ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

育児セラピストとは?資格の取り方や探し方が知りたい!

   

new_GREEN_YA20140125_TP_V

赤ちゃんが産まれて初めて、ママやパパは親としてのキャリアをスタートします。

赤ちゃんとはいえ、個性を持っていますし、育児にはマニュアルも正解もありません。そのため、新米ママとパパは試行錯誤をくり返しながら、親として成長していきます。

ですが、核家族化が定着した現代の日本には、育児のお手本になる存在が身近にいないことが多いんのです。

育児に悩むママやパパをサポートしてくれる存在の一つに、「育児セラピスト」があります。そこで今回は、育児セラピストについて、お話しします。

育児セラピストって何?どんな資格なの?

育児セラピストは、日本アタッチメント協会が認定する、子育てインストラクターの資格のことをいいます。日々の中で育児のいろいろなトラブルに直面しているママやパパを、育児の専門家としてサポートする目的でつくられました。

育児セラピストの資格取得にあたっては、発達心理学に基づいた適切な育児知識とともに、さまざまなストレスにさらされるママやパパの心を癒すスキルも学びます

そのため、保育士や看護師、保健師、子育て支援を行っているNPO法人のスタッフ、学校の先生なども、育児セラピストの資格を取得しています。

日本アタッチメント協会では、育児セラピストだけでなく、ベビーマッサージやマタニティヨガ、食育、親子体操など、良好な親子関係をつくるサポートをする、いろいろなメソッドを提供しています。

育児セラピストの資格の取り方とは?

a2a05c40cbeb16e5229ee1fb28326b62_s

育児セラピストは、保育士や看護師、保健師、学校の先生など、国家資格をもった専門家が取得することが多いと聞くと、誰でも簡単に学べないと勘違いする人もいそうです。

ですが、専門職として子育てに関わる人ばかりでなく、子育て中のママや、子育てを卒業した年配の方が、育児セラピストの資格を取り、子育て支援の道に進むケースも多いのです。

育児セラピストの資格を取得するためには、育児セラピスト認定講座を受講しなければなりません。「レクチャー(講義)」と「ワークショップ(実践ワーク)」で構成されており、講座を修了すると認定試験を受け、合格すると資格を取得できます。

講座は2日間で集中的に行われます。受講コースも複数あり、育児セラピストは2級、1級、シニアマスターと段階が設けられており、最高位になると、自ら講師として教えることができます。

育児セラピストはどうやって探したらいいの?

もし、育児セラピストに相談したいと思ったら、どうしたらよいのでしょうか。一番早い方法は、インターネットで検索をかけることです。

それほど歴史が古い資格ではないので、育児セラピスト1本でサポートを行っている人は、多くないことが予想されます。育児セラピストのホームページなどをチェックして、信頼できそうな人を探してみましょう

また、児童館や子育て支援センターのスタッフが、育児セラピストの資格を持っていることも多いです。通っている場所には育児セラピストの有資格者がいなくても、職場のネットワークを使って、育児セラピストを紹介してくれることもあります。

そうした行政の施設を使って、「育児セラピストを探しているのだけれど、紹介してもらえないか」と問い合わせてみましょう

子育て中のママでも、育児セラピストは目指せる!

育児セラピストは、受講にあたって、条件が設けられているわけではありません。育児セラピストの有資格者に相談するのもよいですが、ママ自身が自ら学ぶことで、日々の育児に実践することができます。

育児セラピストの講座受講料は、2級40,000円ほどで、試験合格後の認定申請料が別途10,000円かかります。育児セラピスト2級は基礎編で、実際に育児に役立つ内容を実践的に学べます。妊娠中から勉強していくのも、おすすめです。

我が子のために、あるいは将来の仕事として、育児セラピストを目指してみるのも、よいかもしれません。

  関連記事

チアノーゼって赤ちゃんによくおこる?注意したい症状は?

チアノーゼとは、血液中の酸素が足りなくなることで、皮膚や粘膜が青紫色になる状態の …

紙おむつと布おむつの違いとは?メリットとデメリットは?

赤ちゃんが産まれる前に、準備しなければならない物は、たくさんあります。そして、出 …

早産したママは活用して欲しい!未熟児養育医療制度について

未熟児とは、身体機能が未熟な状態で生まれてきた赤ちゃんのことをいいます。 かつて …

二分脊椎症とはどんな病気?原因や治療法が知りたい!

近年、厚生労働省は赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するため、妊娠前からの葉酸摂取を …

子育てに疲れたときは癒やしが必要!どんなリフレッシュ方法がある?

専業主婦世帯より共働き世帯の方が多い現代、仕事と育児、家事を両立させて、がんばる …

寝かしつけに効果があるって本当?おやすみたまごのこと

赤ちゃんの寝かしつけに悩むママは、きっと考えている以上に多いはずです。そのため、 …

備えておきたい!赤ちゃんとママのための防災グッズとは

日本ではここ数年、大地震が続き、避難生活を余儀なくされる人が増え続けています。地 …

新生児が手足をバタバタさせるのはなぜ?バタバタした時はどうすればいい?

生まれたばかりの新生児は眠ってばかりいる、そんなイメージを持っている新米ママもい …

新生児~生後3ヵ月までの赤ちゃんの授乳量や授乳の間隔はどれくらい?授乳の際のポイントとは?

授乳の間隔や量・ポイントを、月齢別(生後3ヵ月まで)にまとめました かわいい赤ち …

完全ミルク育児という選択もある!そのメリットとデメリットは?

初めての育児に張り切っていても、ママには何かと悩みが多いものです。特に育児休業中 …