ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

どの赤ちゃんにもおこりうる「低血糖」!新生児の低血糖について知り、早期に対応できるようにしよう!

   

生まれたばかりの赤ちゃんは、「低血糖」になりやすいことをご存知ですか?赤ちゃんは、お腹の中にいるころはママから臍の緒を通じて栄養をもらいます。生まれると母乳やミルクを飲むまでの間、栄養を補給することができません。

そのため一時的に低血糖となりますが、これは生理的なもので基本的に心配ありません。しかし、この他のいくつかの原因によりおこる低血糖には、治療が必要となる場合もあります。

血糖値は検査しなければ分かりませんが、低血糖の症状は目に見えます今回は新生児の低血糖についてお話ししていきますので、新生児の低血糖について知り、早期に気付くことができるようにしておきましょう。

新生児の低血糖とは?

そもそも、低血糖とはどのような状態なのでしょうか。低血糖とは、体のエネルギー源となる血中の糖が少ない状態のことです。低血糖の状態が長時間続くと、脳に影響を与え、重大な後遺症をおこすこともあります。

一般的に生まれたばかりの新生児は、一時的に血糖値が下がります。これは、お腹の中では臍の緒を通じて母体から栄養をもらっていた赤ちゃんが、胎外に出ることで栄養を得ることができなくなるためおこるもので、生理的な現象です。

出生後、しばらくすると体の仕組みにより自然と血糖値は上昇し、さらに母乳やミルクを飲むことで血糖値は安定していきます。しかし、赤ちゃんによっては治療を必要とする低血糖を引きおこしている場合もあるため、十分に注意が必要です。

新生児の低血糖、原因は?

生理的な血糖値の低下以外にも、低血糖となる場合があります。それには、以下のような原因が関係します。

母体の糖尿病や糖分の過剰摂取

赤ちゃんが胎内にいる間に過剰な糖が含まれた栄養を母体からもらっていると、出生後に重度の低血糖をおこすと言われています。妊娠中の甘い物の食べ過ぎや妊娠糖尿病には注意しておきましょう。

低体温

体温と血糖値、一見関係なさそうですが、大きく関係し合います。体温を上げようとすると、体内では大量の糖分を使用します。さらに体温が低いと血管が収縮してしまい、糖分を作り出せなくなったり、哺乳しても吐いてしまい十分に栄養が取れなくなったりするのです。そのため、出生後には十分な保温が重要となります。

低出生体重児

低出生体重児の体内には、糖の原料となるものの貯蓄量が少ないとされています。そのため、生まれた後に低血糖となることが多いです。

完全母乳

生まれてすぐの時期は、哺乳量や母乳の分泌量は少ないです。その時期にミルクや糖水などで栄養を補助しないと、低血糖を引きおこす可能性があります。

この他にも、正常成熟新生児にも低血糖がおきることがあると言われています。一般的に正常成熟して生まれてきた赤ちゃんには血糖値検査が行われず、保育器による保温などもされないため、知らず知らずのうちに低血糖となっていることがあります。体重もしっかりあるからと安心せず、低血糖症状が出ていないか観察が必要です。

新生児の低血糖症状とは?

新生児の低血糖は、軽度であれば目立つ症状は見られません。重度の場合には、以下のような症状が現れることがあります。

  • 元気がない
  • 母乳を飲まない
  • ぼーっとしている
  • ぴくぴくと痙攣をおこしている
  • 無呼吸
  • 顔色が悪く、チアノーゼが出ている
  • たくさん汗をかき、呼吸が荒い

低血糖の検査方法と治療は?

低血糖を検査するには、採血を行い、血糖値を測定します。検査により低血糖であり治療が必要と診断された場合には、一般的にブドウ糖の点滴投与を行います。

ブドウ糖投与のみでは改善しない場合には、血糖値を上げるホルモンの投与が行われることもあります。また、低血糖を引きおこしている原因を改善するための治療も行います。

血糖値がある程度安定してきたら、母乳やミルク、胃につながったチューブなどから糖分を補給していきます。点滴治療が不要になり、体調が安定するまで入院治療が必要です。

低血糖が長時間に及ぶと、脳になんらかの後遺症がおこる場合があります。そのため、早期に低血糖に気付き、必要に応じて治療を開始することが重要です。

新生児の低血糖は、早期の治療が大切!

生まれたばかりの赤ちゃんは、低血糖になりやすいものです。生理的な低血糖が大部分ですが、中には病気のサインや治療が必要なものも含まれています。

通常であれば何の心配もない正常成熟新生児にも、低血糖になるリスクは潜んでいます。長い時間低血糖状態が続くと、脳に何らかの障害が残ったり、最悪の場合命に危険が及ぶこともあります

新生児の低血糖症状について知っておき、赤ちゃんに変化がおきていないか観察できるようにしておきましょう。血糖値は目に見えるものではないため、ママやパパには判断しにくいものです。気になる症状がある場合には、すぐに医師や助産師に相談してくださいね。

  関連記事

子供がインフルエンザになってしまった時に気をつけておきたい合併症とは?

子どもがインフルエンザにかかってしまった時、通常の風邪をひいてしまった時よりも心 …

赤ちゃんは毎日お風呂に入れるの?シャワーじゃダメなの?

赤ちゃんを出産すると、病院で沐浴指導があり、退院後も毎日お風呂に入れることになり …

超未熟児(超低出生体重児)って?発達や障害などは?

赤ちゃんは、妊娠して出産までお腹の中で過ごしていますが、何らかの原因で早く産まれ …

我が子が可愛くてやってしまうが、赤ちゃんにとって迷惑な行動のこと

赤ちゃんとの生活に慣れ、ママやパパの気持ちに余裕が生まれると、我が子可愛さのあま …

バギーとベビーカーの違いは何?それぞれのメリット・デメリットが知りたい!

妊娠後期に赤ちゃんを迎える準備をしているとき、ベビーカーの購入を検討する家庭も多 …

赤ちゃんの眉毛はいつごろから生えてくるの?太い・薄いなど悩みを解消する方法は?

赤ちゃんが産まれた瞬間は大事業を終えた達成感や疲労感と、それ以上の喜びに包まれて …

内祝いって何?どのくらいのものを贈ればいいの?

子供が生まれると、今まで経験しなかったイベントがたくさんあります。そんなイベント …

ベビー布団の選び方のポイントは?掛け布団は必要?

赤ちゃんを迎えるにあたって、ベビー布団を用意するかどうか、悩むママやパパもいるの …

赤ちゃんに湯冷ましは必要!?「赤ちゃんの湯冷まし事情」のホントのところ

赤ちゃんを育てていると、おばあちゃん世代の方に「お風呂上りに湯冷まし飲ませてあげ …

夜泣きがひどい…海外の寝かしつけを学んでママもしっかり休もう

夜泣きは、一般的には早くて生後3か月頃からで、平均して生後半年から1歳くらいに始 …