ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

覚えておきたい!ママと乳幼児の防災用非常食のこと

   

災害は、いつおこるか予測しきれません。そして、誰もが被災者になる可能性があります。乳幼児がいる家庭こそ、いざという時に子どもを守ることができるよう、防災グッズを準備しておく必要があります。

その際、非常事態でもきちんとママと乳幼児が食事できるように、食料のことを考えておかなければなりません。そこで今回は、防災グッズとして準備しておきたい食べ物リストや、乳幼児におすすめの防災用非常食について、お話しします。

非常食を備蓄する時の考え方

まず、非常食と食料備蓄の違いを説明しておきましょう。

非常食

非常食とは、災害で一時的にライフラインが途絶えてしまう時に備えて、持ち運びしやすく、体積当たりのカロリー量が多い食べ物を、最小限用意するという考え方です。地震や津波、噴火などで一時避難を余儀なくされる時のために、非常食を3日分用意しておくとよいのです。

食糧備蓄

一方の食糧備蓄は、避難所で食事に困らないように、インスタントラーメンや加熱機能付きのごはんパック、フリーズドライ食品などを用意することが多いようです。この場合、普段食べ慣れている、家族の好きな味を中心に用意しておくと、ストレスが少ないです。

こうした食料だけでなく、家族分の飲料水を用意しておくことも、忘れないでください。

防災グッズとして用意しておきたい食料とは

では、子どものいるママが防災グッズとして用意しておいた方がいいものとは、何なのでしょうか。

例をあげると、以下のような比較的軽量なものがおすすめです。

  • ミルクやベビーフード
  • 塩分控えめのお菓子
  • ドライフルーツ
  • 缶入りのパン
  • レトルトごはん
  • ビタミンの入った飴
  • 飲料水
  • チョコレート
  • キャラメル
  • カロリーメイトなど

大規模の災害でも、3日程度で食料や飲料水が届くことが多いので、その間の食料は用意しておきましょう。この間は、火を通さずに食べられるものを中心にしておく方が無難です。

そして、乳児がいる家庭では、ミルクとお湯が必須です。普段は完全母乳で育てていたとしても、災害のショックで止まってしまうことがあります。用意しておくに、こしたことはありません。

ママと乳幼児におすすめの防災用非常食とは

いざという時のために、ママと乳幼児におすすめの防災用非常食を、いくつか紹介しておきましょう。

セブンオーシャンズ(救難食糧・圧縮ビスケットタイプ)防災用保存食

41M-D+rlilL1

出典:Amazon

 
まず、「セブンオーシャンズ(救難食糧・圧縮ビスケットタイプ)防災用保存食」です。1つで約3日分の非常食になるもので、賞味期限も5年あります。船舶用の非常食なのでコンパクトで、ほんのりした甘みがあります。

不二家アンパンマン どこでもビスケット保存缶

1199_1_2

出典:不二家

 
次に、「不二家アンパンマン どこでもビスケット保存缶」です。食べなれたビスケットなら、乳幼児も喜んで食べてくれるはずです。保存期間が3年と長いのも、ポイントです。

まごころ一膳 富士山の銘水で炊きあげたおかゆ

4901577057335M1

 
離乳食期の赤ちゃんがいる家庭なら、「まごころ一膳 富士山の銘水で炊きあげたおかゆ」もよいでしょう。賞味期限は16ヵ月と短めですが、白がゆや梅がゆ、玉子がゆ、紅鮭がゆの4種類があり、開封してすぐに食べられます。

江崎グリコ ビスコ保存缶

products_bisco11_img1

出典:グリコ

 
そして、「江崎グリコのビスコ保存缶」です。乳幼児が非常食に飽きた時でも、ビスコならおやつ感覚で食べてくれるはずです。ミルクであれば、スティックタイプで個包装されたものが、衛生的にも持ち運びにも安心です。

株式会社非常食研究所 愛のミルク発熱セット

2016-05-16_181554

 
また、ワンプッシュでお湯をつくれる、「株式会社非常食研究所 愛のミルク発熱セット」もおすすめです。

食べなれたものを用意しておこう

災害がおこると、住み慣れた家ではなく、避難所などでの生活を余儀なくされることも多いものです。環境の変化は、乳幼児にとって大きなストレスになりますし、それで泣き喚くことが多くなれば、ママやパパが周囲に気を遣って精神的に追い込まれてしまいがちです。

そんな状況だからこそ、一つでもストレスを減らすために、非常食に食べなれたものを加えるといった配慮が必要なのです。また、食料支給が始まっても、アレルギー対応になっているとは限りません。我が子の健康を守るためにも、ママが非常食をきちんと用意しておきましょう。

  関連記事

どうして飲んでくれないの?と焦る前に!赤ちゃんがミルクを飲まない時の原因や対策を知っておこう

母乳ではなく、ミルクで育てていたり、母乳とミルクを混合で育てているママも多いです …

先天性白皮症ってどんな病気?症状やケアの方法をご紹介

生まれてきた子どもの姿を見てみると「髪の毛が白い」「肌が白い」「眼の色が薄い」・ …

赤ちゃんのための加湿器を選ぶ際のポイントは?使用する際に注意点はある?

赤ちゃんは、大人より免疫力が弱く、デリケートなので、適度な温度と湿度を保った部屋 …

赤ちゃんが泣かない、笑わない、目を合わせない?もしかして「精神遅滞(知的障害)」かも!

初めての子育て。一生懸命赤ちゃんに向き合っているからこそ、不安は大きいものです。 …

早産児ってなに?未熟児や低出生体重児との違いについて知っておこう

妊娠していると、赤ちゃんと対面できるのは待ち遠しいものですよね。しかしあまり早く …

乳幼児突然死症候群(SIDS)になってしまう可能性も!?うつぶせ寝のリスクや注意点などは?

出産後にママのお腹から生まれてきた赤ちゃんが胎内の次に過ごす場所、寝具での睡眠環 …

二分脊椎症とはどんな病気?原因や治療法が知りたい!

近年、厚生労働省は赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するため、妊娠前からの葉酸摂取を …

アメリカ生まれのスワドルミーだと、赤ちゃんがスヤスヤ眠るって本当?

出典:株式会社日本育児   首が座らない赤ちゃんを連れて外出するとき、 …

大人とは違う!赤ちゃんにとって快適な温度や湿度を知っておこう

赤ちゃんの体温調節機能を育てながら、細やかな温度&湿度対応を 「異常気象」という …

母乳が足りないことを見逃さないために、覚えておきたい赤ちゃんからのサインのこと

初めての育児に取り組むママにとって、母乳がきちんと出ているのか、きちんと足りてい …