ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新生児でも便秘するの?なぜ便秘になるの?綿棒かんちょうは効く?

   

育児書などを読むと、新生児のうちはウンチをする回数が多いと書かれています。それなのに、我が子は回数が少なく、「便秘かもしれない」と悩むママもいるようです。では、新生児が便秘かどうかをどう見分けたらよいのでしょうか。

そこで、新生児か便秘かどうかの判断基準や原因、その解消法まで紹介します。よく聞く「綿棒かんちょう」のやり方と効果についても、お話しします。知識があれば、精神的に余裕を持つことができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

新生児か便秘かどうかを見分ける判断基準

新生児はおしっことウンチの回数が多く、毎日4~5回ウンチする赤ちゃんも珍しくありません。ですが中には、新生児の時から1日お気にしかウンチをしない赤ちゃんもいるのです。これは、赤ちゃんによって排便のリズムに個人差があるからです。

一定の間隔てウンチが出ているのであれば、それほど神経質にならなくてよいでしょう。ですが、いつもよりうんちが出る頻度や間隔が長い、赤ちゃんの機嫌が悪い、下腹部がいつもより固く感じる、ウンチの量がいつもより少ない、哺乳量が減ったなどの症状がみられる時には、便秘している可能性が高いです。

便秘になりウンチが硬くなることで、便意をもよおしても出しきれず、泣く赤ちゃんもいます。その場合は、自宅でできる便秘解消法を試して、排便をサポートしてあげましょう。

新生児が便秘になる原因とは?

新生児が便秘をする原因は、いろいろあります。まず、栄養方法が原因となるものです。母乳は消化がよいのでウンチの回数が増える傾向が強く、赤ちゃんによっては1日10回以上も排便することがあります。ですがミルクは便秘になりやすく、混合栄養でも完全ミルクでも、ウンチが出にくくなる赤ちゃんがいます。

そして、赤ちゃんの腸の長さや運動不足が便秘の原因になることもあります。また、メーカーによって成分が異なることから、特定のミルクが合わずに便秘になる赤ちゃんもいます。

同様に、冷えたミルクを飲ませたことがきっかけで、お腹の調子が悪くなってしまい、便秘になることもあります。こうした原因を覚えておき、ミルクのメーカーや温度もメモしながら、我が子にベストな方法を探してみるのもよいかもしれません。

新生児の便秘を解消する方法とは?

新生児が便秘した時には、まず家庭でできる方法を試してみましょう。まず、赤ちゃんのお腹を「の」の字にマッサージします。便秘だと感じたら、優しく2・3回マッサージしてあげましょう。便意をもよおしている時だと、さらに効果がアップします。

次に、運動量を増やしてあげることです。おむつ替えや沐浴の後、赤ちゃんの足を持ち、自転車のペダルをこぐイメージで股関節周りを動かします。それにより、腸が刺激されて、便意をもよおしやすくなります。

そして何よりポピュラーなのが、綿棒かんちょうです。綿棒をほぐし、ベビーオイルやオリーブオイルをたっぷり含ませてから、赤ちゃんの肛門に入れ、腸を刺激します。

ただし、何度も出し入れすることで赤ちゃんの腸の粘膜が傷ついたり、習慣化しやすいというデメリットもありますので、ウンチがたまって苦しそうな時にだけ用いるようにしましょう。

便秘がひどい時には小児科を受診しよう!

赤ちゃんは、水分不足や冷えなどが原因となって、便秘になることもあります。家庭でできる方法を試しても効果が感じられない時には、ミルクに少量のオリゴ糖を加えてみるのも一つの方法です。できるだけ、便秘がひどくなる前に対処してあげましょう。

とはいえ、新生児の中には便秘がひどくなり、発熱する赤ちゃんもいます。どうしてもウンチが出ず、哺乳量が減り、機嫌が悪い時には小児科を受診しましょう。かんちょうなどの処置を受けることで、便秘は解消できます。

  関連記事

子どもの夜泣きを軽減?ひやきおーがんとは?

夜になると赤ちゃんは夜泣きをすることがあります。大半は、お腹が空いたとき、オムツ …

13トリソミー(パトウ症候群)ってなに?症状や治療方法、予防はできるの?

皆さんは13トリソミー(パトウ症候群)をご存知でしょうか。赤ちゃんの染色体異常に …

赤ちゃんがシロップ薬を飲んでくれなくて悩んでいるママ必見!上手く飲ませる方法とは?

ママからもらった免疫が切れると、赤ちゃんでも風邪をひくようになります。小児科では …

新生児に発生しやすい肌トラブル 中毒疹の症状と対策

小さい子どもがかかる病気はいろいろあります。特に新生児の時期はお腹の中とは環境が …

「先天性胆道拡張症」はどんな病気?ママが知っておきたい病気の話

みなさんは「先天性胆道拡張症」という病気、ご存知ですか?なんとなく「生まれつき胆 …

赤ちゃん用のシャンプーはどう選ぶ?いつまで使うものなの?

出産前、赤ちゃん用の品物を用意した中に、ベビー用のシャンプーやボディーシャンプー …

赤ちゃんの好きな場所には共通した特徴がある!赤ちゃんの好きな場所で楽しい過ごし方を!

家の中で赤ちゃんはどこにいることが多いですか?リビング、寝室、台所、子供部屋…な …

赤ちゃんのための加湿器を選ぶ際のポイントは?使用する際に注意点はある?

赤ちゃんは、大人より免疫力が弱く、デリケートなので、適度な温度と湿度を保った部屋 …

赤ちゃんの片目だけ目やにが、先天性鼻涙管閉塞かも!?

赤ちゃんは目やにが出やすいですよね。朝おきたときや風邪をひいたときなど、ちょっと …

母乳が足りないことを見逃さないために、覚えておきたい赤ちゃんからのサインのこと

初めての育児に取り組むママにとって、母乳がきちんと出ているのか、きちんと足りてい …