ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

こんにちは赤ちゃん事業は何のためにあるの?その内容と問題点は?

   

5119e534e2e8d020407778af52e60957_s_427

厚生労働省は2007年4月、「こんにちは赤ちゃん事業」を創設しました。これは、児童福祉法に基づいている事業で、実際には地方自治体が行っています。

とはいえ、初めて妊娠しているママの中には、こんにちは赤ちゃん事業がどんなものかが、わからない人もいることでしょう。

そこで今回は、こんにちは赤ちゃん事業とは何か、その目的や内容について、お話しします。同時に、近年クローズアップされている、こんにちは赤ちゃん事業の問題点についても、一緒に考えてみます。

こんにちは赤ちゃん事業って何?その目的は?

こんにちは赤ちゃん事業とは、生後4カ月を迎えるまでの赤ちゃんがいる、すべての家庭に担当者が訪問し、家庭ごとの育児環境を把握し、母親や育児をサポートする人の相談にのったり、必要な支援情報を提供しています。

生後間もない赤ちゃんがいる家庭の中には、頼れる身内や友人が身近にいない、子育ての相談相手がいないなど、不安やストレスを感じながら育児に取り組んでいるママも少なくありません。そうした環境が、産後うつを発症させる可能性が高いのです。

こんにちは赤ちゃん事業により、訪問員が乳児がいる家庭と地域をつなぐことが、厚生労働省の目的なのです。そうした取り組みが、母子の孤立化や児童虐待を防ぐことにも有効だと考えられています

こんにちは赤ちゃん事業の内容とは?誰がくるの?

こんにちは赤ちゃん事業を担う訪問員は、地方自治体によって異なります。

その多くが、助産師や保健師、児童委員、母子保健推進員、保育士、栄養管理士などの専門家です。地域によっては、子育て経験者や、子育てサポーターなどの研修を受けた人を派遣するケースもあるようです。

こんにちは赤ちゃん事業の内容も、地方自治体によってさまざまです。

育児相談とアドバイス、必要な支援窓口や育児サークルの紹介などがメインで、原則的には1回きりの訪問になります。

ですが、入院中に産後支援の必要があると判断されたり、産後うつの可能性があるときには、継続的な訪問を行うこともあります。その場合、臨床心理士や家庭児童相談員が同行することもあります。

こんにちは赤ちゃん事業には問題点もある

92d5bf4900de5429fbf1301657254440_s

とはいえ、こんにちは赤ちゃん事業が定着し、誰もに受け入れられているかというと、そうではないのが現実です。実際に、こんにちは赤ちゃん事業の担当者の訪問を、拒否する家庭もあります。

また、こんにちは赤ちゃん事業の訪問員が、地域によっては保健師や助産師などの専門家ではなく、民生委員のこともあり、その場合は有益なアドバイスが得られないという声も上がっています。

子育て経験がない、あるいはあっても高齢で現在の育児方法に関する知識をもたない人に、個人的な価値観を押し付けるようなアドバイスをされることで、不愉快になったり、落ち込んでしまうママがいることも事実なのです。

もし、こんにちは赤ちゃん事業の訪問に関するお知らせがあったら、どんな人が訪問するのかを、事前に聞いておく方がよいかもしれません

先入観を持たず、上手に活用しよう

ed1d07a0b95d0be38c7aa8121908972e_s

こんにちは赤ちゃん事業は、地方自治体が出生届に基づいて、各家庭に連絡を入れるので、申し込みなどは不要です。

里帰り出産をして、自宅に戻るのが遅くなる場合は、生後5カ月以降に訪問をずらすこともあります。

見知らぬ人を家に入れることも、有益なアドバイスが得られないかもしれないことにも、嫌悪感や不信感があるママもいるかもしれませんが、専門家の訪問により、必要な支援が得られたケースもたくさんあります

まずは先入観を持たずにこんにちは赤ちゃん事業を活用し、何か不愉快なことがあれば、2人目以降は断るという選択肢もあります。地域の情報収集をするにはよい機会なので、上手に活用しましょう。

  関連記事

育児中、子どもにイライラしてしまう!その原因と対処法・解消法とは?

どんなに愛しい我が子であっても、一度もイライラせずに子育てをする親などいません。 …

赤ちゃんのしつけはいつから始めるものなの?その方法は?

初めて出産したママにとって、赤ちゃんの授乳やおむつ交換に追われているうちは、しつ …

赤ちゃんでもかかることがある!肛門周囲膿瘍の原因や症状、治療方法のこと

赤ちゃんのおむつ替えをしているときに、肛門のあたりが腫れていたり、おできができて …

母乳育児だと黄疸が長引く?母乳性黄疸について症状などまとめ

生まれたばかりの赤ちゃんは自分の体調を言葉で伝えてくれません。白目や肌が黄色っぽ …

これだけは知っておきたい!お宮参りのマナーとは?

赤ちゃんが生まれてからするお宮参り。そんなお宮参りも知らないことも多いのではない …

元気だけどダラダラ吐く、噴門弛緩症の原因と治療法とは?

人間の胃の入り口には「噴門」があり、胃に入った食べ物が食道に逆流しないように、閉 …

赤ちゃんに赤いアザが!ウンナ母斑の原因や治療法について教えて

生まれたばかりの赤ちゃんにはあざが現れる場合があります。「ウンナ母斑」も赤ちゃん …

赤ちゃんの沐浴ってどうしたらいい?時期やベビーバスの選び方は?

はじめて育児をするママにとって、赤ちゃんの沐浴は不安要素の一つではないでしょうか …

授乳するだけでやせるって本当?母乳ダイエットを成功させるコツは?

出産前に育児関連の情報誌やウェブサイトを見ていて、「母乳をあげているだけで、何も …

赤ちゃんの皮膚炎にステロイドが処方されたけど使用しても大丈夫?どんな時に使うものなの?

赤ちゃんにステロイドを使う際にはどんな注意が必要?副作用はある? ステロイドとい …