ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが発熱した時の座薬の使い方を教えて!

   

赤ちゃんはもともと体温が高いので、高熱が出やすく、小児科に連れて行くと、座薬が処方されることが多いです。処方された座薬は冷蔵庫で保管できるので、次に赤ちゃんが発熱した時に、それを使おうとするママも多いのではないでしょうか。

ですが、赤ちゃんの発熱にも理由があるので、むやみに座薬を使わない方がよいケースもあります。そこで今回は、赤ちゃんに座薬を使うべきタイミングや正しい使い方について、お話しします。ぜひ、参考にしてください。

座薬って何?熱があれば使っていいの?

座薬とは、肛門から挿入して使用する薬のことをいいます。解熱鎮痛剤だけでなく、吐き気止めや抗けいれん薬も、座薬で処方されることが多いです。

赤ちゃんの場合は、薬を上手に服用できませんし、座薬だと直腸が薬の成分を直接吸収できるので、効き目が早いのです。そのため、赤ちゃんが発熱して小児科に連れて行った時には、夜に熱が上がることを想定し、お医者さまが「念のために」と、解熱剤の座薬を処方してくれることがあります。

熱があって、苦しそうにしている赤ちゃんを見ると、すぐにでも使ってあげたくなりますが、座薬を使うべき基準を満たしているかどうかをチェックする必要があります。というのも、赤ちゃんの発熱は、ウイルスや雑菌から身体を守るためにおこっていることが多く、免疫力を高める機会になるからです。

座薬はどんなタイミングで使うべきなの?

病院がしまっている時間に赤ちゃんが高熱を出した時に、座薬を使うタイミングがわからないと、不安に思うママもいることでしょう。基本的には、以下のような症状がある時には、一時的に熱を下げた方がよいので、座薬を使うとよいでしょう。

  • 38.5度以上の熱がありぐったりしている
  • 熱のせいで不機嫌、母乳やミルク
  • 水分が十分に摂れていない
  • 熱のせいで眠れていないなど

また、38.5度未満であっても、ぐったりしている時には座薬を入れた方がいいこともあります。そして、赤ちゃんに座薬をさす場合、発熱の途中ではなく、熱が上がりきったタイミングで使うのがベストです。

赤ちゃんの手足を触って、冷たいと感じる場合は、まだ熱が上がると考えられます。また、一度座薬を使ったら、次に使用するのは6時間以上たってからにするというルールも、必ず守ってください。

正しい座薬の入れ方を教えて!

座薬は、正しく入れないと肛門から押し出されてきてしまいます。正しい入れ方を、覚えておきましょう。

  1. 座薬を使う前に、赤ちゃんの体温を計り、38.5度以上であることを確認します。
  2. ママがきちんと手を洗ったら、冷蔵保存してある座薬を取り出し、お医者さまに指示された量に調整します。
  3. 座薬の先端を温めて少し溶かすか、オイルを塗ると挿入しやすくなるので、準備してあげましょう。
  4. そして、赤ちゃんのおむつを外し、おむつ替えと同じ体勢にしたら、肛門からとがった方を先端にして一気に入れます。
  5. を入れたら、1分程度は肛門を抑えていてあげましょう。

もし、座薬を入れてすぐに出てきてしまったり、時間が経過しても溶けずに出てきた場合は、もう一度新しい座薬を入れます。座薬を入れて5分を経過してから出てきた場合は、そのまま様子をみましょう。

お医者さまの指示に従って正しく使おう

生後1ヵ月での発熱の場合、それが初めてというママも多いはずです。解熱剤の座薬は、お医者さまの指示の下で使うのが基本なので、必ず診察を受け、どんな症状が出たら座薬を使えばよいのかを確認した上で、使うようにしましょう。

また、熱があっても母乳やミルクが飲める、呼吸や意識に問題がない、機嫌よくしている場合には、座薬を使わず様子を見た方がよいこともあります。発熱は、赤ちゃんが体内に侵入したウイルスや細菌を殺そうとしているサインでもあるので、やたらに解熱剤を使わない方がよいというお医者さまもいます。かかりつけの先生の指示に、従ってくださいね。

  関連記事

赤ちゃんの月齢や用途に合わせて抱っこ紐は正しく選ぼう!

家事と育児を両立しなければならないママさんにとって、抱っこ紐は非常に大きな存在で …

赤ちゃんがいつも同じ方向を向いているのは、斜頸だからなの?

新生児期が終わり、赤ちゃんが生後1ヵ月になって乳児期に入ると、ママも育児に慣れて …

低出生体重児はリスクを抱えるって本当?その原因や成長は?

みなさんは、「低出生体重児」という言葉を知っていますか?かつては「未熟児」と呼ば …

赤ちゃんの耳垢の取り方が知りたい!色の違いには注意が必要?

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、汗の量が多く、垢がたまりやすいです。それと同じ理 …

気がつきにくい赤ちゃんトラブル、ヘアーターニケットのこと

初めての赤ちゃんを迎えたママは、育児に慣れるまで、赤ちゃんの泣き声に振り回される …

粉ミルク作りをもっと簡単にする裏ワザ6選!

粉ミルク作りはさほど手間のかからない作業ですが、1日に何度も繰り返す面倒臭さは否 …

どうやって子供の虫歯予防をしてる?赤ちゃんのうちに虫歯を防ぎたい、その予防法とは?

現在、5歳までに虫歯になる子供の割合は6割と言われており、しっかりとした虫歯対策 …

電車やバスで赤ちゃんギャン泣き!そんな事態をスムーズに脱出する“泣き止ませアイディア”を紹介します

赤ちゃんとのお出かけ中、電車やバスなど公共の場で泣かれると本当に困ってしまいます …

育児中の腰痛を招くママのダメ習慣&改善方法について

妊娠、出産の時点で十分ダメージを負ってきたママの腰。一息つく暇もなく、育児のスタ …

どうして赤ちゃんは痰が絡みやすいのか?咳の原因は風邪?赤ちゃんに負担をかけない痰の取り出し方法とは?

赤ちゃんが、ゼーゼーと喉の奥で痰を絡ませていたり、ゴホンゴホンと苦しそうに痰が絡 …