ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんにも多くみられる、胃食道逆流症の原因と対処法とは?

   

ee961a5f4574e8bc92134a90c653bc75_s

生まれたばかりの赤ちゃんは、胃の形状が未発達なので、よくミルクや母乳を吐いてしまうものです。ですが、赤ちゃんがよく吐く原因が、「胃食道逆流症」の場合は、きちんと治療を受ける必要があります。

そこで今回は、乳児によくみられる胃食道逆流症の原因と症状、治療法について、お話しします。適切に治療しないと、別の病気を誘発してしまうこともあるので、赤ちゃんの症状を見極めて、早めに小児科に連れて行くことをおすすめします。

胃食道逆流症って何?その原因は?

胃食道逆流症とは、胃に入った食べ物や胃酸が、食道や時には口の中に戻ってくる症状のことをいい、子どもがかかりやすい病気の一つです。

人間の胃は、食べ物が逆流しないようになっているものです。ですが、生後3ヵ月ころまでの赤ちゃんの胃は、ふたをしていないとっくりのような形状なので、授乳後に少し動くだけでも、逆流しやすいのです。そのため、授乳中の乳児の姿勢がよくない授乳量が多すぎるなどの理由で、胃食道逆流症を発症しやすくなります。

また、乳幼児がカフェインニコチン副流煙にさらされることで、食物不耐性食物アレルギー消化管異常をおこすことが原因で、胃食道逆流症になることもあります。小児の場合は、炭酸飲料の飲みすぎも原因の一つです。

胃食道逆流症になるとみられる症状は?

赤ちゃんが胃食道逆流症を発症した時にみられる症状は、過度の嘔吐吐出です。乳児に多い逆流については、胃の逆流防止機能が完成する、1歳半ころに治まることが多いです。ですが、1歳半を過ぎても治まらない時には、胃食道逆流症と診断されることが多いです。

その他にみられる症状としては、胃の不快感神経過敏哺乳障害不自然な姿勢などがあげられます。また、胃酸が食道まで逆流すると、強い酸性であることから、食道が炎症をおこすこともあります。

そして、お腹の張り胸やけ胃もたれのどの違和感あるいはヒリヒリ感があらわれることもあります。中には、副鼻腔炎出血を伴う食道炎が発症することもあるので、注意が必要です。

胃食道逆流症の治療法とは?

39b8222475cd879ba86457994e247eec_s

乳幼児が胃食道逆流症を発症した場合の治療法は、年齢によって異なります。授乳期の赤ちゃんが発症した場合には、まずミルクの飲ませ方を改善します。横抱きするのではなく、上半身をおこして授乳することで、胃食道逆流症の症状が改善されます。

また、頻繁にゲップをさせるのも、一つの方法です。それでも、母乳やミルクが逆流してくるようであれば、ライスシリアルなどを混ぜてとろみをつけたミルクを与えます。授乳後はすぐに寝かせず、30分ほど上半身をおこしておくのも効果的です。

1歳半以降の幼児の場合は、頭を高くして寝かせることで、逆流を予防します。就寝時間の2~3時間前までに食事を終わらせること、寝かせる時には頭を15cmほど高くすること、カフェインや炭酸飲料の摂取を控えることも大切です。

それでも症状が改善されない場合は、胃酸を抑えたり、中和する、あるいは消化管の動きを整える薬が処方されることもあります。

病気を併発することがあるので、きちんと治療を受けよう

乳幼児が胃食道逆流症を発症する原因は様々ですが、胃酸によって食道粘膜が炎症をおこすと、「逆流性食道炎」をおこしてしまう可能性があります。また、胃食道逆流症が「気管支炎」や「肺炎」をおこす原因になることも多いのです。

生活習慣の改善や薬でも胃食道逆流症の症状が緩和されない場合には、手術を検討しなければなりません。そうした事態に陥らないためにも、胃食道逆流症が疑われたら、すぐに小児科に連れて行き、検査を受けましょう。

  関連記事

赤ちゃんにおしゃぶりをさせるのは悪いこと?おしゃぶりのメリット、デメリットを理解して判断しよう

「おしゃぶり」は赤ちゃんがグズグズしたときに大活躍しますよね。お菓子やおもちゃを …

障害が生じてしまうことも?脳性麻痺ってどんなこと?

「脳性麻痺」は、小児麻痺と混同されてしまうことが少なくありませんが、まったく別の …

赤ちゃん・新生児が低体温になるリスクとは?対策も紹介!

赤ちゃんは大人に比べると体温が高いですよね。体が熱くて熱があるのではないかと心配 …

赤ちゃんがゴシゴシと顔をこすってしまう!発疹ができてる場合も?その原因と対策方法は?

赤ちゃんが生まれて毎日少しずつ成長している我が子に嬉しさを感じながら子育てしてい …

シュタイナー教育って、どんな特徴があるの?おすすめの理由は?

近年、早期教育熱が高まっているようです。そのため、教育法について興味・関心を持つ …

赤ちゃんの鼻詰まり解消もできる万能「ベビーオイル」の使い方徹底ガイド

育児中のママが一度は手にしたことがある「ベビーオイル」。肌の保湿のために準備する …

子育てに自信がないときの対策は?考え方は変えられる?

晩婚化が進む現代の日本では、女性の初産年齢があがっています。それまで仕事でキャリ …

生後1ヶ月の赤ちゃんの気になる熱・咳・鼻づまり!原因は?対処は?

生まれて間もない赤ちゃんが熱を出したり、咳・鼻づまりがあったりすると、「もしかし …

夜泣きがひどい…海外の寝かしつけを学んでママもしっかり休もう

夜泣きは、一般的には早くて生後3か月頃からで、平均して生後半年から1歳くらいに始 …

夜驚症の原因って何?赤ちゃんにみられることもあるの?

赤ちゃんは、生後6~8カ月を迎えるころになると、夜泣きを始めることが多いです。こ …