ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

出生後の呼吸循環適応障害である、新生児肺高血圧症について

   

a5cf98e422499e33f36703ac4cd2242d_s

無事に正産期を迎えての出産だったとしても、トラブルがおこることがあります。生まれた赤ちゃんが、呼吸循環適応障害である「新生児肺高血圧症」になる可能性もあるのです。

この新生児肺高血圧症は別の基礎疾患の二次性でおこることが多い病気で、基礎疾患によっては予後が悪いケースもあります。そこで今回は、新生児肺高血圧症とは何か、その原因と症状、治療法などについて、お話しします。

出生後にNICUで治療を受けることが多い病気なので、正しい知識を持って、冷静に対処しましょう。

新生児肺高血圧症って何?何が原因でおこるの?

新生児肺高血圧症とは、赤ちゃんがお腹にいる時や出生後に低酸素血症がおこるなどの理由で、酸素がうまく取り入れられなくなる状態のことをいいます。

お腹にいる赤ちゃんは、胎盤を通して酸素を供給してもらっているので、肺の血管に圧力がかかっています。ですが赤ちゃんは生まれて呼吸を始めると、肺の血管への抵抗が低下し、血液が流れるものです。しかし、新生児肺高血圧症は出生後も肺の血管が収縮した状態が続き、酸素がうまく取り入れられなくなるのです。

原因の多くは、新生児仮死や胎便吸引症候群、先天性横隔膜ヘルニアなど、別の基礎疾患による二次的なものであることが多いです。また、妊娠中のママが、アスピリンやインドメタシンといった、非ステロイド性抗炎症薬を摂取したことでおこることもあります。

新生児肺高血圧症の症状とは?

新生児肺高血圧症の赤ちゃんにみられる症状には、呼吸数の異常、多呼吸、陥没呼吸といった強い呼吸障害があります。そして、上半身より下半身に強いチアノーゼができます。これは、動脈管を介して、右から左にシャントした血液が流れるためです。

血圧が低いので脈拍が弱めですが、腕や足と場所が違っても脈の差はありません。赤ちゃんが泣いたり動いたりする、医師が処置をすることで、チアノーゼが強く現れることがあります。

この新生児肺高血圧症の症状は、出生時から発症していることが多いですが、生まれて1~2日の間にみられることもあります。出生時に低酸素血症やチアノーゼがみられる赤ちゃんは、新生児肺高血圧症の対象となり、血液検査や心臓超音波検査など、様々な検査が行われます。

新生児肺高血圧症の治療法は?

bbcd6d61d16289a0a51105e3c26bda15_s

新生児肺高血圧症は他の基礎疾患の二次的なものとしておこることが多いので、元となる病気の治療を行います。それと同時に、赤ちゃんの肺動脈の収縮を促す交感神経の緊張をとくため、ストレスケアとして鎮静剤や鎮痛剤を使うことが多いです。

また、血中の酸素濃度をあげると肺動脈が広がりやすくなるので、酸素治療を行います。アンビューバッグを使ったバッグマスク換気や、気管内にカテーテルを挿入して人工的に呼吸を管理することまで、赤ちゃんの症状によってとられる方法はいろいろです。

そして、酸素治療で効果が出なかった時には、一酸化窒素吸入療法を行うことが多いです。治療方法については、お医者さまから説明があるので、指示に従いましょう。

新生児肺高血圧症の予後も理解しておこう

赤ちゃんが新生児肺高血圧症だとわかると、多くの場合はNICUに入院して呼吸管理をしながら治療を行います。その期間は、どんなに早くても1ヵ月はかかるといわれています。

また、重度の横隔膜ヘルニアや肺低形成など、肺血管床の発育が悪い場合には予後が不良で、死亡することもあります。また、退院できても酸素吸入が必要なこともあり、在宅酸素療法を行う子どももいます。

酸素が不要になる時期にも個人差があるので、お医者さまの指示に従って、在宅酸素療法を行いながら経過観察する必要があります。その点を理解して、家族でサポートしてあげましょう。

  関連記事

これだけは知っておきたい!お宮参りのマナーとは?

赤ちゃんが生まれてからするお宮参り。そんなお宮参りも知らないことも多いのではない …

高齢出産になればなるほど発症率が高くなる21トリソミー(ダウン症)とは?

晩婚化が進む日本では、必然的に高齢出産が増えています。そのため、21トリソミーの …

赤ちゃんに白湯を飲ませても大丈夫?便秘解消の効果も期待できる?

赤ちゃんは、通常は母乳やミルクを飲んでいますが、時期的に汗をかいて、水分蒸発が多 …

「先天性胆道拡張症」はどんな病気?ママが知っておきたい病気の話

みなさんは「先天性胆道拡張症」という病気、ご存知ですか?なんとなく「生まれつき胆 …

家庭保育園という教育方法の特徴は?その効果とは?

子どもの早期教育に関心があるママの中で、近年注目を集めているのが「家庭保育園」で …

抱っこは甘やかし?抱っこするのは何歳まで?

昔は「抱き癖がつく」などとよく言われたように、赤ちゃんや子供をあまり長時間抱っこ …

ウンチがゆるい新生児!下痢はどうやって見分けるの?対処法は?

新生児のうんちは、水分が多くゆるいものです。大人なら下痢かと疑うようなゆるさでも …

障害が残ることも!?新生児におきやすい核黄疸の症状や治療法について

生まれたばかりの赤ちゃんには、新生児黄疸といって皮膚が黄色くなる症状が出ます。こ …

突然の行動にびっくりしないよう!生後1ヵ月の赤ちゃんの原始反射やモロー反射をチェック!

知らないとおかしな行動に思えてしまうかも?原始反射について確認 0歳1カ月くらい …

赤ちゃんにベビーパウダーを使うのはOK?注意点はある?

いまのママは赤ちゃんだったころは、育児をする家庭には必ず、ベビーパウダーが置かれ …