ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの言葉の第一歩!「クーイング」ってどんなもの?

   

debbcf681c9ae12f3b926b8ded4b6f71_s

赤ちゃんとの生活にもだんだん慣れてきた、生後3ヶ月頃。いつもどおり過ごしていると、赤ちゃんがご機嫌で「あー」「うー」と言い出した!寝て泣いての繰り返しだった赤ちゃんから、初めての「声」が聞けると嬉しいものです。

この赤ちゃんの初めての声は、「クーイング」と呼ばれています。クーイングは、本当に短い期間しか聞くことのできない声です。

そこで、ここではクーイングとはどんなものなのか、喃語との違いなどについてお話しします。クーイングについて知り、赤ちゃんの成長を思う存分味わえるようにしておきましょう。

クーイングって何?

クーイングとは、赤ちゃんが泣き声などとは違った「あー」や「うー」といった声を出すことです。鳩の鳴き声である「coo」が語源となり、クーイングと呼ばれるようになりました。

大人の言葉は、舌と喉を使って発声しますが、クーイングは喉の奥の方で母音だけを発する特徴があります。

クーイングをする赤ちゃんは、何かを伝えたくてクーイングしているのではありません。喉の発達に伴い、息を吐くときに声帯が震えて音が出るようになるのです。

機嫌のよい赤ちゃんがよくするため、「プレジャーサイン」とも呼ばれます。自分で音が出せるようになると、赤ちゃんも楽しいのでしょうね。

喃語とは違うの?

赤ちゃんの初めの言語として有名なのが「喃語」ですよね。「クーイング」と「喃語」は、どう違うのでしょうか。

喃語は、赤ちゃんが言葉を覚える前に出す、特に意味の伴わない声のことです。「あむ」「なむ」「ばばば」「あぱ」などの喉と舌を使って出す、母音と子音で構成された2つ以上の音節を指します。

クーイングは、先にも述べたように喉だけを使って出す母音なので、喃語の方が音の種類が多いのが特徴です。

赤ちゃんの言葉は、周りの大人の言葉などを聞きながら「クーイング→喃語→発語」の順で発達していきます

声を出すようになった赤ちゃんは、喉から出す音を変えたり、繰り返したりしながら赤ちゃん自身で楽しみます。繰り返し発声しているうちに出せる音も増えてきて、発語への準備が整っていくのです。

いつから始まる?クーイングの時期

赤ちゃんの初めての発声は、いつ頃から始まるのか楽しみですね。クーイングが始まる時期は、個人差があります。体の成長が個人で違うように、クーイング時期も人それぞれです。

クーイングは、一般的には生後3ヶ月頃になると始まります。早い子であれば、生後1~2ヶ月頃からクーイングを始める場合もありますが、「早ければいい」というものでもないので、比べず赤ちゃん自身の成長をゆったりと見守っていきたいですね。

反対に、生後3ヶ月を過ぎてもクーイングをしない子もいます。クーイングしないからといってあまり心配しすぎず、赤ちゃんに話しかけるなどの機会を増やし、音を出すことへの興味を持たせてあげたいですね。

喃語が始まるとクーイングはしなくなっていくので、かわいいクーイングを満喫しておきましょうね!

クーイングにはどう反応すると良いの?

赤ちゃんがクーイングをし始めたら、どのように反応したら良いのでしょうか。

一般的にクーイングに対してママが無反応よりも、反応した方が言葉の発達が順調に進むと言われています。反応の仕方のポイントをいくつかご紹介します。

オウム返し

単純なことですが、赤ちゃんのクーイングをママがオウム返しするだけでOK!赤ちゃんが「あー」と言えば、ママも「あー」と返してあげましょう。ママが同じように声を出してくれるだけで、赤ちゃんは嬉しく思い、さらにクーイングで発声してくれるでしょう。

これが言葉によるコミュニケーションの第一歩です。オウム返しであれば簡単にできるので、ぜひ実践してみてください。

高めの声で、抑揚をつけて話す

多くの方が赤ちゃんに話しかけるとき、無意識のうちに自分の声が少し高いトーンになった経験があるのではないでしょうか?これは「マザリーズ」と呼ばれる現象です。

赤ちゃんは、高いトーンで抑揚をつけて話す「マザリーズ」で話しかけられることが大好き!心が安定し、愛情をたくさん受けていることを実感できるからです。

またマザリーズは、ゆっくりとした話し方なので、言葉の発達にもとても有効です。赤ちゃんの精神的な安定と言葉の発達に大きな影響を与える「マザリーズ」を、クーイングへの反応にもぜひ取り入れてみましょう。

成長の証!赤ちゃんの言葉の第一歩を楽しもう!

d7725cf8247035f937d238bb970b1046_s

クーイングは、赤ちゃんの初めての言葉。クーイング自体には言葉の意味はありませんが、赤ちゃんの喉や口の中の成長が確認できる指標の一つです。

声を発したときにママが嬉しそうにしていることは、赤ちゃんにとっても嬉しいことです。笑顔で赤ちゃんのクーイングに応えてあげてくださいね。コミュニケーションは楽しいものだ!と思えるような関わりを心がけて行きましょう。

クーイングの声が聞けるのも、ほんのわずかな期間。ぜひ動画や録音などで、赤ちゃんのかわいい第一声を残しておくことをオススメします。

  関連記事

母乳は飲ませるだけじゃない!鼻づまりに有効な母乳点鼻のこと

母乳が赤ちゃんによいことは、育児雑誌や子育てサイト、母親教室の中などで、何度とな …

おむつの背中漏れ対策って、みんなどうしているの?

赤ちゃんが生後1ヵ月を迎える頃には、ママもお床上げが終わり、一人で育児と家事に奮 …

「新生児」とはどんな時期?新生児のあれやこれを徹底解説!

新生児、乳児、幼児や学童。こどもの発達段階を表現するときには、このように分類され …

赤ちゃんはいつから海外旅行に連れて行ける?注意点はあるの?

海外旅行好きなご夫婦の中には、赤ちゃん連れでのお出かけを考える人たちもいることで …

母乳育児とミルク育児と混合育児。それぞれのメリットとデメリットが知りたい!

初めての出産を迎えるママ、あるいは出産後に母乳が足りていないのでは?と不安に思っ …

赤ちゃんが鼻づまりのときにアロマを使って大丈夫?使用上の注意点とは?

鼻が低く鼻の穴も小さい赤ちゃんは、どうしても鼻づまりがおこりやすく、中で固まって …

大変!うちの赤ちゃん、ペットアレルギー!?ペットと共に幸せに暮していく方法

みなさんのお宅には、犬や猫などのペットがいますか?ペットがいると、癒されて生活も …

胎脂って?知っておきたい新生児の肌がカサカサになる原因

お腹から出てきたばかりの赤ちゃんの肌は、1ヶ月をかけて外部に適応していきます。 …

粉ミルク作りをもっと簡単にする裏ワザ6選!

粉ミルク作りはさほど手間のかからない作業ですが、1日に何度も繰り返す面倒臭さは否 …

慣らし保育は母子ともに試練!?気になる仕事との両立は?

共働き家庭が増え、育児休暇を終えれば職場復帰するというママも多いです。第一関門で …