ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新米ママへ!粉ミルク「きほんの」作り方

   

shutterstock_68791360

大切な赤ちゃんのお口に入るミルクです。清潔で安全なものであることは必須!作る前に、以下のポイントをチェックしておきましょう。

赤ちゃんのミルクを作る前に!

ママの手はキレイに洗った?

生まれたばかりの赤ちゃんの体には免疫がなく、当然、大人のような抵抗力もありません。赤ちゃんのお口に入るものを作るなら、必ずていねいに手を洗いましょう

キッチンは清潔?

キレイにしたいのは、ママの手だけではありません。ミルクを作るキッチンも、清潔にしておきましょう。

ミルクを入れる哺乳瓶の消毒はしてある?

哺乳瓶は、必ず消毒してから使ってください。「買ったばかりだから、キレイなはず!」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。購入後であっても、まず最初に消毒を済ませておきましょう。

粉ミルク「きほんの」作り方

いよいよ赤ちゃんにあげるミルク作り!「粉ミルクを入れてから!?それとも、お湯を先に注ぐの??」と迷っている新米ママへ、実はどちらでもOKです。《お湯が先パターン》と《粉ミルクが先パターン》それぞれの手順をわかりやすく説明します。

《お湯が先パターン》のきほん

粉ミルク作りに使用するお湯は、一度沸騰させた70度以上のものを使いましょう。

哺乳瓶にお湯を注ぐ

まずは、できあがりの半分の量を哺乳瓶に注ぎましょう。

粉ミルクを入れる

粉ミルクを、哺乳瓶に投入します。量は正確に計りましょう。

お湯と粉ミルクを混ぜる

哺乳瓶を振り、お湯と粉ミルクを混ぜ合わせます。お湯の温度で瓶が熱くなっているので注意しましょう。タオルで持つと安全です。

残りのお湯を注ぐ

もう半量のお湯を注ぎます。

人肌の温度まで冷ます

哺乳瓶にニプルをセットした後、哺乳瓶ごと冷水につけて冷まします。赤ちゃんが飲める人肌の温度が目安です。

《粉ミルクが先パターン》のきほん

粉ミルク作りに使用するお湯は、一度沸騰させた70度以上のものを使いましょう。

哺乳瓶に粉ミルクを入れる

分量を正確に計った粉ミルクを、哺乳瓶に入れてください。

お湯を入れる

お湯は、できあがりの半分の量を哺乳瓶に注ぎましょう。

お湯と粉ミルクを混ぜる

哺乳瓶を振り、お湯と粉ミルクを混ぜ合わせます。お湯の温度で瓶が熱くなっているので注意しましょう。タオルで持つと安全です。

残りのお湯を注ぐ

もう半量のお湯を注ぎます。

人肌の温度まで冷ます

哺乳瓶にニプルをセットした後、哺乳瓶ごと冷水につけて冷まします。赤ちゃんが飲める人肌の温度が目安です。

赤ちゃんのミルク作り

shutterstock_139229684-480x336

Q.「どうして、一度沸騰させた70度以上のお湯を使うの?」

A.「お湯を一度沸騰させるのは、お水のカルキを抜く事と、殺菌を行う目的があります。また、70度以上で調乳する必要がある理由としては、それ以下の温度では粉ミルクがうまく溶けないためです。安全で、かつ作りやすいお湯の温度が70度以上だと言われています。」

Q.「粉ミルクをミネラルウォーターで作るのはアリ?」

A.「赤ちゃんの粉ミルク作りで避けたいのは、硬度の高い「硬水」です。日本製のミネラルウォーターはほぼ全てが軟水ですので、それらを使用する事は全く問題ではありません。むしろ、軟水は赤ちゃんの飲む粉ミルク作りに適しています。

とはいえ、国内で市販されている海外製のミネラルウォーターには硬水がいくつかありますので、使用する前にお水の硬度をチェックしておきましょう。」

Q.「一度沸騰させるなら、水道水で作っても大丈夫?」

A.「結論を先に申し上げれば、大丈夫です。世界レベルで考えても日本の水道水は清潔で安全なもの。日本で粉ミルクを販売している各種メーカーも、水道水を使って作る事を前提に開発・製造を行っています。

また、日本の水道水は赤ちゃんの粉ミルク作りに適していると言われる「軟水」です。一度沸騰させて、殺菌・カルキ抜きがされているのであれば、赤ちゃんの粉ミルク作りでも安心・安全に使用できます。」

  関連記事

赤ちゃんと行く飛行機旅行の注意点!

いつから飛行機に乗れるの?運賃や注意点は? 生まれたばかりの赤ちゃんの体は、とっ …

生後1ヵ月の赤ちゃんは、どうしたら泣き止むの?

初めて赤ちゃんを産んだばかりの新米ママにとって、昼夜問わず泣き続ける我が子は、可 …

乳幼児のママができる安否確認や救助要請の方法とは

2016年4月14日、熊本県で最大震度7を観測した地震により負傷した人の数は、8 …

赤ちゃんのでべそは臍ヘルニアのせい!?その原因と対処法は?

赤ちゃんも生後1ヵ月ともなれば、へその緒もとれて、おむつ替えの時にドキドキしなく …

災害時に困らないために~簡易おむつ・簡易ナプキンの作り方~

2016年4月、熊本県を中心に大きな地震がおき、現在も復旧・復興作業が続いていま …

赤ちゃんの鼻詰まり解消もできる万能「ベビーオイル」の使い方徹底ガイド

育児中のママが一度は手にしたことがある「ベビーオイル」。肌の保湿のために準備する …

赤ちゃんが高熱を出してしまった?熱を冷ましてあげるにはどうしたらいいの?病院には連れて行くべき?

赤ちゃんの平熱というのは大人に比べて高いもの。多少個人差はありますが、36.5度 …

赤ちゃんの抱き癖…改善方法は?そもそも治す必要はある?

赤ちゃんが泣いた際にすぐに抱き上げると「抱き癖がつく」と言われることがありますよ …

新生児に多い、肥厚性幽門狭窄症の原因と症状、治療法は?

新生児の胃はとっくりのような形をしており、食道と胃を結ぶ括約筋の働きが弱い上、授 …

小児麻痺は後遺症が残る?原因や特徴的なしぐさとは?

幼少期にウィルス感染することによって、手足に麻痺がおきてしまう「小児麻痺」。 小 …