ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんはいつから海外旅行に連れて行ける?注意点はあるの?

   

d9638110174cc962234fab16a6cf9b23

海外旅行好きなご夫婦の中には、赤ちゃん連れでのお出かけを考える人たちもいることでしょう。ですが、飛行機での長時間移動が前提となる海外旅行の場合、赤ちゃんにかかる負担の大きさも考慮しなければなりません。また、同じ飛行機に乗る他の乗客に対する配慮も必要です。

そこで今回は、赤ちゃんをいつから海外旅行に連れて行けるのか、その際に注意すべきことなどについて、お話しします。しっかり準備して、楽しい家族旅行を実現してくださいね。

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?海外旅行の目安は?

まず、赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつからかが知りたいですよね。JALとANAの場合、生後8日を超えれば、赤ちゃんでも飛行機に乗ることはできます。とはいえ、新生児は免疫力が低く、いろいろな病気に感染しやすいので、生後1ヵ月を過ぎるまでは、乗らないに越したことはありません

気になる航空運賃も、ママやパパが抱っこして登場する場合は、2歳未満まではかかりません。ただし、赤ちゃん用の座席を確保したい時には、大人運賃の75%にあたる、小児運賃を支払わなければなりません。

そして海外旅行の場合は、フライト時間が国内移動より長くなることが多いので、生後3~4ヵ月を過ぎて、首が座ってからの方がよいとされています。できれば、お座りができる生後6ヵ月以降が望ましいです。

海外旅行をするにあたって準備しておくべきことは?

まず飛行機を予約する際に、座席使用をしない場合に必要な料金について確認します。航空会社によっては、2歳未満の赤ちゃんであっても、国際線利用に限り大人の10%の運賃がかかるところがあったり、航空運賃を支払っていない赤ちゃんが現地で使用するベビーカーの持ち込みが有料になることがあります。特に、海外の航空会社を利用する場合は、注意が必要です。

また、赤ちゃんの体重が10kg以下であれば、バシネットという乳児用のベッドを借りることができます。その場合、バシネットを利用できる座席を指定する必要があるので、予約時に確認しましょう。

また、海外旅行だからといって、赤ちゃんは大人のように意識的に生活リズムを変えることはできません。フライト時間がお昼寝にあたる、日本との時差が少ないなど、赤ちゃんに負担のかからない渡航先を選ぶのも大切です。

機内に持ち込む荷物にも配慮しよう!

国際線に限らず、飛行機の機内は手狭なので、持ち込める荷物は最小限にしなければなりません。ですが、赤ちゃん連れの場合は、いざという時に困らないように準備をしておく必要があります。

機内に持ち込む荷物ですが、以下の物を用意しておくことをおすすめします。

  • フライト時間が2時間でおむつを2~3枚
  • おしりふき
  • 哺乳瓶と粉ミルク
  • 赤ちゃんの着替えを1~2セット
  • 抱っこ紐など

調乳用のお湯は、キャビンアテンダントの方に用意してもらうことができます。

また、フライトの際、気圧の変化で赤ちゃんが大泣きすることがあります。離着陸時にミルクなどの飲み物を飲ませると、耳抜きしやすくなります。また、機内の温度をチェックして、着るもので暑さ・寒さを調整してあげましょう。

赤ちゃんの生活リズムを妨げないように気をつけよう

赤ちゃんと一緒に海外旅行に出かけるのは、パパとママにとっても楽しみな出来事でしょう。ですが、時差があったり、季節が真逆の渡航先に出かけることは、赤ちゃんに少なくない負担をかけることになります。

そして、赤ちゃんは大人のように、意図的に生活リズムを変えることはできません。赤ちゃんを連れて海外旅行に出かける時には、いざという時に困らないように、現地の病院などもリサーチし、赤ちゃんに無理のないスケジュールで出かけるように心がけましょう

  関連記事

早産児ってなに?未熟児や低出生体重児との違いについて知っておこう

妊娠していると、赤ちゃんと対面できるのは待ち遠しいものですよね。しかしあまり早く …

寝返り返りとは?寝返りとの違いと練習法、注意点もチェック!

寝返りといえば誰でもどのような行動なのか想像できますよね。仰向けの状態からうつ伏 …

自分なりのスタイルで!授乳姿勢について

赤ちゃんが生まれると始まるママの「授乳」の仕事ですが、以前はママが座り赤ちゃんを …

低体重児が産まれた時のリスクと気になる原因は?障害の心配やミルクを飲ませる量の目安を教えて!

妊娠の喜びとともに出産までは心配ごとも多いと思いますが、新生児にある「低出生体重 …

赤ちゃんの先天性疾患の一つである、神経管閉鎖障害のこと

厚生労働省は妊活中あるいは妊娠中の女性に対し、お腹の赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」 …

赤ちゃんの抱き癖…改善方法は?そもそも治す必要はある?

赤ちゃんが泣いた際にすぐに抱き上げると「抱き癖がつく」と言われることがありますよ …

添い乳は危険だからやめた方がいいの?添い乳で安全に寝かしつけるおすすめの方法とは?

添い乳はママにとって、楽にできる授乳方法ですよね。赤ちゃんにとっても、ママの匂い …

靴を履かなくてもなるの?赤ちゃんの巻き爪の原因と対処法とは?

巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込まれた状態のことをいい、肉に爪が食い込むことから …

乳児におこりやすい先天性のヒルシュスプルング病のこと

ヒルシュスプルング病は、先天性の病気の一つです。新生児から乳児期にかけて発症する …

新米ママへ!粉ミルク「きほんの」作り方

大切な赤ちゃんのお口に入るミルクです。清潔で安全なものであることは必須!作る前に …