ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃん・新生児が低体温になるリスクとは?対策も紹介!

   

赤ちゃんは大人に比べると体温が高いですよね。体が熱くて熱があるのではないかと心配になったというママもいるようですが、一般的には37.5度までは平熱と考えられています。

ですが、中には何らかの理由で低体温と判断される36度以下の体温になる赤ちゃんもいるのです。赤ちゃんは大人に比べて体温の調整機能が整っていません。そのため、外気の影響を受けやすいので注意が必要です

赤ちゃん・新生児が低体温になった場合に発生しやすい病気もあるので、低体温の原因や注意しておきたい病気についてご紹介します。

赤ちゃん・新生児の低体温について

低体温になると何が問題なのでしょうか。そもそも熱を測った際に体が冷えているということは、体の内部も冷えているということです。

赤ちゃんの場合は36度以下で低体温と判断されるのですが、肌の表面温度が36度だったとしても内臓の温度はこれよりも低い可能性があるでしょう。もしも内臓の温度が下がった場合、消化がうまく行われなかったり、発育に悪影響をもたらす可能性があります

そのため、低体温を甘く見てはいけません。

赤ちゃん・新生児が低体温になる原因

低体温になるのには様々な理由があげられます。赤ちゃんの低体温に悩んでいるのであれば、どの原因に該当するのか考え、対策をとりましょう。

冷たいものを飲んでいる

赤ちゃんはこまめに水分補給をする必要がありますよね。母乳やミルクのように温かいものならば良いのですが、冷たいものを飲み過ぎると内臓が冷え、低体温に繋がる恐れがあります

暑い時期には氷を入れた冷たい飲み物を与える方もいるようですが、低体温のリスクを考えるとおすすめできません。かえって赤ちゃんの体に負担をかけることにもなるので注意しておきましょう。

エアコン・扇風機の影響

エアコンや扇風機によって赤ちゃんに冷たい風が当たり続けるとどんどん体が冷え、低体温になることがあります。暑くて汗をかいた時にエアコンなどの風を受けると汗が蒸発する際に熱も奪われ、低体温になるので気をつけてくださいね。

暑い日は赤ちゃんの肌に直接風があたるのを避け、緩やかな温度調整をすることが大切です

また、暑いからといって室温を低くし過ぎるのもおすすめできません。大人にとってちょうどいいくらいの温度だったとしてもエアコンの冷気は下にたまります。そのため、床に赤ちゃんを寝かせている場合、かなり冷たい風にさらされてしまうこともあるのです。

汗をかいてもそのままにしている

赤ちゃんは少しでも暑いとすぐに汗をかきますよね。これは体温調整のためなのですが、汗をかいたままで放置すると体温が下がりすぎてしまう可能性があります

服が汗によって濡れている場合にはそこから更に体温が下がるので注意しましょう。汗をかいていた場合にはこまめに拭き、服も取り替えるのがおすすめです。

このほかにも生活のリズムが乱れていたり、何らかの理由で低体温になるケースもあります。体温が低くなると内臓の働きも弱くなり、免疫力も低下するため注意が必要です。

低体温にいち早く気づくことが大切

熱がありそうな時には体温計で測るものの、日常的には測っていないという方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんの手や足を触った時に冷たいと感じ、そこで低体温に気付いたという方もいるのですが、可能ならば毎日赤ちゃんの体温を測りましょう

低体温になった場合だけでなく熱が出た場合にもいち早く気づけます。赤ちゃんは寒い・暑いなど自分で伝えられないのでしっかり観察してあげてくださいね。

低体温になると唇の色が紫になったり機嫌が悪くなることもあります。あまりにも低体温の状態が続くようであれば一度医師に相談しましょう。

  関連記事

赤ちゃんが皮膚炎になってしまったら小児科と皮膚科どちらがいい?

赤ちゃんが小さいうちは、病院選びに悩んでしまうことも…。最適なのはどちら? 赤ち …

どう対処したら良いの?へその緒が取れない時の対処法やケアの仕方について

お腹の中で赤ちゃんとママをつないでいたへその緒。出産後、桐箱などに入れて大事に保 …

赤ちゃんにもほくろができる!?ほくろができるメカニズムや病気との関係について!

多くの人が体の中に一つはほくろがありますよね。大人の体にほくろがあることは珍しい …

母乳が足りないことを見逃さないために、覚えておきたい赤ちゃんからのサインのこと

初めての育児に取り組むママにとって、母乳がきちんと出ているのか、きちんと足りてい …

クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)の症状と治療法!予防法は?

クレチン症とも呼ばれる先天性甲状腺機能低下症は、出生児3000人から4000人に …

赤ちゃんにおしゃぶりをさせるのは悪いこと?おしゃぶりのメリット、デメリットを理解して判断しよう

「おしゃぶり」は赤ちゃんがグズグズしたときに大活躍しますよね。お菓子やおもちゃを …

乳幼児は要注意!毛虫かぶれ(毛虫皮膚炎)について知っておこう

みなさんは、「毛虫かぶれ(毛虫皮膚炎)」という言葉を知っていますか?これは、乳幼 …

おむつの背中漏れ対策って、みんなどうしているの?

赤ちゃんが生後1ヵ月を迎える頃には、ママもお床上げが終わり、一人で育児と家事に奮 …

大人とは違う!赤ちゃんにとって快適な温度や湿度を知っておこう

赤ちゃんの体温調節機能を育てながら、細やかな温度&湿度対応を 「異常気象」という …

寒い日は赤ちゃんに暖房を使用したい!正しい温度調節や、使用上の注意点は?

寒い時期になると赤ちゃんがいるご家庭では、室内の温度管理が気になりますよね。まだ …