ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

いろいろな種類のものがあるって本当?先天性代謝異常ってどういうもの?

   

7c9510f32acbd5398b93f7d3566c5cb8_s

人は食べ物を摂取すると、それを消化し酵素によって分解、合成してエネルギー源に変換しています。その仕組みを代謝と呼んでいます

赤ちゃんの中には、この代謝に関わる酵素が、生まれつき欠損している病気を持って生まれてくる子がいます。この病気を「先天性代謝異常症」と呼び、きちんと治療を行わないと、様々な症状が出ることがあります

今回はこの「先天性代謝異常症」についてどのような疾患で、どんな症状が出るのか、治療法についてなどを紹介したいと思います。

先天性代謝異常ってどういうものなの?

特定の遺伝子に先天的な変異があり、通常とは異なる代謝が行われて、何らかの症状が示される疾患の総称を「先天性代謝異常症」と呼びます。発症率は低いですが、その種類は500種類を超すと言われており、様々な先天性代謝異常症があります。

先天性代謝異常症の中には、治療方法が確立されておらず、予後不良な疾患もありますが、早期発見・早期治療を行うことで、症状の出現や悪化を防ぐことができるものもあります

先天性代謝異常症は、蓄積する物質(あるいは欠乏する物質)によって分類されています

アミノ酸が蓄積するならば「アミノ酸代謝異常症」、アミノ酸分解中に出る中間代謝体である有機酸が蓄積するならば「有機酸代謝異常症」、脂肪酸が蓄積するならば「脂肪酸代謝異常症」、糖質が上昇するならば「糖質代謝異常症」と呼ばれています。

さらにそれぞれのアミノ酸や有機酸、脂肪酸、糖質の種類によってさらに細かく別の疾患に分類されます。

先天性代謝異常の原因や主な症状はどんなもの?

先天性代謝異常症の原因は、遺伝によるものがほとんどです

遺伝により、代謝に必要な酵素蛋白が量的もしくは質的に異常を来たし、それによって体内での代謝が上手くいかず、代謝産物が異常に蓄積したり、欠乏したりすることで様々な症状が出ます

先天性代謝異常症は、出生時に症状がなくても、放置していると数週間あるいは数か月、数年後に障害が出現することもあります。そのため、なるべく早期に治療を開始する必要があります

先天性代謝異常症の症状は、蓄積あるいは欠乏する代謝産物によって変わります。しかし大部分の疾患では、精神発達遅延やけいれん、意識障害といった中枢神経障害が出ます。食欲不振などの発育障害も認めることが多いです

その他には、疾患によって嘔吐、下痢、肝腫大、特異な顔貌、骨格異常などを認める場合もあります治療を行わないと、命に関わったり、後遺症を残す場合もあります

先天性代謝異常ってどのタイミングでわかるの?

368af1238335081b98c1a416297da8af_s

先天性代謝異常症は、新生児マススクリーニング検査を受けることで分かることが多いです。新生児マススクリーニング検査は、現在生後4~7日目の赤ちゃん全員を対象に行われています。

これは、赤ちゃんのかかと部分から少量の血液を採取し、濾紙に血液を染み込ませて、それを検査センターに送り検査を行います。ただし新生児マススクリーニング検査で全ての先天性代謝異常症が分かる訳ではありません

従来の新生児マススクリーニング検査では「フェニルケトン尿症」「メープルシロップ尿症」「ホモシスチン尿症」「ガラクトース血症」「先天性甲状腺機能低下症」「先天性副腎過形成症」の6疾患が対象となっています。

また最近タンデムマス法が導入されるようになり、さらに多くの疾患が分かるようになってきています(対象疾患数は自治体により変わる)。

新生児マススクリーニング検査は、1~2週間ほどで結果が出ます。もし検査で確実に正常と判断できない場合は、もう一度同じ検査を行います(100人に1人程度の割合で再検査となります)。

初回の検査や再検査で異常が見つかった場合は、精密検査が必要になります

どうやって治療していくの?その方法は?

new_1a50c71f816b16233dd26be0619ec02e_s

先天性代謝異常症の治療方法は何が欠損しているのかによって変わってきます。しかし多くの疾患は食べ物を摂取した後に、ある食べ物の代謝が上手くいかないことで、体の中に不要なものが蓄積することが多いです

そのため、代謝が出来ない食べ物を摂らないように制限する、食事制限が必要になることがほとんどです。赤ちゃんの場合は、治療乳を与える場合もあります。

例えばフェニルケトン尿症では、フェニルアラニン水酸化酵素が先天的に欠損しているため、体内にフェニルアラニンが蓄積し、知的障害が生じます。

そのため赤ちゃんの時はフェニルアラニンを調整した特殊な治療乳を与えます。成長してからも低フェニルアラニン食を摂取し続ける必要があります。

また欠損している酵素や物質などを補うための薬物療法を行う場合もあります。先天性代謝異常症と診断された場合は、その後も生涯にわたり食事療法や薬物療法を継続していく必要があります

しかしママを含め、家族が疾患のことを理解し、きちんと治療を継続していくことで、症状の出現を抑えたり、悪化を防ぐことが出来ます

早期に治療を始めることで赤ちゃんはきっと元気に育つ

生涯にわたり治療が必要になることが多い先天性代謝異常症ですが、早くに見つけ治療を行わないと、様々な症状が出たり、時には命に関わることもあります

まずは新生児マススクリーニング検査をきちんと受けて、何か異常があった時は精密検査を受けるようにしましょう

ママは赤ちゃんが先天性代謝異常症と言われると驚かれると思います。しかし早期に発見し治療を開始することで、重症になる前に治療することができ、後遺症などの予防にも繋がるため、なるべく早期に治療を受けさせてあげてくださいね

  関連記事

いざというときのために知っておきたい、ファミリーサポート制度のこと

出産後、ママの体調が崩れたり、仕事に復帰したものの子どもが病気になってしまい、保 …

赤ちゃんは毎日お風呂に入れるの?シャワーじゃダメなの?

赤ちゃんを出産すると、病院で沐浴指導があり、退院後も毎日お風呂に入れることになり …

生まれたばかりの赤ちゃんが頭をぶつけたら?あせらずに冷静な対応を!

乳幼児が頭をぶつけてしまうと、親としてはとても心配になりますね。特に赤ちゃんは自 …

人前での授乳、ケープがあればOK?NG?授乳室がない場合の授乳マナーとは

赤ちゃんの授乳は、実に1日6回~12回と頻繁におきますよね!そのため、ママたちは …

乳児脂漏性湿疹とは?原因や予防法を知って赤ちゃんのお肌を守ろう!

生まれたばかりの可愛い赤ちゃん。ツルツルの肌に頬ずりしたくなりますよね。ところが …

インフルエンザのワクチンには卵成分が含まれている!?アレルギーを持った人でも予防接種を受けられるの?

冬になると毎年のように大流行するのがインフルエンザです。インフルエンザは高齢者や …

おむつかぶれになる原因は?ワセリンの効果・副作用、使用方法

赤ちゃんのおしりがかぶれてしまうと、とても痛そうでかわいそうですよね。お尻がかぶ …

赤ちゃんの泣き声には世界に共通した種類がある!これを知れば泣き声までも大好きになれる!

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とよく言われますね。泣くことは元気な証拠でもありますが …

乳児に多くみられる喉頭軟化症の原因や症状、治療法を教えて!

赤ちゃんが風邪をひいたことをきっかけに、苦しそうにゼーゼーと息をすることがありま …

内祝いって何?どのくらいのものを贈ればいいの?

子供が生まれると、今まで経験しなかったイベントがたくさんあります。そんなイベント …