ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃん・新生児が低体温になるリスクとは?対策も紹介!

   

赤ちゃんは大人に比べると体温が高いですよね。体が熱くて熱があるのではないかと心配になったというママもいるようですが、一般的には37.5度までは平熱と考えられています。

ですが、中には何らかの理由で低体温と判断される36度以下の体温になる赤ちゃんもいるのです。赤ちゃんは大人に比べて体温の調整機能が整っていません。そのため、外気の影響を受けやすいので注意が必要です

赤ちゃん・新生児が低体温になった場合に発生しやすい病気もあるので、低体温の原因や注意しておきたい病気についてご紹介します。

赤ちゃん・新生児の低体温について

低体温になると何が問題なのでしょうか。そもそも熱を測った際に体が冷えているということは、体の内部も冷えているということです。

赤ちゃんの場合は36度以下で低体温と判断されるのですが、肌の表面温度が36度だったとしても内臓の温度はこれよりも低い可能性があるでしょう。もしも内臓の温度が下がった場合、消化がうまく行われなかったり、発育に悪影響をもたらす可能性があります

そのため、低体温を甘く見てはいけません。

赤ちゃん・新生児が低体温になる原因

低体温になるのには様々な理由があげられます。赤ちゃんの低体温に悩んでいるのであれば、どの原因に該当するのか考え、対策をとりましょう。

冷たいものを飲んでいる

赤ちゃんはこまめに水分補給をする必要がありますよね。母乳やミルクのように温かいものならば良いのですが、冷たいものを飲み過ぎると内臓が冷え、低体温に繋がる恐れがあります

暑い時期には氷を入れた冷たい飲み物を与える方もいるようですが、低体温のリスクを考えるとおすすめできません。かえって赤ちゃんの体に負担をかけることにもなるので注意しておきましょう。

エアコン・扇風機の影響

エアコンや扇風機によって赤ちゃんに冷たい風が当たり続けるとどんどん体が冷え、低体温になることがあります。暑くて汗をかいた時にエアコンなどの風を受けると汗が蒸発する際に熱も奪われ、低体温になるので気をつけてくださいね。

暑い日は赤ちゃんの肌に直接風があたるのを避け、緩やかな温度調整をすることが大切です

また、暑いからといって室温を低くし過ぎるのもおすすめできません。大人にとってちょうどいいくらいの温度だったとしてもエアコンの冷気は下にたまります。そのため、床に赤ちゃんを寝かせている場合、かなり冷たい風にさらされてしまうこともあるのです。

汗をかいてもそのままにしている

赤ちゃんは少しでも暑いとすぐに汗をかきますよね。これは体温調整のためなのですが、汗をかいたままで放置すると体温が下がりすぎてしまう可能性があります

服が汗によって濡れている場合にはそこから更に体温が下がるので注意しましょう。汗をかいていた場合にはこまめに拭き、服も取り替えるのがおすすめです。

このほかにも生活のリズムが乱れていたり、何らかの理由で低体温になるケースもあります。体温が低くなると内臓の働きも弱くなり、免疫力も低下するため注意が必要です。

低体温にいち早く気づくことが大切

熱がありそうな時には体温計で測るものの、日常的には測っていないという方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんの手や足を触った時に冷たいと感じ、そこで低体温に気付いたという方もいるのですが、可能ならば毎日赤ちゃんの体温を測りましょう

低体温になった場合だけでなく熱が出た場合にもいち早く気づけます。赤ちゃんは寒い・暑いなど自分で伝えられないのでしっかり観察してあげてくださいね。

低体温になると唇の色が紫になったり機嫌が悪くなることもあります。あまりにも低体温の状態が続くようであれば一度医師に相談しましょう。

  関連記事

生後1ヵ月の赤ちゃんの睡眠時間はどれくらい?睡眠リズムも考えてあげよう

0歳1カ月は睡眠時間が長い!赤ちゃんがぐっすり眠れる環境作りにも力を入れましょう …

普通の痙攣発作と違う?痙攣重積ってどんなもの?

子どもが小さい間は、けいれんは比較的よくおこります。短時間で治まるけいれんであれ …

赤ちゃんと一緒に飛行機に搭乗した際の注意点は?おむつ替えや機内での調乳は可能なの?

赤ちゃんと移動する時は、他のお客さんの迷惑や便宜性を考えて、車を利用される方も多 …

普段見慣れた蒙古斑…その正体ってどんなものなの?

赤ちゃんの背中からおしりにかけて出来る青いアザ「蒙古斑」。ママ自身も小さい頃には …

母乳と粉ミルクの違いって何?成長に影響するの?

妊娠後期に入ると、赤ちゃんのものを揃え始めるママが多いことでしょう。その際、粉ミ …

赤ちゃんが発熱した時の座薬の使い方を教えて!

赤ちゃんはもともと体温が高いので、高熱が出やすく、小児科に連れて行くと、座薬が処 …

新生児を含めた赤ちゃんの起こし方にはコツがあるの?

待望の赤ちゃんが産まれて、大きな喜びや達成感を味わったママは、しあわせに包まれて …

新生児の下着って何枚くらい必要なの?種類と選び方は?

初めての赤ちゃんを迎えるにあたり、そろそろ準備を始めようとしているママとパパにと …

赤ちゃんの「遊び飲み」どう対応したらいいの?原因と対策を見つけよう!

授乳間隔が空いているのにしっかり飲まない!飲み始めたのにすぐ乳首から口を離して、 …

発症は稀だけど、赤ちゃんの命に関わる病気!高アンモニア血症って?

アンモニアという物質を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?昔、理科の …