ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

脳障害をおこすことも!?高ビリルビン血症ってなに?

   

baby-1271742_1280

新生児におこりやすい病気「高ビリルビン血症」についてご存じでしょうか?

妊娠、出産を乗り越えてようやく出会えた赤ちゃん、その後も元気に育っていってほしいですよね。産後の新生児におこりやすい病気について知っておけば、病気の早期発見、早期治療につながります。

今回は新生児でおこりやすい高ビリルビン血症について、どのような病気で、どのような症状が出るのか、治療方法などについて詳しく紹介していきたいと思います。

赤ちゃんにおきる高ビリルビン血症ってどういうものなの?

新生児には生後数日で黄疸が認められます生理的新生児黄疸と呼びます)。黄疸とは、血液中にビリルビンという胆汁色素が増加することにより、皮膚や目が黄色くなる状態をいいます。

新生児が黄疸になるのは、生後に不要になった赤血球の破壊が進み、黄疸の原因であるビリルビンが生成されやすいこと、ビリルビンを処理する肝臓の機能が不十分であることなどがあげられます。新生児の場合、通常はそのまま様子観察にて1週間ほどで自然軽快するため問題ありません。しかし場合によっては治療が必要となることがあります。

高ビリルビン血症とは、体の中のビリルビンの値が一定の基準値よりも高くなり、治療が必要な状態の黄疸をいいます。高ビリルビン血症を放置すると、ビリルビンが脳組織に結合して神経障害を残すこともあります。

発見が遅くなると、黄疸が治癒した後も運動発達の遅れが見られたり、脳性麻痺に至ることもあります。

高ビリルビン血症になる原因はなに?どうして新生児はなりやすいの?

高ビリルビン血症になる原因はいくつか考えられます。

まず第一に、ママと新生児の間で血液型が不適合であることから、急激に新生児の赤血球の崩壊がおこり、重度の黄疸を発症することがあります。

ママがO型で子どもがAもしくはB型の場合や、ママがRhD(-)で子どもがRhD(+)の場合に、一部の新生児で発症することが多いです。いずれの場合も、ママの血液中のIgG抗体という免疫グロブリンが、胎盤を介して子どもに移行することで、子どもの赤血球を急激に破壊することが原因となります。

またその他の原因として、頭血腫などの体内の出血や多血症といった疾患、新生児が感染症にかかった場合、先天性消化管閉鎖などの先天性疾患によるものなどが原因として考えられます。また早産低出生体重児など新生児が未熟な場合は、肝臓の機能が不十分であり、黄疸を発症しやすくなります。

見逃さないで!高ビリルビン血症の症状って?診断方法は?

症状としては、皮膚や眼球の色が黄色くなります。生理的新生児黄疸の場合は、徐々に黄色が薄くなり、1週間ほどで消失しますが、高ビリルビン血症の場合、体内のビリルビン濃度が下がるまで黄色が続きます。また便が白くなることがあります。

診断方法としては、皮膚に当てるだけでビリルビン濃度を測定できる器材があるため、それを用いて血清ビリルビン値を測定します。目視での皮膚や、上記方法で高ビリルビン血症が疑われる場合には、採血を行い血清ビリルビン値を測定します。またビリルビンの中でも特に脳への毒性が強い非抱合型ビリルビンを測定し、治療の基準とすることもあります

また原因として、母子間の血液型不適合が疑われる場合には、母児の血液中に抗体が生成されていないかの検査を行います。感染などその他の原因が疑われる場合は、その原因疾患についての検査も行われます。

どうやって治療するの?光線治療ってなんだか怖そう…

a468fb72ba6bc892fa6efc61b12e5c14_m

高ビリルビン血症の治療法としては、一般的に光線療法が行われています。

光線療法とは、特殊な波長の光を皮膚に当てることで、ビリルビンを分解する治療法です。この光線は、網膜に悪い影響を与えることがあるため、治療中は赤ちゃんにアイパッチをして、目を保護して治療を行います。全身に光線を当てるため、赤ちゃんは裸になり、保育器の中で光線を受けます。

光線療法を行うと、ビリルビンは水に溶けやすくなり、尿や便中に排泄されます。それにより血液中のビリルビンの値は低下します。

治療は24時間継続して行うため、ママは保育器の周りで見守ることになります。

24時間後に採血を行い、ビリルビンの値が基準値より下がっていれば、治療は終了です。ビリルビン値がまだ高い場合は継続して治療を行います。

光線を当てると、新生児の皮膚から水分が出ていきやすく、脱水になりやすいため、積極的に母乳やミルクを飲ませる必要があります。

日頃からの観察で、少しの変化にも気づけるようになろう

新生児におこりやすい「高ビリルビン血症」について、少し分かって頂けたでしょうか。入院中は病院でもしっかりと観察、検査を行っていますが、ママ自身もなにか気になる事があれば、すぐ先生に相談するようにしてくださいね。

特に高ビリルビン血症は目で見て分かりやすい病気のため、早期発見が可能です。早く病気が見つかり治療を行えば、きちんと治る病気ですので、日ごろから赤ちゃんをしっかりと観察し、少しの変化にも気付けるようにしてくださいね。

  関連記事

赤ちゃんが反ることが多いのはなぜ?えびぞりすると病気の可能性があるの?

赤ちゃんを抱っこしたり、おぶっているとき、さらに寝かせているときにも、赤ちゃんが …

赤ちゃんが目をこすっているときの病気の可能性と受診の目安をご紹介!

小さな赤ちゃんが眠そうに目をこすっている姿は、とても愛らしくうつりますよね。でも …

なんだか赤ちゃんが苦しそう!?新生児のいきみ・うなりがおこる原因とは

生まれたばかりの可愛い赤ちゃん。寝顔やぼんやりとおきているところを見ているだけで …

お食い初め歯固めの石とは?その選び方と用途・価格帯

赤ちゃんが誕生すると健やかな成長を願って色々な行事がありますよね。そんな中でも「 …

障害が残ることも!?新生児におきやすい核黄疸の症状や治療法について

生まれたばかりの赤ちゃんには、新生児黄疸といって皮膚が黄色くなる症状が出ます。こ …

いろいろな種類のものがあるって本当?先天性代謝異常ってどういうもの?

人は食べ物を摂取すると、それを消化し酵素によって分解、合成してエネルギー源に変換 …

ベビーカーはいつからいつまで必要?A型とB型の違いとは?

赤ちゃんを迎える準備をする過程で、いろいろなベビー用品を購入することと思いますが …

暖かくて可愛い秋冬のベビーウェアの選び方

生まれて1歳半くらいまでの間は、赤ちゃんがぐんぐん目に見えて大きくなる、人間の一 …

知っておきたい!乳幼児消化管アレルギー(ミルクアナフィラキシー)のこと

ママの母乳が出ない、あるいは足りないときに、ミルクを足すことがあります。近年のミ …

赤ちゃんの肌トラブル「乳児発疹」にワセリンや馬油が効くって本当?そのメリット・デメリットは?

生まれたばかりのかわいい赤ちゃん。すべてがまっさらできれいな状態のはずなのに、あ …