ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新生児の体重増加の目安とは?1日の平均何g増えるのが理想なの?

   

042299dc339b2f8166cc8b2d4eaf7ce7_s_427

産まれたばかりの新生児は、哺乳に慣れていません。そして、初めて育児に取り組むママの多くは、母乳がきちんと出ているかどうか、足りているかどうか、自分では判断しにくいものです。

その判断の目安となるのが、新生児の体重の推移です。では、新生児の体重増加はどれくらいが適切なのでしょうか。

そこで今回は、新生児の体重の推移の目安や、1日何g増えるのが理想的なのかについて、お話しします。とはいえ、新生児の体重の増え方には個人差があることも、覚えておいてくださいね。

新生児ならではの体重増加とは?

出産が終わると、入院中のママは、助産師さんから授乳指導を受けます。その際、母乳が十分に出ていなくても、いきなりミルクを足すことはなく、何度もおっぱいを吸わせながら、ママと赤ちゃんの授乳リズムをつくっていくことになります。

とはいえ、赤ちゃん自身も哺乳が上手ではないので、心配になるママもいることでしょう。

というのも、入院中は新生児の体重を毎日測定しますが、生後3~4日あたりで、体重が減少するからです。

これは、「生理的体重減少」と言われるもので、どんな新生児にもおこります

赤ちゃんが飲む母乳やミルクの量よりも、おしっこやウンチ、汗として排出される水分の方が多いことが原因です。一時的に体重が減少しても、生後2週間ほどかかって出生体重に戻っていくものなので、心配はいりません。

新生児の体重の増え方の目安は?

新生児とは、出生した日から生後28日未満の赤ちゃんのことをいいます。この間は、生理的体重減少などがおこり、赤ちゃんの体重が増減します。

ですが、日本助産師会では、新生児の体重増加の目安を、1日30gとしています。

これは、1カ月に増える体重を日数で割った数値なので、毎日体重が増えているかどうかより、1週間・1カ月といった単位で、きちんと体重が増えているかどうかを、チェックするのが基本です。

生後2~3週間であれば、1日18g以上増えていて、おしっこやウンチの回数に問題なければ、心配ありません

また、母乳育児で育てている赤ちゃんの場合は、ママの母乳の出が安定するまで、なかなか体重が増えないことがあります。ですが、赤ちゃんの機嫌がよく、おしっこやウンチがきちんと出ていて、身長や頭位が伸びているようなら、体重が目安通り増えなくても大丈夫です

ただし、1週間で増えた体重が70g以下の場合は、一度小児科に相談してみることをおすすめします。

新生児の体重が増えないときの対処法は?

50818a76847c25cae2e8a59c194f17b2_s

新生児の体重が増えない原因の多くは、母乳が足りていないことです。ママの母乳の出が安定しないことに加え、赤ちゃんも哺乳に慣れていないからです。

そのため、新生児期は1日10~15回、1~3時間おきに母乳を飲ませるのが基本です。

母乳の分泌には、プロラクチンというホルモンが関わっているのですが、夜間に分泌量が増加するので、夜中でも赤ちゃんに何度も母乳を飲ませると、出がよくなるといわれています

また、母乳は赤ちゃんに飲ませた分だけ、つくられるものです。頻回授乳を続けているうちに、母乳の分泌量も増えていきます。

とはいえ、赤ちゃんによっては、授乳回数が1日8回以下で、おしっこが1日2~3回しか出ず、濃い尿になっていることがあります。この場合には、小児科や母乳外来での相談が必要です。

心配なときは1カ月健診で相談しよう

新生児期は、赤ちゃんは昼夜の区別がつかず、ママも授乳に慣れていないので、結果として母乳が足りなくなることがあります。なかなか赤ちゃんの体重が増えないと、不安になるママもいることでしょう。

ですが、そんなときには母乳外来にいって授乳方法の指導を受けたり、おっぱいマッサージを受けることで、状況が改善することもあります

また、場合によっては、ミルクを足すのもよいでしょう

生後1カ月で乳児検診を受けることになるので、心配な時は相談してみましょう。

  関連記事

乳幼児突然死症候群(SIDS)になってしまう可能性も!?うつぶせ寝のリスクや注意点などは?

出産後にママのお腹から生まれてきた赤ちゃんが胎内の次に過ごす場所、寝具での睡眠環 …

おむつの背中漏れ対策って、みんなどうしているの?

赤ちゃんが生後1ヵ月を迎える頃には、ママもお床上げが終わり、一人で育児と家事に奮 …

産まれたばかりなのに生理が来る?新生児月経とは?

女の子は妙齢になって来ると、妊娠の準備として月経が始ります。大人への一歩として、 …

障害が残ることも!?新生児におきやすい核黄疸の症状や治療法について

生まれたばかりの赤ちゃんには、新生児黄疸といって皮膚が黄色くなる症状が出ます。こ …

マルファン症候群は遺伝する?お腹の赤ちゃんには影響があるの?

厚生労働省は、さまざまな病気を難病指定しており、所定の手続きをすることで、医療費 …

生後1ヵ月の赤ちゃんと感染症について!注意したいRSウイルスとは?

感染症は予防をすることが大切!異常を感じたらすぐに受診を! 0歳1カ月どれくらい …

赤ちゃんの頭皮がカサカサ!原因は肌の乾燥だけじゃない!?適切なケアでしっとり肌をGet!

よく汗をかいていて、しっとり潤っていそうな赤ちゃんの肌。でも実は、とてもトラブル …

夜驚症の原因って何?赤ちゃんにみられることもあるの?

赤ちゃんは、生後6~8カ月を迎えるころになると、夜泣きを始めることが多いです。こ …

次の子どもを産むのはいつにする?2歳差育児のメリットとデメリットとは?

子どもは2人以上欲しいと考えているご夫婦にとって、初めてのお子さんの育児に慣れる …

赤ちゃんが39℃の高熱に!熱を下げるにはどうしたらいい?

なんだか赤ちゃんの様子がおかしい。熱を測ると「39℃以上」そんなとき焦ってしまい …