ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが水頭症といわれたら。後遺症を残さないためにすべきこと

   

baby-1538342_960_720

日本では1000人に1人の割合で、「水頭症」の赤ちゃんが産まれているというデータがあります。その原因も、先天性のものも後天性のものもあり、赤ちゃんの症状にも、月齢によって違いがあります。

ママが水頭症の症状について理解しておくことで、早期発見ができ、早々に治療に入れます。そこで今回は、水頭症とはどんな病気か、原因と症状、治療法、予後、後遺症などについて、お話しします。もし、我が子に水頭症の症状が見られたら、すぐに病院で診察を受けましょう。

水頭症って何?その原因は?

人間の脳内には、脳脊髄液(髄液)という体液が循環しており、何か衝撃を受けた時に脳に与える影響をやわらげる働きをしています。この脳脊髄液は常に一定量で保たれており、産生された分は自然に吸収されるようになっています。水頭症とは、この脳脊髄液の産生、循環、吸収のバランスが崩れ、脳内に溜まってしまう病気です

先天性の原因

先天性の原因としては、「中脳水道狭窄」「脊髄髄膜瘤」「X染色体劣性遺伝」など、赤ちゃんの脳や血管異常が考えられます

後天性の原因

後天的な原因としては、出生時の外傷による脳室内出血や髄膜炎、脳炎、脳腫瘍などがあげられます。

こうした病気だけでは脳脊髄液の量に影響はないのですが、周囲の血管が奇形になることで、脳脊髄液の流れが妨げられることで水頭症を発症します

水頭症の症状は?どうやって診断するの?

birth-466140_960_720

水頭症になると、赤ちゃんに様々な症状が表れます。まず、頭頂部の大泉門がふくらむことです。赤ちゃんの頭蓋骨はまだくっついていませんので、脳脊髄液がたまってふくらむと、脳室の圧力で骨を押し広げます。その結果、頭が肥大化するのです。

また、嘔吐や頭痛「落日現象」とよばれる黒目の下半分がまぶたにかかって白目が目立つ状態になる、赤ちゃんが不機嫌、頭部の皮膚が薄くなり血管が目立つ、頭部の皮膚が光って見える、首がなかなか座らないなどの症状が出ます。

水頭症の検査方法は、頭値の測定CTMRIによる検査です。頭値を測定した時に、大きく成長曲線を上回っている場合に、CTやMRIでの画像診断に進みます。脳内の様子を確認すれば、水頭症かどうかすぐにわかります

水頭症の治療方法は?治すことはできる?

もし、赤ちゃんが水頭症と診断されたら、治療方法は手術しかありません。最も多く行われている手術が、「シャント手術」です。脳室からお腹まで「シャント」という管をつなぎ、脳内に溜まった脳脊髄液を流して、腹膜で吸収させるという方法です。場合によっては、心臓につなぐこともあります。

手術自体はさほど難しくなく、脳室の大きさを正常に近づけることで、様々な症状を軽減することができます。ですが、赤ちゃんの成長に合わせて、何度も再手術を行い、シャントを交換しなければなりません

この他にも、「第三脳室底開窓術」という方法があります。これは内視鏡で脳室の底に穴を開け、溜まった脳脊髄液を出すという方法です。ですが、水頭症の原因によって手術が受けられないこともあります。そして、水頭症自体は完治することはありません

後遺症を残さないためには早期発見が大事

水頭症を放置すると重篤な障害がおきたり、後遺症が表れたり、最悪の場合は命を落とす危険がある病気です。ですが、治療方法自体は確立されている病気なので、早期に発見し治療を始めれば、症状を改善させることができます

それは、赤ちゃんの成長や発達の遅れを改善するとともに、神経や知能への障害を残さないことにもつながります。もし、水頭症に似た症状が出た時には、小児科または脳神経外科を受診して、お医者さまに相談してみましょう。

  関連記事

双子のお風呂ってどうしてる?上手に入れるコツが知りたい!

自然妊娠で双子を授かる確率は、100分の1と言われています。妊娠中も出産時も、1 …

これだけは知っておきたい!お宮参りのマナーとは?

赤ちゃんが生まれてからするお宮参り。そんなお宮参りも知らないことも多いのではない …

授乳するだけでやせるって本当?母乳ダイエットを成功させるコツは?

出産前に育児関連の情報誌やウェブサイトを見ていて、「母乳をあげているだけで、何も …

母乳が足りないことを見逃さないために、覚えておきたい赤ちゃんからのサインのこと

初めての育児に取り組むママにとって、母乳がきちんと出ているのか、きちんと足りてい …

大人に比べると体温が高い赤ちゃんの夏服はどのように選べばいい?

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ体温調節をする機能が未熟で、外気温や室温に合わせ …

生後1ヵ月の赤ちゃんと感染症について!注意したいRSウイルスとは?

感染症は予防をすることが大切!異常を感じたらすぐに受診を! 0歳1カ月どれくらい …

赤ちゃんのお風呂デビュー!これでもうこわくない!

入浴前の段取りがポイント!流れを作ってしまおう 子育てママにとって、一大仕事なの …

新生児のへその緒の消毒方法は?とれる目安はいつ頃?

妊娠中のママと赤ちゃんは、胎盤と臍帯で結ばれています。分娩するとすぐに臍帯は切断 …

赤ちゃんの入浴剤使用はいつから?選び方と注意点、誤飲の対応法

お風呂といえば一日の疲れを癒してくれるものです。毎日入浴剤を選ぶのが楽しみという …

夜間授乳はいつまで続くの?3時間おき授乳を終える時期はいつ頃が目安?

妊娠中や出産後に読む育児の情報誌には、授乳に関して3時間哺乳という言葉をよく目に …