ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが水頭症といわれたら。後遺症を残さないためにすべきこと

   

baby-1538342_960_720

日本では1000人に1人の割合で、「水頭症」の赤ちゃんが産まれているというデータがあります。その原因も、先天性のものも後天性のものもあり、赤ちゃんの症状にも、月齢によって違いがあります。

ママが水頭症の症状について理解しておくことで、早期発見ができ、早々に治療に入れます。そこで今回は、水頭症とはどんな病気か、原因と症状、治療法、予後、後遺症などについて、お話しします。もし、我が子に水頭症の症状が見られたら、すぐに病院で診察を受けましょう。

水頭症って何?その原因は?

人間の脳内には、脳脊髄液(髄液)という体液が循環しており、何か衝撃を受けた時に脳に与える影響をやわらげる働きをしています。この脳脊髄液は常に一定量で保たれており、産生された分は自然に吸収されるようになっています。水頭症とは、この脳脊髄液の産生、循環、吸収のバランスが崩れ、脳内に溜まってしまう病気です

先天性の原因

先天性の原因としては、「中脳水道狭窄」「脊髄髄膜瘤」「X染色体劣性遺伝」など、赤ちゃんの脳や血管異常が考えられます

後天性の原因

後天的な原因としては、出生時の外傷による脳室内出血や髄膜炎、脳炎、脳腫瘍などがあげられます。

こうした病気だけでは脳脊髄液の量に影響はないのですが、周囲の血管が奇形になることで、脳脊髄液の流れが妨げられることで水頭症を発症します

水頭症の症状は?どうやって診断するの?

birth-466140_960_720

水頭症になると、赤ちゃんに様々な症状が表れます。まず、頭頂部の大泉門がふくらむことです。赤ちゃんの頭蓋骨はまだくっついていませんので、脳脊髄液がたまってふくらむと、脳室の圧力で骨を押し広げます。その結果、頭が肥大化するのです。

また、嘔吐や頭痛「落日現象」とよばれる黒目の下半分がまぶたにかかって白目が目立つ状態になる、赤ちゃんが不機嫌、頭部の皮膚が薄くなり血管が目立つ、頭部の皮膚が光って見える、首がなかなか座らないなどの症状が出ます。

水頭症の検査方法は、頭値の測定CTMRIによる検査です。頭値を測定した時に、大きく成長曲線を上回っている場合に、CTやMRIでの画像診断に進みます。脳内の様子を確認すれば、水頭症かどうかすぐにわかります

水頭症の治療方法は?治すことはできる?

もし、赤ちゃんが水頭症と診断されたら、治療方法は手術しかありません。最も多く行われている手術が、「シャント手術」です。脳室からお腹まで「シャント」という管をつなぎ、脳内に溜まった脳脊髄液を流して、腹膜で吸収させるという方法です。場合によっては、心臓につなぐこともあります。

手術自体はさほど難しくなく、脳室の大きさを正常に近づけることで、様々な症状を軽減することができます。ですが、赤ちゃんの成長に合わせて、何度も再手術を行い、シャントを交換しなければなりません

この他にも、「第三脳室底開窓術」という方法があります。これは内視鏡で脳室の底に穴を開け、溜まった脳脊髄液を出すという方法です。ですが、水頭症の原因によって手術が受けられないこともあります。そして、水頭症自体は完治することはありません

後遺症を残さないためには早期発見が大事

水頭症を放置すると重篤な障害がおきたり、後遺症が表れたり、最悪の場合は命を落とす危険がある病気です。ですが、治療方法自体は確立されている病気なので、早期に発見し治療を始めれば、症状を改善させることができます

それは、赤ちゃんの成長や発達の遅れを改善するとともに、神経や知能への障害を残さないことにもつながります。もし、水頭症に似た症状が出た時には、小児科または脳神経外科を受診して、お医者さまに相談してみましょう。

  関連記事

赤ちゃんが高熱を出してしまった?熱を冷ましてあげるにはどうしたらいいの?病院には連れて行くべき?

赤ちゃんの平熱というのは大人に比べて高いもの。多少個人差はありますが、36.5度 …

教えて!ベビーカーと一緒にバスに乗る方法と注意点とは?

ベビーカーは赤ちゃんをもつママにとって無くてはならない育児グッズですよね。普段の …

乳児脂漏性湿疹とは?原因や予防法を知って赤ちゃんのお肌を守ろう!

生まれたばかりの可愛い赤ちゃん。ツルツルの肌に頬ずりしたくなりますよね。ところが …

生後1ヵ月の赤ちゃんが吐く原因と予防法を知っておこう!

生後1ヵ月の赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませた後、噴水のように吐かれて、不安になる …

覚えておきたい!ママと乳幼児の防災用非常食のこと

災害は、いつおこるか予測しきれません。そして、誰もが被災者になる可能性があります …

増える引きこもり育児に警鐘!子供への悪影響と抜け出す方法

近年、社会とうまく適合できずに家の中に引きこもる方が増えてきました。中には子ども …

新生児と乳児ってどう違うの?いつまで新生児と呼べばいい?それぞれの期間はいつからいつまで?

生まれたばかりの赤ちゃんを「新生児」と呼ぶことは知っていても、「乳児」や「乳幼児 …

新生児訪問は受けなければいけないの?目的や内容とは?

厚生労働省では、母子保健法に定められた事業として、「新生児訪問」を行っています。 …

赤ちゃんの些細な反応を示す原始反射!その種類と特徴とは?パラシュート反射ってなに?

生まれてきた赤ちゃんは誰に教えられたわけでもなく、ママの母乳を飲んだり、手に触れ …

生後1ヵ月の赤ちゃんの睡眠時間はどれくらい?睡眠リズムも考えてあげよう

0歳1カ月は睡眠時間が長い!赤ちゃんがぐっすり眠れる環境作りにも力を入れましょう …