ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

自分なりのスタイルで!授乳姿勢について

   

赤ちゃんが生まれると始まるママの「授乳」の仕事ですが、以前はママが座り赤ちゃんを抱っこさせた姿勢で飲ませることが定番でした。しかし、最近は色々な姿勢が推奨されているようです。その背景も事情も様々です。

赤ちゃんとママの両方にとって都合の良い飲ませ方が複数もあれば、赤ちゃんの成長にも役立ちます。そこで、昨今の授乳の体勢について幾つかご紹介していきます。

「ママも飲ませやすく、赤ちゃんも飲みやすい体勢」が基準です。

授乳姿勢の基本はどんなスタイル?

一般的な授乳姿勢は、ママが座ったままで背を伸ばしながら赤ちゃんを抱っこした状態で行われます。このとき赤ちゃんの顔と体がママのおっぱいの方を向かせることが大切です。

これは、赤ちゃんには乳頭を口に吸い付きやすいメリットがあり、ママには乳頭の損傷を防ぐメリットがあります。

このときにママの片手で赤ちゃんの首と体を支えながら、もう片手ではおっぱいを赤ちゃんの顔の前に持っていき、赤ちゃんが乳輪を加えやすいように工夫します。

基準としては赤ちゃんの下顎に当たる乳腺が、赤ちゃんの口で刺激を受ける程度です。口の運動によって母乳が促されるようにします。

応用したスタイルは?

赤ちゃんの授乳スタイルはいろいろ、基本のスタイルからのアレンジをご紹介します。

横抱きの授乳方法

ママの出産後に新生児を抱き上げる抱っこの方法で授乳させます。授乳中のおっぱいに近い腕で赤ちゃんの体を支えてあげます。ママも慣れている抱き方であるため、スムーズにできることがメリットです。

縦向きの授乳方法

赤ちゃんの首と体を赤ちゃんの背後から支えて、縦向きに抱っこして授乳させます。ママの手が大きい方が支えやすくなります。

ラグビー型抱っこによる授乳

ラグビーボールを選手が抱える姿をイメージします。ママの腕で赤ちゃんの体を支えて、赤ちゃんの足がママの後方へと来るように抱っこした授乳方法です。

添い寝の授乳方法

赤ちゃんをお布団に寝かせて、ママが添い寝をする授乳方法です。ママも赤ちゃんも側面を下にする必要があります。就寝中の授乳に活用できる方法です。

いろいろなスタイルで授乳させると、ママの乳腺炎の予防にも繋がります。

おっぱいにトラブルがあったり、それを防ぐ授乳姿勢は?

授乳は赤ちゃが乳輪ごと加え飲む力が強ければ、乳管からの母乳も満遍なく出てくると予想されます。母乳の滞りがなければ、赤ちゃんにとっても美味しい母乳を飲むことができ、ママの乳腺炎の心配も減ります。

基本の抱っこによる授乳方法は、赤ちゃんが最も乳輪を口にしやすい姿勢です。ママの乳管のつまりもなく、乳腺炎の予防にもなります。

おっぱいが、へん平の場合や乳輪が陥没している場合には、縦型の抱っこで赤ちゃんの顔をおっぱいにより密着させると満遍なく乳管を刺激させることができます。

また、ラグビーボールの授乳方法は、双子の授乳にも応用が利きます。基本の抱っこでは赤ちゃんが吸うことが難しいママの乳管の授乳を促させる場合もあります。

いずれにしても、授乳の姿勢を数パターン応用することが、ママの乳頭の傷害および乳腺炎予防にも繋がると期待できます。

便利アイテム!授乳クッションってどう使う?選び方は?

授乳中にクッションを愛用しているママも多いことでしょう。例えば、絨毯にママが座って赤ちゃんを正面向きにさせる基本のスタイルでは、ママの膝の上へとクッションを置きます。

赤ちゃんの体をママの両手で支える際には、クッションとママの間に赤ちゃんが位置しているように使用すると、赤ちゃんの口がママのおっぱいに届きやすくなります。赤ちゃんのソファーのように使用します。

また、添い寝の授乳の際にも赤ちゃんがママのおっぱいまで届きやすいように、赤ちゃんの背後にクッションを置いて支えたり後押しをしてあげると赤ちゃんも授乳が受けやすいです。

授乳に適したクッションは、クッションとカバーの素材が柔らかいもの、ホック付きでサークル上に出来たり、ストレートに戻したりと用途ごとにバリエーションが増えるものがおすすめです。

授乳タイムをママにとっても幸せな時間に

赤ちゃんが誕生してから始まる授乳の時間は、ママと赤ちゃんのふれあいの機会でもあります。とくに赤ちゃんは安心感を得ることができる時間でもあります。

ママの胎内で快適に過ごしてきた赤ちゃんは、出産後に自らの力で生きる術を得なければいけません。ママの授乳は赤ちゃんの成長を守る第一歩です。

そのためにも、ママが苦痛を感じていてはいけません。出来るだけママの体に優しく授乳できるように、工夫して楽しみましょう。

  関連記事

赤ちゃんの笑顔はママがつくる!赤ちゃんの笑顔の秘密とは?

赤ちゃんが産まれるとそれまでの生活がガラリと変わって赤ちゃん中心の生活になります …

赤ちゃんが白目むいてる!たまに寄り目のことも…。赤ちゃんの「目」のあれこれ徹底調査!

生まれたばかりのときは閉じていることが多かった「赤ちゃんの目」。徐々に目を開けて …

あると便利なアイテム!授乳クッションってどう使うの?使い方や選ぶポイントなど

無事出産を終え、可愛い赤ちゃんと対面すると本当にうれしいものですよね。しかし赤ち …

二分脊椎症とはどんな病気?原因や治療法が知りたい!

近年、厚生労働省は赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するため、妊娠前からの葉酸摂取を …

なんだか赤ちゃんが苦しそう!?新生児のいきみ・うなりがおこる原因とは

生まれたばかりの可愛い赤ちゃん。寝顔やぼんやりとおきているところを見ているだけで …

ベビーカーはいつからいつまで必要?A型とB型の違いとは?

赤ちゃんを迎える準備をする過程で、いろいろなベビー用品を購入することと思いますが …

男の子の赤ちゃんがおこしやすい移動性精巣(遊走精巣)ってどんな病気?その症状や原因、治療法は?

「あれ?赤ちゃんの陰嚢が何かおかしい?」と異変を感じたら、それは「移動性精巣」か …

我が子も「オムツアート」で素敵な写真を撮りたい!オムツアートの作り方をご紹介!

「オムツアート」をご存知ですか?数年前から人気のある「寝相アート」を発展させたも …

遺伝が原因?新生児に見つかる心室中隔欠損症ってどんなもの?治療法やその費用は?

生まれたばかりのかわいい赤ちゃん。10ヶ月待ち望んだわが子を前にお医者様から「心 …

新生児に添い乳ってしてもいいの?添い乳をする場合にはやり方は?げっぷの必要はある?

赤ちゃんにおっぱいをあげる方法は縦抱きや横抱き、斜め抱きなどが主流ですが、特に新 …