ちゃんを見るとママも心配でたまらないでしょう。

特に夜中に発熱すると救急病院へ行った方がいいの?と右往左往してしまうこともあるかもしれません。いざという時に落ち着いて対応できるようにしておきたいですね。

そこで今回は、赤ちゃんが38℃以上の熱が出た場合の対処法や原因、注意点などをご紹介します。

赤ちゃんが38℃以上の高熱、原因は?

赤ちゃんの発熱にはさまざまな原因が考えられます。一時的な発熱で赤ちゃんの機嫌もよい、食欲もあるようであれば様子をみて構わないでしょう。しかし注意したいのが、高熱が下がらない場合です。

よく見られるのが、午前中に熱が下がり夕方~夜にかけて熱が上がる「病気感染の初期段階」です。この場合、熱が上がりきる前に解熱剤を使っても効果がないことがあります。また、熱の上がり始めは赤ちゃんの手足が冷たく寒気を感じていることが多いです。布団などで体温調節を行ってあげましょう。

熱が上がりきると汗をかき始めますので汗を拭いたり首や脇を冷やしてあげます。風邪であれば通常3~4日くらいで熱が下がることが多いですが、それ以上続く場合は風邪以外の原因が考えられます。

高熱が下がらない場合に疑われる病気

shutterstock_84034963-480x320

発熱してから4~5日経っても熱が下がらない場合は、風邪以外の病気に感染している可能性があります。赤ちゃんの熱が下がらないな、と感じたら以下の病気を疑ってみましょう。

インフルエンザ

毎年、冬に大流行する感染症ですよね。インフルエンザウイルスに感染してしまうと、関節痛や筋肉痛、頭痛などを伴い2~5日程度高熱が続きます。大人と比べて赤ちゃんは体力がありませんので、気管支炎や肺炎などの合併症を引きおこしやすいと言われています。

肺炎

インフルエンザや風邪などをこじらせてしまうと肺炎になることも。特に赤ちゃんは重症化しやすいため、呼吸がいつもと違うなど異常を感じたらすぐに病院を受診しましょう。肺炎になると入院し、抗生物質などで治療をしていきます。

RSウイルス

一度は耳にしたことがある感染症かもしれません。RSウイルスは初期段階では風邪と見分けがつきづらいです。初診では風邪だと診断されても機嫌が悪く、高熱が続く、元気がないなどの症状が続いている場合は再度小児科を受診しましょう。特に月齢の低い赤ちゃんが感染すると、重症化することもありますので注意が必要です。

川崎病

0~4歳くらいの乳幼児が感染しやすいと言われています。全身の血管に炎症をおこすもので、高熱が5日以上、目が充血する、手足や口が赤くなるなどの症状が現れます。

細菌性髄膜炎

細菌性髄膜炎とは、生後6ヵ月~2歳くらいの子どもがかかりやすい病気で、細菌が脳や脊髄を包んでいる髄膜に入り込むことで炎症をおこす感染症です。

赤ちゃんが発熱したときの対処

なるべく座薬は使いたくないママもいるかもしれません。しかし38.5℃を超える高熱が続き、夜も眠れない状態だと赤ちゃんも苦しいもの。一時的に熱を下げて楽にしてあげるとよい場合もあります。使用する際は、小児科で指示された量と時間、使用回数を守るようにしましょう。

また、発熱している赤ちゃんは汗をかきます。首の後ろや脇、太もも、膝の裏を冷やしてあげましょう。ドラッグストアに冷却剤が売られていますので購入しておくと便利ですね。

赤ちゃんが発熱したときに注意したいこと

高熱が出たときには汗を出して体温を下げるといったイメージもありますよね。しかし赤ちゃんの場合は、必要以上に厚着をしてしまうと熱がこもり更に熱が上がってしまうことも。

まだ体温調節がうまくできない赤ちゃんは、効率よく放熱できません。高熱が出たときは、洋服や布団の調節はいつもより少なくするよう心がけましょうね。

部屋の環境を整える

ふだんから部屋の換気を心がける、加湿器などを利用するなどして部屋の環境を整えることも大切。感染症などの予防にもつながります。

家族の誰かが病気をしたときも、こまめに換気することで感染を防ぐことができます。家族全員で病気に対する心構えをもっておきましょう。

  関連記事

乳幼児突然死の原因にも!?赤ちゃんの「うつ熱」について知っておこう

体温が高くなる高体温という症状には、病気の時の“発熱”以外に“うつ熱”というもの …

新生児の呼吸数ってどのくらい?赤ちゃんの「呼吸」について正しい知識を持とう!

生まれたばかりの赤ちゃんが、スーピー、スーピー…。気持ちよさそうな寝息が聞こえて …

母乳が足りないことを見逃さないために、覚えておきたい赤ちゃんからのサインのこと

初めての育児に取り組むママにとって、母乳がきちんと出ているのか、きちんと足りてい …

赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて悩んでいるママへ!赤ちゃんがすんなり寝てくれる!?寝かしつけワザとは?

産まれたばかりの赤ちゃんは可愛いですよね。特に眠っている赤ちゃんの姿は天使のよう …

人前での授乳、ケープがあればOK?NG?授乳室がない場合の授乳マナーとは

赤ちゃんの授乳は、実に1日6回~12回と頻繁におきますよね!そのため、ママたちは …

後遺症なども心配!新生児仮死の原因と症状について

赤ちゃんが元気に産まれて来て欲しいというのは、誰もが願うことです。しかし分娩中は …

二分脊椎症とはどんな病気?原因や治療法が知りたい!

近年、厚生労働省は赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するため、妊娠前からの葉酸摂取を …

赤ちゃんの肌のお手入れはどうしたらいい?部分別のケア方法は?

赤ちゃんの肌は、大人より薄くて、とてもデリケートです。そのため、日ごろからママや …

新生児が手足をバタバタさせるのはなぜ?バタバタした時はどうすればいい?

生まれたばかりの新生児は眠ってばかりいる、そんなイメージを持っている新米ママもい …

生後1ヵ月の赤ちゃんの睡眠時間はどれくらい?睡眠リズムも考えてあげよう

0歳1カ月は睡眠時間が長い!赤ちゃんがぐっすり眠れる環境作りにも力を入れましょう …