ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

いざというときのために知っておきたい、ファミリーサポート制度のこと

   

1931dbdaa653df44aab0a4fbafc79c25_s

出産後、ママの体調が崩れたり、仕事に復帰したものの子どもが病気になってしまい、保育園に預けられないときに、パパや双方の実家にお願いできない家庭は、案外多いものです。

そんなときに活用したいのが、「ファミリーサポート制度」です。近年、子育て支援対策として、力を入れている地方自治体も多く、注目を集めています。

そこで今回は、ファミリーサポート制度とは何か、どんなときに利用できるのか、利用するための手続き、実施団体と費用の目安について、お話しします。その内容を知った上で、いざというときのために、登録するか否かを検討してみてください。

ファミリーサポート制度って何?どんなときに使えるの?

ファミリーサポート制度とは、子どもを時間単位で預けることのできるシステムのことで、ファミリーサポートセンターが行っています。

育児のサポートをお願いする場合は、保育園の送迎や、保育園が始まるまであるいは終了後、小学校の放課後や学童保育後、夏休みや冬休みなどの長期休暇中、保護者の病気や急用の場合、冠婚葬祭や兄弟の学校行事などで、子どもを預けたいときに、時間単位で利用できます。

また、働くママの場合は、あらかじめ残業や休日出勤が決まっているとき、病児保育室が満室で預けられないときなどに、事前に手配をしておくことができるので便利です。

ただし、子どもを預かってくれるのは、保育士などの有資格者ではありません。登録している、一般の方に預けることになります。

ファミリーサポート制度を利用するにはどうしたらいいの?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

ファミリーサポートセンターはそもそも、地域の中で育児や介護のサポートを受けたい人と行いたい人の両方が会員となり、相互に助け合う会員組織です。そのため、ファミリーサポート制度を利用したい場合は、まずファミリーサポートセンターに登録する必要があります。

登録にあたっては、提供会員という、育児をサポートしてくれるスタッフの方を紹介してもらい、打ち合わせを行う必要があります。

ファミリーサポートセンターの本部から紹介されるのは、近所に住んでいる提供会員か、希望する曜日や時間などの条件がマッチする人です。打ち合わせでは、お子さんとの顔合わせと性格や好み、持病やアレルギーなどの注意事項を伝えておきます。継続的に利用する場合は、利用日も打ち合わせておきます。

ファミリーサポート制度はどこが行っているの?費用の目安は?

ファミリーサポート制度を行っているのは、地方自治体と企業に大別されます。

地方自治体

地方自治体の場合は、前述したように事前に面談を行い、利用会員あるいは提供会員のどちらかの家で、子どもを預かってもらうことになります。一度お願いしてみて、提供会員と子どもがマッチしなかった場合は、別な人を紹介してもらうことができます。

費用の目安としては、1時間700~1,000円前後が目安で、日祝日は100円増し、おやつやごはんをお願いするときは200~500円前後の追加料金が必要になることが多いです。

企業

また、企業がファミリーサポート制度を行うこともあります。この場合は、ベビーシッターの派遣のような形で、事前の顔合わせがないこともあります。

大抵は登録時に20,000~30,000円の入会料を払い、年会費が10,000~15,000円前後、保育料は一般で1時間2,000~3,000円、病児預かりの場合は1時間4,000~8,000円が相場のようです。

乳児の沐浴やおやつ、ミルク、食事の費用は別途必要なので、利用前に確認しておきましょう。

トラブルにならないよう、上手に活用しよう

ファミリーサポート制度は、時間単位でお願いしたいときに利用できるので、保育園に預けるより融通がきくというメリットがあります。

ですが、研修は受けているものの、預ける相手が有資格者ではないこともあり、子どものケガや病気をきっかけに、トラブルに発展してしまうケースも少なくありません。

地方自治体や企業では、登録時に保険加入を義務付けているので、利用会員と提供会員という当事者間で話をするのではなく、本部を通すことが大事です一時的な託児をお願いするのに便利な制度なので、事前に登録しておくことをおすすめします。

  関連記事

赤ちゃんのうんちに血がまじる原因は?病院に行く必要があるのはどんな時か知っておこう!

0歳1ヵ月の特徴といえば赤ちゃんが生まれて間もない時期ということもあり、些細な体 …

育てやすい「きょうだい構成」ってあるの?きょうだい構成の特徴について徹底解明!

あなたは、理想の子どものきょうだい構成、人数について考えたことがありますか? 一 …

赤ちゃんに靴下を履かせてもいいの?靴下を履かせるべきタイミングはいつ頃から?

赤ちゃんの服装の中でも靴下はどのころから履かせるべきかなど、時期やタイミングに悩 …

教えて!ベビーカーと一緒にバスに乗る方法と注意点とは?

ベビーカーは赤ちゃんをもつママにとって無くてはならない育児グッズですよね。普段の …

乳児におこりやすい先天性のヒルシュスプルング病のこと

ヒルシュスプルング病は、先天性の病気の一つです。新生児から乳児期にかけて発症する …

赤ちゃんの頭の形が気になる!矯正するにはどうすればいいの?

大人は頭の形を気にすることはあまりありませんが、髪の毛の少ない赤ちゃんのころは頭 …

熱がある赤ちゃんの離乳食、どうしたらいいの?体調不良時の離乳食ガイド

体調が悪いとき、赤ちゃんは言葉で伝えることができません。しかし、ぐずったり食欲が …

家庭保育園という教育方法の特徴は?その効果とは?

子どもの早期教育に関心があるママの中で、近年注目を集めているのが「家庭保育園」で …

実は膿が原因だった?赤ちゃんの外耳炎の原因や対処法について教えて

赤ちゃんの耳の病気で思いつくのがまず、中耳炎という方が多いのではないでしょうか。 …

性別の違いで育て方を変えるべき?男のと女の子の違いを理解して子育てに役立てよう!

ママとパパにとっては、男の子でも女の子でも可愛い我が子に変わりはありませんし、新 …