ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新生児の目の動きがおかしい。親として気をつけるべき症状

   

新生児の目の動きは、まだ機能が未発達なので「少し目の動きがおかしいかも?」と心配になることもあるかと思います。多くの場合は成長とともに解消しますが、中には深刻な病気が原因の場合もあります。病気の場合は早期の診断・治療が重要です。

新生児の目の動きがおかしい場合の症状や原因、対処法、病院に行った方がよい場合のチェックポイントについてまとめてみました。

新生児の目の成長

生まれたばかりの新生児の視力は、0.01~0.02程度しかなく、大体30センチ程度の距離までしか見えていません。明るいか暗いか程度のことはわかりますが、まだほとんど物の認識はできません。また、左右の目がバラバラに動くのも特徴的です。

成長とともに鮮やかな色からわかるようになっていき、生後1~2か月頃には「固視」といって、赤や黄などのはっきりした色のものなどをじっと見るようになります。

生後2~4ヶ月には、ゆっくりですが動くもの目でを追いかけるようになります。これを「追視」といいます。

生後半年頃には視力も0.1程度まで上がり、遠近感もわかるようになります。また両目が連動して動くようになり、生後1歳頃には、両目でものを見れるようになって、近い距離に関しては大人とほぼ同じように見えるようになります。

ただし、「遠い・近い」の距離感を理解して大人と同じように見えるようになるのは、幼児期になってからといわれています。

新生児の目の動きの特徴

新生児は、黒眼の位置が中心からずれて少し外を向いていたり、寄り目だったりして、「軽度の斜視」に見える場合がよくあります。これは目の周辺の筋肉や視神経がまだ発達しておらず、また左右の目を連動して動かす機能も整っていないため、黒目が安定せず、それぞれバラバラに動いてしまうことから生じます。本当の斜視ではないので、「偽斜視(仮性斜視)」と呼ばれています。

生後3ヶ月頃になると、目の周りの筋肉や視神経が発達して、視線がまっすぐになっていき、左右の目も同じように動くようになって、「偽斜視」は解消されます。

ただし稀に、目周辺の筋肉や視神経、脳の異常などが原因で、目の動きがおかしくなることもあります。目の異常が出生時に判明した場合は、医師から説明され、その後の経過を見ることになります。

新生児の目の動きが異常な場合の症状

乳児斜視

前述のように一見斜視に見えてもほとんどが「偽斜視」で、生まれつきの「斜視」というのは稀です。生後3ヶ月を過ぎても黒目がずれていて、いつまでも斜視が治らない場合は「乳児斜視」の可能性もあるので、小児眼科に相談してください。斜視のまま放置すると、片目だけ視力が発達しない場合があります。

斜視には目が内側に向いている「内斜視」、外側を向いている「外斜視」、上を向いている「上斜視」、下側に向いている「下斜視」の4種類があります。

斜視の原因としては以下が考えられます

目の筋肉や神経機能の異常

生後3ヶ月を過ぎても目の筋肉が調節できなかったり、神経伝達に問題があり焦点が合わせられないことで斜視が生じます。

両眼視機能の障害

目には左右それぞれの目が見た別々の画像を、脳が一つの画像として受け止め処理する「両眼視機能」があります。遺伝的な問題や脳の障害などが原因で、両眼視機能が正しく作用しないと、斜視になる場合があります。

片方の視力が極端に悪い

左右どちらかの視力が極端に悪く、うまく焦点が合わせられないことで、斜視になる場合があります。弱視や遠視なども寄り目の原因になりやすいです。

てんかん

黒目が急に上方向に移動するといった動きの場合、てんかんの可能性があります。てんかんは大脳の神経細胞の興奮と抑制のバランスが崩れることでおこり、意識障害やけいれん、またぼーっとするなどの症状を繰り返します。てんかんは早期発見と早期治療が必要なので、該当する目の動きがあった場合は早めに医師に相談してください。

脳腫瘍

脳に腫瘍ができると腫瘍が視神経を圧迫して、眼球が不安定に動く場合があります。眼球の揺れが頻繁な場合は、小児科や小児専門眼科で診察を受けてください。

先天性眼振

細かく震えたり跳ねるような動きなど、通常とは違う不規則な目の動きがある場合、先天性の「眼球振とう」の恐れがあります。目の駆動システムが正しく発達していないためにおこり、年間に670人の新生児に1人の比率で発症する病気です。遺伝性なので、もし家族や自分が該当するパパ&ママは眼科検診の際にその旨を伝えておきましょう。

多くは目の機能の未発達さが原因、3ヶ月を過ぎても改善しなければ医師に相談を

生後3ヶ月くらいまでは赤ちゃんの目の周辺の筋肉が未熟なため、目の動きがおかしい場合があります。ほとんどが心配しなくてもいいケースですが、気になる場合は医師に相談してください。一か月検診の時に相談することも大切です。

もし3ヶ月を過ぎても症状が続いたり、新たに異常が見つかった場合は、すみやかにかかりつけの小児科で診察を受けましょう。小児専門の眼科医でないと診断が難しい場合もありますが、健全な成長に支障が出る場合もあるので、なるべく早く原因を発見し対処することが重要です。

  関連記事

子どもの夜泣きを軽減?ひやきおーがんとは?

夜になると赤ちゃんは夜泣きをすることがあります。大半は、お腹が空いたとき、オムツ …

ヨコミネ式教育法はおすすめ?そのメリットとデメリットとは?

近年は、独自の教育法を実践する幼稚園や保育園が増え、テレビや育児雑誌などで、取り …

乳児検診のチェック項目にあるパラシュート反射って一体何?

おぎゃあ、と無事に誕生を迎えた我が子、元気な姿に一息する間もなく新生児からの健診 …

赤ちゃんの首が赤い!何故か臭う!?その原因と予防方法は?

新生児期の皮膚は大人とも子供とも別の特徴が見受けられますよね。蒙古斑が見られたり …

ベビーカーはいつからいつまで必要?A型とB型の違いとは?

赤ちゃんを迎える準備をする過程で、いろいろなベビー用品を購入することと思いますが …

赤ちゃんの抱き癖…改善方法は?そもそも治す必要はある?

赤ちゃんが泣いた際にすぐに抱き上げると「抱き癖がつく」と言われることがありますよ …

赤ちゃんの眠りが浅い…ちょくちょくおきてしまう原因は?

出産直後は何かとバタバタしてしまう時期ではありますが、1ヵ月も経つとほんの少し余 …

赤ちゃんに必要なグッズを効率よく揃える方法とは?

妊娠後期に入ったら、出産に備えて、赤ちゃんに必要なものを用意し始めるママが多いこ …

重症化することもある!知っておきたい、胎便吸引症候群(MAS)のこと

出産が命がけなのは、ママだけではありません。赤ちゃんも出生時のトラブルに見舞われ …

大人とは違う!赤ちゃんにとって快適な温度や湿度を知っておこう

赤ちゃんの体温調節機能を育てながら、細やかな温度&湿度対応を 「異常気象」という …