ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

産まれたばかりなのに生理が来る?新生児月経とは?

   

baby-19261_640

女の子は妙齢になって来ると、妊娠の準備として月経が始ります。大人への一歩として、女の子の成長を感じる体調の変化でもありますよね。

しかし稀に、生まれたばかりの赤ちゃんに月経のような症状が現れることがあります。「新生児月経」と呼ばれる症状は、生まれてから3日から5日目程度の女の子に現れる現象です。

びっくりしてしまう人が多い症状ですが、どのようなメカニズムでおきるものなのか、おきたときはどう対処すれば良いのかをきちんと学んでおけるようにしましょう。

赤ちゃんなのに生理?どうしてそんな現象がおこるの?

新生児月経がおきてしまう理由は、母体から送られる女性ホルモンによるものです。

妊娠している間、女性の体内では、エストロゲンプロゲステロンなどの女性ホルモンが大幅に増加します。これは、妊娠や出産に備えて、様々な器官を活発に稼働させるためです。この女性ホルモンたちが働き、お腹の中にいる赤ちゃんの子宮内膜が、月経の際と同様に肥大することがあるのです。

無事に生まれて来たあと、へその緒が切れ、母体との繋がりが絶たれることによって、赤ちゃんの体内から女性ホルモンは急激に減っていきます。ママの女性ホルモンが送り込まれなくなるので当たり前のことであり、特に悪影響ではありません。しかしこのことによって、子宮内膜から消退性出血がおきるこがあり、これが新生児月経となるのです。

症状はどんなものがみられるの?大人の女性と同じようなこと?

新生児月経の症状は、一般的な女性のごく平均的な月経と比較すると、出血自体も非常に少量です。血液の量は赤ちゃんのオムツに少し血液が付着する程度で、それも大体一週間程度で収まっていくのが基本となっています。

血液の量や期間は個人差が大きく、赤ちゃんによってはもう少し長引くこともありますし、数回出血しただけですぐに収まってしまうこともあります。ずっと血液が流れ続けたり、貧血になってしまうようなレベルで出血がおきてしまうということはまずありません

また、新生児月経とは呼ばれるものの、あくまで一時的な出血のみを指しているため、大人の女性が悩む生理痛やPMSのような症状もおきないので、心配はありません。

そのため、赤ちゃんに対して新生児月経用の特殊な対策をとったり、医薬品を用意したりする必要はなく、何か特別身体に異常がおきて発症してしまうというものでもありませんから、専門医への受診も、基本的には必要ないでしょう。

どうやって対処したらいいの?あまり深く心配をしなくていいのかな?

新生児月経は、基本的に特別な対処は必要ありません。PMSや生理痛もおきないものですから、これまで通り、生まれたばかりの赤ちゃんの育成に必要な対処をすれば、特に問題はありません。

赤ちゃんの場合はオムツをしていますから、大人の月経時のように、専用のナプキン等を用意することもありません。出血が気になる場合は、こまめにオムツを替えてあげるようにしましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは肌がデリケートですから、出血以外でもオムツのムレで肌がかぶれてしまったり、あせもが出来てしまったりすることがあります。

新生児月経は、どうしても慌ててしまう人が多いです。生まれたばかりの赤ちゃんが出血してしまったら、確かに心配になってしまうものですよね。しかし、妊娠をしている間に、ママとしっかり繋がっていたからこそおきる症状でもあります。慌てず様子を見て、出血があまりにも長い場合や、その量が著しく多い場合などに医師に相談できるよう、慎重に様子をみてあげてください。

類似した症状の病気もあるから、注意して観察しよう

新生児月経自体は、特に何かの異常や障害ではありませんから、過度な心配は必要ありません。しかし、新生児月経によく似た症状で、それ以外の何らかの疾患であるパターンもありえます。

極端に出血が多いときや、一週間以上出血が続いている場合をはじめとして、出血しているときに赤ちゃんが激しく泣いているときや機嫌が悪いときは、何らかの別の疾患の危険性があります。

また、月経として出血しているのではなく、大便の方に血液が混入していたり、やけに黒っぽい大便が出る場合も、新生児月経ではないことが多いです。

早まって新生児月経だと判断してしまい、放置し続けてしまうことで赤ちゃんの疾患に気づくのが遅れてしまって、対処や治療の著しい遅延が生まれてしまうケースもあり得ます。

赤ちゃんの体調は非常にデリケートで、何らかのトラブルがおきた場合は、出来るだけ迅速な発見と対処が求められています。新生児月経とは明らかに違う様子が見える場合は、専門の医師の迅速な診察を受けましょう。

ママは焦らず落ち着いて様子を見よう

c54a8e700f5bc0c707acda367bf1d5e7_s

新生児月経はびっくりして慌ててしまう人も多いです。生まれたばかりの赤ちゃんが月経になるというパターンを想像出来ない人も少なくありません。しかし、新生児月経であれば、特に心配する必要はありません

赤ちゃんに何らかの負担がかかっているわけでもないので、終わるのを待てばよいでしょう。しかし、新生児月経ではなく、何らかの疾患による出血の可能性もあります。ママやパパは慌てるのではなく、冷静に赤ちゃんの状態を見られるようにしましょう。

  関連記事

いつ?どれだけ?0歳1ヵ月の赤ちゃんのミルクや母乳の量と授乳間隔について

たくさんあげてもいいの?などと悩んでいるママのために授乳についてご紹介します 赤 …

赤ちゃんが蚊に刺されるはどうやって防げばいい?刺されてしまった場合の治し方は?

日本の夏の風物詩の蚊は、刺されると痒く、大人でも嫌なものです。それが赤ちゃんの肌 …

ターナー症候群とはどんな病気?赤ちゃんでもわかるの?

みなさんは、「ターナー症候群」という病気を知っていますか?これは、女の子に最も多 …

赤ちゃんでもかかることがある!肛門周囲膿瘍の原因や症状、治療方法のこと

赤ちゃんのおむつ替えをしているときに、肛門のあたりが腫れていたり、おできができて …

ホワイトノイズが赤ちゃんの夜泣きに効果があるって本当?効果的な使い方は?

赤ちゃんの月齢が高くなると、夜泣きに悩むママが、比例して増えてくるものです。 夜 …

次の子どもを産むのはいつにする?2歳差育児のメリットとデメリットとは?

子どもは2人以上欲しいと考えているご夫婦にとって、初めてのお子さんの育児に慣れる …

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのはなぜ?原因を理解して嫌がらないようにしてあげよう!

生まれてから2ヶ月が経過する頃になると赤ちゃんはママと一緒に短時間の日光浴を楽し …

赤ちゃんが高熱を出してしまった?熱を冷ましてあげるにはどうしたらいいの?病院には連れて行くべき?

赤ちゃんの平熱というのは大人に比べて高いもの。多少個人差はありますが、36.5度 …

乳腺炎の原因は食事ではなかった!乳腺炎を予防するために気をつけるべきこととは?

乳児健診での保健指導や母乳外来では、「乳腺炎の予防のためにも、食事に気をつけて」 …

母乳と粉ミルクの違いって何?成長に影響するの?

妊娠後期に入ると、赤ちゃんのものを揃え始めるママが多いことでしょう。その際、粉ミ …