ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

このアザは消えないの?赤ちゃんのサーモンパッチの原因は?

   

baby-shoes-1796582_960_720

生まれて間もない赤ちゃんには赤や青のあざがあることがあります。あざの中には生まれた時からあるものや、生まれてしばらくしてから出てくるものもあります。赤ちゃんにあざができるとママは心配になってしまいますよね。

特に「サーモンパッチ」と呼ばれる赤いあざは、顔にできる赤いあざのため、赤ちゃんの顔という目立つ所にできると、ママは余計に気になってしまうと思います。今回はサーモンパッチとはどういうもので、原因や症状、注意することや、治療法について紹介したいと思います。

サーモンパッチってどんなもの?病気なの?

サーモンパッチとは境目のはっきりしない、平らな赤、またはピンク色のあざで、産卵期のサケにあらわれる赤い模様に似ているために、この名前がついています。おでこの中央やみけん、まぶた、上くちびる、鼻の下など、顔の中心線近くに沿って出来るのが特徴です。一方で後頭部にできる赤いあざを「ウンナ母斑」と呼んで区別しています。

基本的には、そのまま何もしなくても、1歳~2歳くらいまでには自然と消えてしまう心配のないあざになります。あざが赤ちゃんの顔にできていると心配になってしまうと思いますが、特に病気ではないのでママは過度に心配しすぎないようにしましょう。

サーモンパッチができてしまう原因ってなに?どんな症状が出るの?

サーモンパッチは母斑の一種です。通常、皮膚にできる血管やメラニン色素の割合は決まっていますが、偶然ある部分に集まってしまうことで母斑となると言われています。

特にサーモンパッチなどの赤い母斑は、血管が関係しています。赤ちゃんが泣いたり、いきんだりすることで、血管が拡張し、血行が良くなって、あざが見えやすくなるのです。ほとんどの場合、遺伝性もなく、たまたま皮膚での血管の量が通常と違ってしまったことによって偶然おこるものであり、それ以外の原因は特に言われていません。

赤ちゃんにあざが出来ると「何か自分に問題があったのでは」と責任を感じるママもいるようですが、特に妊娠中の過ごし方などとは関連がないため、気にしないようにしましょう。
出来る場所によっては目立ってしまいますが、赤ちゃんにとっては特に痛みやかゆみといった症状はありません。

苺状血管腫にも似てるけど、違うものなの?

strawberries-1303374_960_720

赤ちゃんにできる赤いあざとしては顔にできる「サーモンパッチ」や後頭部からうなじにかけて出来る「ウンナ母斑」、そして生後1か月までの間に出始める「苺状血管腫」、体中どこにでも見られ、境目のはっきりした平らな「単純性血管腫」があげられます。

苺状血管腫は生後数日~1か月の間に体に赤い斑点が現れ、急速に大きく盛り上がり、表面が苺のつぶのようになります。サーモンパッチは平らなあざなので、盛り上がってきたら苺状血管腫の可能性があります。通常6か月過ぎから赤みが少しずつ消え、6~7歳ごろまでには自然となくなることが多いです。

しかし時には皺が残ったり、大きなものは完全に消えない場合もあります。また時にはかなりの大きさになる場合もあり、出来た部位によっては、視力障害や開口障害、難聴、呼吸困難といった機能障害をおこす場合もあり、その場合は早期治療が必要となります。

皮膚の疾患は、素人では見分けるのが難しいため、あざが出来て心配な場合は皮膚科を受診して、医師に判断してもらうようにしましょう。

成長してもなかなか消えない…どうやって治療したらいいの?

サーモンパッチは通常は1~2歳ごろまでには自然と消えることが多いですが、あざの濃さや大きさによっては消えにくい場合もあります。もし消えない様ならレーザー治療が一般的に行われています。

消えないあざがある場合は、小児科よりも皮膚科の方が専門になります。まずは近くの皮膚科に相談してみましょう。レーザー治療が必要な場合はレーザー治療を行っていて、赤ちゃんの治療も行ってくれる専門医を紹介してもらいましょう。

レーザー治療の費用は、治療に使うレーザーの種類や、あざの種類や大きさによっても異なります。最近は保険がきくものも増えてきているため、専門医に確認するようにしてください。レーザー治療は生後1か月の赤ちゃんからでも可能ですが、サーモンパッチの場合は消える可能性もあるため、治療の時期については専門医と相談するのがいいでしょう。

慌てず気長に様子を見て

サーモンパッチについて少し分かっていただけたでしょうか?赤ちゃんの顔にできる赤いあざのため、過度に心配するママも多いですが、通常は自然と消えることがほとんどで、もしうっすらとあとが残ってもレーザー治療できちんと治すことができます。

赤ちゃんの赤いあざを見ても焦らずに、まずは皮膚科を受診し診断してもらいましょう。またサーモンパッチと診断された場合は、慌てずに気長に様子を見て、成長と共に消えるのを待ってみてくださいね。

  関連記事

赤ちゃんが水頭症といわれたら。後遺症を残さないためにすべきこと

日本では1000人に1人の割合で、「水頭症」の赤ちゃんが産まれているというデータ …

乳幼児健診はいつ頃受ける?目的や内容、注意点を紹介!

私たちの体の中には表面上には見えてこない病気などが隠れているケースもあります。こ …

赤ちゃんの泣き声には世界に共通した種類がある!これを知れば泣き声までも大好きになれる!

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とよく言われますね。泣くことは元気な証拠でもありますが …

乳幼児突然死の原因にも!?赤ちゃんの「うつ熱」について知っておこう

体温が高くなる高体温という症状には、病気の時の“発熱”以外に“うつ熱”というもの …

赤ちゃんの入浴剤使用はいつから?選び方と注意点、誤飲の対応法

お風呂といえば一日の疲れを癒してくれるものです。毎日入浴剤を選ぶのが楽しみという …

夜泣きがひどい…海外の寝かしつけを学んでママもしっかり休もう

夜泣きは、一般的には早くて生後3か月頃からで、平均して生後半年から1歳くらいに始 …

母乳が足りないことを見逃さないために、覚えておきたい赤ちゃんからのサインのこと

初めての育児に取り組むママにとって、母乳がきちんと出ているのか、きちんと足りてい …

「先天性胆道拡張症」はどんな病気?ママが知っておきたい病気の話

みなさんは「先天性胆道拡張症」という病気、ご存知ですか?なんとなく「生まれつき胆 …

赤ちゃんの先天性疾患の一つである、神経管閉鎖障害のこと

厚生労働省は妊活中あるいは妊娠中の女性に対し、お腹の赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」 …

どの赤ちゃんにもおこりうる「低血糖」!新生児の低血糖について知り、早期に対応できるようにしよう!

生まれたばかりの赤ちゃんは、「低血糖」になりやすいことをご存知ですか?赤ちゃんは …