ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

自分なりのスタイルで!授乳姿勢について

   

赤ちゃんが生まれると始まるママの「授乳」の仕事ですが、以前はママが座り赤ちゃんを抱っこさせた姿勢で飲ませることが定番でした。しかし、最近は色々な姿勢が推奨されているようです。その背景も事情も様々です。

赤ちゃんとママの両方にとって都合の良い飲ませ方が複数もあれば、赤ちゃんの成長にも役立ちます。そこで、昨今の授乳の体勢について幾つかご紹介していきます。

「ママも飲ませやすく、赤ちゃんも飲みやすい体勢」が基準です。

授乳姿勢の基本はどんなスタイル?

一般的な授乳姿勢は、ママが座ったままで背を伸ばしながら赤ちゃんを抱っこした状態で行われます。このとき赤ちゃんの顔と体がママのおっぱいの方を向かせることが大切です。

これは、赤ちゃんには乳頭を口に吸い付きやすいメリットがあり、ママには乳頭の損傷を防ぐメリットがあります。

このときにママの片手で赤ちゃんの首と体を支えながら、もう片手ではおっぱいを赤ちゃんの顔の前に持っていき、赤ちゃんが乳輪を加えやすいように工夫します。

基準としては赤ちゃんの下顎に当たる乳腺が、赤ちゃんの口で刺激を受ける程度です。口の運動によって母乳が促されるようにします。

応用したスタイルは?

赤ちゃんの授乳スタイルはいろいろ、基本のスタイルからのアレンジをご紹介します。

横抱きの授乳方法

ママの出産後に新生児を抱き上げる抱っこの方法で授乳させます。授乳中のおっぱいに近い腕で赤ちゃんの体を支えてあげます。ママも慣れている抱き方であるため、スムーズにできることがメリットです。

縦向きの授乳方法

赤ちゃんの首と体を赤ちゃんの背後から支えて、縦向きに抱っこして授乳させます。ママの手が大きい方が支えやすくなります。

ラグビー型抱っこによる授乳

ラグビーボールを選手が抱える姿をイメージします。ママの腕で赤ちゃんの体を支えて、赤ちゃんの足がママの後方へと来るように抱っこした授乳方法です。

添い寝の授乳方法

赤ちゃんをお布団に寝かせて、ママが添い寝をする授乳方法です。ママも赤ちゃんも側面を下にする必要があります。就寝中の授乳に活用できる方法です。

いろいろなスタイルで授乳させると、ママの乳腺炎の予防にも繋がります。

おっぱいにトラブルがあったり、それを防ぐ授乳姿勢は?

授乳は赤ちゃが乳輪ごと加え飲む力が強ければ、乳管からの母乳も満遍なく出てくると予想されます。母乳の滞りがなければ、赤ちゃんにとっても美味しい母乳を飲むことができ、ママの乳腺炎の心配も減ります。

基本の抱っこによる授乳方法は、赤ちゃんが最も乳輪を口にしやすい姿勢です。ママの乳管のつまりもなく、乳腺炎の予防にもなります。

おっぱいが、へん平の場合や乳輪が陥没している場合には、縦型の抱っこで赤ちゃんの顔をおっぱいにより密着させると満遍なく乳管を刺激させることができます。

また、ラグビーボールの授乳方法は、双子の授乳にも応用が利きます。基本の抱っこでは赤ちゃんが吸うことが難しいママの乳管の授乳を促させる場合もあります。

いずれにしても、授乳の姿勢を数パターン応用することが、ママの乳頭の傷害および乳腺炎予防にも繋がると期待できます。

便利アイテム!授乳クッションってどう使う?選び方は?

授乳中にクッションを愛用しているママも多いことでしょう。例えば、絨毯にママが座って赤ちゃんを正面向きにさせる基本のスタイルでは、ママの膝の上へとクッションを置きます。

赤ちゃんの体をママの両手で支える際には、クッションとママの間に赤ちゃんが位置しているように使用すると、赤ちゃんの口がママのおっぱいに届きやすくなります。赤ちゃんのソファーのように使用します。

また、添い寝の授乳の際にも赤ちゃんがママのおっぱいまで届きやすいように、赤ちゃんの背後にクッションを置いて支えたり後押しをしてあげると赤ちゃんも授乳が受けやすいです。

授乳に適したクッションは、クッションとカバーの素材が柔らかいもの、ホック付きでサークル上に出来たり、ストレートに戻したりと用途ごとにバリエーションが増えるものがおすすめです。

授乳タイムをママにとっても幸せな時間に

赤ちゃんが誕生してから始まる授乳の時間は、ママと赤ちゃんのふれあいの機会でもあります。とくに赤ちゃんは安心感を得ることができる時間でもあります。

ママの胎内で快適に過ごしてきた赤ちゃんは、出産後に自らの力で生きる術を得なければいけません。ママの授乳は赤ちゃんの成長を守る第一歩です。

そのためにも、ママが苦痛を感じていてはいけません。出来るだけママの体に優しく授乳できるように、工夫して楽しみましょう。

  関連記事

障害が生じてしまうことも?脳性麻痺ってどんなこと?

「脳性麻痺」は、小児麻痺と混同されてしまうことが少なくありませんが、まったく別の …

赤ちゃんの抱っこの仕方は時期によって違うの?月齢別の抱っこの仕方とコツ

赤ちゃんとの絆を深めていくためには、「抱っこ」はとても重要です。 抱き癖など気に …

新生児に発生しやすい肌トラブル 中毒疹の症状と対策

小さい子どもがかかる病気はいろいろあります。特に新生児の時期はお腹の中とは環境が …

赤ちゃんの睡眠時間はどれくらい必要なの?その目安は?

赤ちゃんにとっての睡眠は、大人が考えている以上に大切なものです。浅い眠りであるレ …

母乳と粉ミルクの違いって何?成長に影響するの?

妊娠後期に入ると、赤ちゃんのものを揃え始めるママが多いことでしょう。その際、粉ミ …

母乳とミルクではうんちが変わる?回数や色について教えて!

生後1カ月の赤ちゃんは、日に何度もおむつ替えが必要です。うんちの色や固さは健康の …

赤ちゃんにベビーパウダーを使うのはOK?注意点はある?

いまのママは赤ちゃんだったころは、育児をする家庭には必ず、ベビーパウダーが置かれ …

赤ちゃんの泣き声には世界に共通した種類がある!これを知れば泣き声までも大好きになれる!

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とよく言われますね。泣くことは元気な証拠でもありますが …

胎脂って?知っておきたい新生児の肌がカサカサになる原因

お腹から出てきたばかりの赤ちゃんの肌は、1ヶ月をかけて外部に適応していきます。 …

赤ちゃんの眉毛はいつごろから生えてくるの?太い・薄いなど悩みを解消する方法は?

赤ちゃんが産まれた瞬間は大事業を終えた達成感や疲労感と、それ以上の喜びに包まれて …