ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんに湯冷ましは必要!?「赤ちゃんの湯冷まし事情」のホントのところ

   

赤ちゃんを育てていると、おばあちゃん世代の方に「お風呂上りに湯冷まし飲ませてあげなさい」と言われた経験ありませんか?

助産師さんには何も言われなかったのに、そういわれると飲ませないといけない気が…。
新生児の頃から湯冷ましを飲ませる必要はあるのでしょうか。
また、湯冷ましを飲ませる時に何かポイントはあるのでしょうか。

今回は、新米ママにとって気になる「赤ちゃんの湯冷まし事情」について詳しくお話ししていきます。

湯冷ましって何?いつから飲ませられるの?

「湯冷まし」とは名前の通り、沸騰させたお湯を適温まで冷ましたもののことです。
一度沸騰させることで、殺菌とカルキ抜きをすることができるため、赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。

湯冷ましは、基本的に生後すぐから与えることができます
ミルクを作るときに湯冷ましを使うため、湯冷ましだけを飲ませても問題ない事が分かりますね。

そのまま飲ませることはもちろん、湯冷ましはミルクの調乳や離乳食にも使用できます
いつまで飲ませるのかは、特に決まりはありません。

新生児のころから湯冷ましは必要?

おばあちゃんから「赤ちゃんには湯冷ましを飲ませなさい」と言われたことはありませんか?
これには理由があります。

一昔前(1970年代)は、新生児の頃から「湯冷ましは毎日飲ませなさい」と産院で指導されていました。
この時代は、粉ミルクの普及が始まったころです。

この頃の粉ミルクは、今の粉ミルクと違い栄養成分が過剰に配合されていました。
この濃い成分のミルクを体内で薄めるため、湯冷ましを飲ませるように指導されていたのです。

現在では、粉ミルクの品質が向上してきたこと、母乳の大切さが重視されてきたため「湯冷ましは必要ない」と言われています。

一回の授乳量が少ない新生児のころから湯冷ましを与えると、母乳の飲みが悪くなることがあるため、産院でも湯冷ましについて指導されません。一回あたりの授乳量が充分であれば、あえて湯冷ましを与える必要は無いのです。

しかし新生児であってもミルク育児の場合、湯冷ましを飲ませることがあります。
それは夏場などに汗をたっぷりかいて水分不足になっている場合です。

ミルクは必要量以上与えると、胃腸に負担がかかるため、湯冷ましで水分補給を行います。

湯冷ましの作り方!

湯冷ましを作るには、水とやかん、または深めの鍋があればOK!

. 水道水をやかんに入れ、5~10分沸騰させる
. 人肌温になるまで冷ます

作り方はたったこれだけです。

しかし安心して飲める湯冷ましを作るために、押さえておきたいポイントがあります。

5分以上煮立てる

水道水には、カルキが含まれています。
このカルキを抜くためには、5分以上沸騰させる必要があります。
ただ単に沸騰させるのではなく、沸騰させ続ける時間も重要です。

一日で使い切る

保存時には、冷めてしまわないよう保温できる容器に入れておきましょう。
カルキが抜けた水は、雑菌が繁殖しやすくなります。
作った湯冷ましは一日で使い切りましょう

余った分は料理に使うなどして、翌日に赤ちゃんに与えないようにしましょう。
最近では、お湯の出るウォーターサーバーもあります。
少し冷ませばすぐに使えるので、忙しいママにオススメです。

湯冷ましの飲ませ方

湯冷ましを一回に飲ませる量は、月齢×10mlが目安です。
哺乳瓶やスプーンなど、赤ちゃんが飲みやすい方法で飲ませてあげてください。

大きくなってくるとマグなどで飲めるようになります。
数十mlですが、赤ちゃんにとってはお腹が満たされてしまう量です。
授乳に影響が出ない時間帯に飲ませるようにしましょう

メインは母乳やミルク!湯冷ましは必要時にうまく活用しよう!

簡単に作れて外出先でも飲ませやすい便利な「湯冷まし」。
でも少量とはいえ、赤ちゃんにとっては次の授乳へ影響が及ぶことのある量です。
あくまでも水分補給のメインは、母乳やミルクであることを意識しておきましょう。

おばあちゃん世代には湯冷ましを飲ませるように言われることもあるかと思いますが、母乳やミルクだけでしっかり水分が取れていれば無理に飲ませなくてOK!

暑い時期など水分不足が気になるときに、湯冷ましを飲ませてあげても良いでしょう。
湯冷ましの飲ませ方は、授乳に影響がない限り、これはNG!というものがありません。

ママの判断でうまく活用していけるようにしてみてください。

  関連記事

赤ちゃんの死亡事故は窒息が一番多いって本当?原因と予防法は?

厚生労働省が平成24年に発表した「人口動態調査」によると、0歳児の不慮の事故の死 …

難病に指定されている先天性魚鱗癬の症状や治療法とは

先天性魚鱗癬(ぎょりんせん)というのは難病の一つに指定されている病気で、発症率は …

赤ちゃんの肌トラブル「乳児発疹」にワセリンや馬油が効くって本当?そのメリット・デメリットは?

生まれたばかりのかわいい赤ちゃん。すべてがまっさらできれいな状態のはずなのに、あ …

保育園参観はした方がいい?0~3歳までの年齢での違いとは?

働くママにとって、保育園選びは重要です。そのため、我が子を入園させる保育園を決め …

デリケートな赤ちゃんの肌を守るために心がけることは?洗濯は別々にするべき?

待望の赤ちゃんが産まれて、お家の中でも外出時でも、ママやパパは赤ちゃんを守るため …

夜泣きがひどい…海外の寝かしつけを学んでママもしっかり休もう

夜泣きは、一般的には早くて生後3か月頃からで、平均して生後半年から1歳くらいに始 …

遺伝が原因?新生児に見つかる心室中隔欠損症ってどんなもの?治療法やその費用は?

生まれたばかりのかわいい赤ちゃん。10ヶ月待ち望んだわが子を前にお医者様から「心 …

どうして赤ちゃんは痰が絡みやすいのか?咳の原因は風邪?赤ちゃんに負担をかけない痰の取り出し方法とは?

赤ちゃんが、ゼーゼーと喉の奥で痰を絡ませていたり、ゴホンゴホンと苦しそうに痰が絡 …

「新生児」とはどんな時期?新生児のあれやこれを徹底解説!

新生児、乳児、幼児や学童。こどもの発達段階を表現するときには、このように分類され …

赤ちゃんの睡眠時間はどれくらい必要なの?その目安は?

赤ちゃんにとっての睡眠は、大人が考えている以上に大切なものです。浅い眠りであるレ …