ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新生児を含めた赤ちゃんの起こし方にはコツがあるの?

   

83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_s

待望の赤ちゃんが産まれて、大きな喜びや達成感を味わったママは、しあわせに包まれていることでしょう。ですが、そんな余韻にひたっている時間は長く続かず、新生児のお世話が始まります。

新生児の眠りは短く浅いので、「なかなか寝てくれない」「すぐにおきてしまう」という悩みを抱えるママが多いのですが、反対に「眠ってばかりいるけど大丈夫?」と不安になる子もいます。

そこで今回は、新生児を含めた赤ちゃんのおこし方について、お話しします。

新生児の睡眠サイクルとは?

お腹にいるときの赤ちゃんは、20分寝て、20分起きるという睡眠サイクルで過ごしていました。産まれてきたからといって、すぐに生活リズムができるわけでもないので、新生児は短い周期で寝たりおきたりをくり返します。

とはいえ、1日の80%は眠って過ごすのが普通です。赤ちゃんが成長するにつれ、睡眠時間は減り、おきている時間が長くなり、やがて半々のバランスに落ち着きます。

そのころには、夜にまとめて眠り、午前と午後に1回ずつ昼寝をするというリズムになることが多いです。この睡眠サイクルをつくるためには、起床時間や就寝時間、食事の時間を規則正しくして、生活リズムを整えることが大事です

遊びや散歩の時間も含めて、子どもの生活リズムをつくってあげましょう。

眠り続ける赤ちゃんはおこした方がいい?

赤ちゃんの中には、放っておくと延々と眠り続ける子もいるものです。授乳もせずに寝かせたままでよいのか、悩むママもいると思いますが、睡眠サイクルにも個人差があります。

月齢が低く、昼夜の区別がついていない時期の赤ちゃんであれば、その睡眠サイクルを尊重してあげて、問題はありません。ただし、眠ることを優先させてよいのは、きちんと体重が増えていること、おしっこを1日7回以上していることが大前提です

体重が思うように増えていないときには、おこして授乳させる必要があります。また、おしっこやウンチの回数が少ないのは、脱水症状が疑われます。心配な場合は小児科に連れて行き、診察してもらう方が安心です

また、母乳育児の場合は、授乳間隔がバラバラだと乳腺炎になりやすいので、注意してください

新生児を含めた赤ちゃんのおこし方とは?

0be4bbb88fa05a801c99d11e93b4709f_s

生後6カ月を迎え、離乳食を始めるようになったら、生活リズムを整える意味でも、赤ちゃんをおこす習慣をつけることをおすすめします。

新生児も含めた赤ちゃんのおこし方ですが、まず決まった時間にカーテンを開け、寝室に日光を取り込むことです。赤ちゃんに、「朝だよ。おはよう」と声をかけながら、足の裏を指圧したり、おむつを替えるなど、何かサインを与えてあげましょう

子どもによっては、口の周りを刺激したり、濡らしたガーゼで顔を拭くなどの刺激を与えるのも、効果があるようです。パパが夜遅い仕事をしているなら、朝の出勤前にお風呂に入れてもらうのも、目覚めさせるには効果的です。

朝の習慣を決めて、毎日決まった時間に行うようにしましょう。

生活リズムを整えるため、決まった時間におこそう!

とはいえ、赤ちゃんを朝決まった時間におこすためには、夜、きちんと睡眠をとらせることが大事です。日中にお散歩や外遊びを十分にさせ、夜も決まった時間に寝かせることで、生活リズムが整いやすくなります。

その上で、赤ちゃんがぐっすり眠れるように、寝具を清潔に保つ、寝室の温度や湿度を適切に保つ、寝室は暗くするなど、良質の睡眠がとれる環境をつくることが大切です。

休日だからといって、朝寝坊をさせると、簡単に睡眠サイクルが乱れます。大人の都合ではなく、子どもの成長を重視した、生活リズムを意識してあげてくださいね。

  関連記事

乳腺炎の原因は食事ではなかった!乳腺炎を予防するために気をつけるべきこととは?

乳児健診での保健指導や母乳外来では、「乳腺炎の予防のためにも、食事に気をつけて」 …

高齢出産になればなるほど発症率が高くなる21トリソミー(ダウン症)とは?

晩婚化が進む日本では、必然的に高齢出産が増えています。そのため、21トリソミーの …

育児中の腰痛を招くママのダメ習慣&改善方法について

妊娠、出産の時点で十分ダメージを負ってきたママの腰。一息つく暇もなく、育児のスタ …

赤ちゃんが快適な寝かせ方、「仰向け」「うつぶせ」「横向き」のコツと注意点

赤ちゃんの仕事はおっぱいをたくさん飲んでぐっすり眠ること。眠っている間に身体の機 …

赤ちゃんのしつけはいつから始めるものなの?その方法は?

初めて出産したママにとって、赤ちゃんの授乳やおむつ交換に追われているうちは、しつ …

赤ちゃんの言葉の第一歩!「クーイング」ってどんなもの?

赤ちゃんとの生活にもだんだん慣れてきた、生後3ヶ月頃。いつもどおり過ごしていると …

過保護ママにならないために気を付けたいことと子供への影響

過保護になると子供の将来にも悪影響が!どうすれば過保護にならずに済むのか? 過保 …

遺伝が原因?新生児に見つかる心室中隔欠損症ってどんなもの?治療法やその費用は?

生まれたばかりのかわいい赤ちゃん。10ヶ月待ち望んだわが子を前にお医者様から「心 …

ウンチがゆるい新生児!下痢はどうやって見分けるの?対処法は?

新生児のうんちは、水分が多くゆるいものです。大人なら下痢かと疑うようなゆるさでも …

生後1ヵ月の赤ちゃんが泣いてばかりいる…。そんな時にはおひなまき!

生後1ヵ月の赤ちゃんは、まだまだ昼夜の区別がつかず、時間を問わずに泣くものです。 …