ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんのしつけはいつから始めるものなの?その方法は?

   

64c9a68c79e4c335bd11d411692d6b0b_s

初めて出産したママにとって、赤ちゃんの授乳やおむつ交換に追われているうちは、しつけにまで考えが及ばないことが多いでしょう。

ですが、赤ちゃんの生活リズムが整い始める生後4カ月以降になると、近年は早期教育が盛んなこともあり、しつけについて、考え始めるママが増えるのではないでしょうか。

とはいえ、月齢の低い0歳児は大人の言葉を理解できるのかと、疑問に思う人もいるはずです。そこで今回は、赤ちゃんのしつけはいつから始めるものなのか、その方法についても、お話しします。

しつけって何?どんなことを教えるの?

しつけとは、社会生活に適応するために必要な日常生活での行儀作法や生活習慣を、子どもに身につけさせるために、主に家庭で行う初期教育のことをいいます。

これは、社会ルールを教えるというより、人間として生きていくうえで重要な道徳観や倫理観について、子ども自身が考えて実践できるよう、導いていくことといえます。

つまり、覚えたルールを守るだけでなく、他者とコミュニケーションをはかり、自己実現するうえで、自分が相手を不快にしないように、自ら考え行動できるよう、自分を磨くことに他ならないのです。

生きていくうえで、自分や他人を傷つけないこと、社会では人に迷惑をかけたり、不快な思いをさせない行動を心がけることを、ママやパパが言葉と実践で教えることになります

しつけを始める前に、赤ちゃんとの信頼関係を築こう

bf4839a96e7a5dc10ff15637c129c585_s

子どものしつけは、乳児期から始まります。ですが、しつけを始めるあたり、準備がとても重要です。というのも、ママやパパと赤ちゃんの間に、信頼関係が築けていなければ、しつけを始められないからです

人が他者と良好な人間関係を築けるようになるためには、自立して、他者との信頼関係が構築でき、本人が自己肯定感をもてることが大切です。

この他者との信頼関係の構築は、赤ちゃんが成長する過程で、ママやパパとスキンシップやコミュニケーションをはかる中で、安心して甘えられるという経験を積むことが基本なのです

赤ちゃんが返事ができないうちから、ママやパパがたくさん話しかける、抱っこしたり、一緒に遊ぶなど、スキンシップを伴うコミュニケーションの機会を増やすことが、赤ちゃんの情緒や脳の発達に大きく影響するのです。

生後4カ月に入ったら、しつけをスタートしよう

赤ちゃんのしつけは、生後4カ月になったら、スタートさせましょう。しつけの第一歩は、生活習慣を体得させることです。

毎日同じ時間におこし、おきたら「おはよう」と声をかけてから抱っこする、就寝時間も決めて赤ちゃんを寝かしつけるときには「お休み」といってから部屋の電気を消す。

散歩や買い物に連れ出したときには、知っている人に「こんにちは」と声をかけるなど、ちょっとしたことでよいのです。また、赤ちゃんの離乳食を始めるときに、「いただきます」「ごちそうさま」というのもよいでしょう。

たとえ赤ちゃんが言葉として認識していなくても、ママやパパが生活習慣としてそれを続けていれば、赤ちゃんも自然と真似をするようになります

また、赤ちゃんと接するとき、必ず目を見て話すようにする、疲れていたりイライラしているときも、「ごめんね、ママ今日は疲れているの」と声掛けしてから接してあげるようにすると、徐々に言葉と行動の関連性を学んでいきます

パパとママが手本となるのが一番のしつけ

赤ちゃんは無垢な存在なので、自分や他者を傷つけるものが何かを知りません。そのため、赤ちゃんが知らずに危険な行為をしたときには、「これは危ないから、やっちゃダメ」と、乳児であっても説明する必要があります

とはいえ、赤ちゃんは日ごろのママやパパの姿を見て、それを真似することからスタートするものです。赤ちゃんをしつけようと思うなら、ママとパパが道徳的・倫理的な行動を実践することが、何よりも大事なのです

  関連記事

赤ちゃんのうちは気づきにくい!? 心房中隔欠損症(ASD)の原因と症状、治療法について

ママが妊娠中にどんなに配慮しても、赤ちゃんの先天性異常を防ぎきることはできません …

赤ちゃんが泣かない、笑わない、目を合わせない?もしかして「精神遅滞(知的障害)」かも!

初めての子育て。一生懸命赤ちゃんに向き合っているからこそ、不安は大きいものです。 …

先天性股関節脱臼は生まれつきの病気じゃない!?正しい知識で予防と治療に取り組もう!

赤ちゃんの股関節は、未発達な状態です。通常は、成長に伴いしっかりと発達していきま …

赤ちゃんがいつも同じ方向を向いているのは、斜頸だからなの?

新生児期が終わり、赤ちゃんが生後1ヵ月になって乳児期に入ると、ママも育児に慣れて …

乳児に多くみられる喉頭軟化症の原因や症状、治療法を教えて!

赤ちゃんが風邪をひいたことをきっかけに、苦しそうにゼーゼーと息をすることがありま …

クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)の症状と治療法!予防法は?

クレチン症とも呼ばれる先天性甲状腺機能低下症は、出生児3000人から4000人に …

赤ちゃんの散歩はいつからOK?時間や場所、時間帯、注意点とは?

赤ちゃんは外に出ていろいろなものを見ることにより、たくさん学びます。家の中にこも …

赤ちゃんとママに幸福感と安心感を与えてくれる”トッポンチーノ”ってどんなもの?

トッポンチーノという名前を聞いたことがあるでしょうか?なんだかまるで食べ物のよう …

赤ちゃんがゴシゴシと顔をこすってしまう!発疹ができてる場合も?その原因と対策方法は?

赤ちゃんが生まれて毎日少しずつ成長している我が子に嬉しさを感じながら子育てしてい …

男の子の赤ちゃんがおこしやすい移動性精巣(遊走精巣)ってどんな病気?その症状や原因、治療法は?

「あれ?赤ちゃんの陰嚢が何かおかしい?」と異変を感じたら、それは「移動性精巣」か …