ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

母乳を出やすくする方法まとめ。母乳育児を目指すママ必見です

   

ママの母乳の中には様々な栄養や免疫が含まれており、赤ちゃんにとって良いものとなっています。

赤ちゃんが生まれたら母乳で育ててあげたいと考えているママには、赤ちゃんが生まれる前から母乳が出やすくなる生活を知ってもらうことが大切です。

赤ちゃんが生まれてからも慌てずに過ごせると、ママにも赤ちゃんにもメリットがあるのではないでしょうか。

ここでは母乳育児を考えているママに知ってもらいたい、母乳を出やすくする方法をご紹介します。

母乳育児のメリットとは?

母乳育児のメリットとして、母乳に含まれる栄養素と免疫成分が挙げられます。

母乳には栄養がバランスよく含まれ、消化も良いので赤ちゃんの健やかな成長を促してくれるのです。そして免疫成分が含まれていることにより、病気にかかりにくく強い体を作ることができます。

また、栄養素以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 赤ちゃんの吸う力が鍛えられ、舌やあごの筋肉の発達につながる
  • コミュニケーションがより密接になる
  • 産後のダイエットにもつながる

このように母乳育児では、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても嬉しいことがたくさんあるのです。

母乳を出やすくしたい!やっぱり食事内容は気にしないといけない?

母乳育児をするにあたって、母乳の量については誰もが気になるもの。そして、母乳の分泌量の増減には、食事が影響していると思い込んでいるママも多いことでしょう。

ですが、食事内容と母乳の出やすさが関連しているというのは、科学的に証明されている説ではありません。

もちろん、バランスのとれた食事をすることは、ママと赤ちゃんの健康を守ることにつながりますが、それだけが母乳の分泌量に影響するわけではないのです。むしろ、食事を気にし過ぎてストレスを溜めすぎるのもよくありません。

大切なのは摂るべき栄養と水分量

ただし、授乳中のママは、妊娠前より1日350kcal多くのエネルギーが必要で、たんぱく質とビタミン、ミネラルの摂取量も増やした方がよいとされているので、その点については意識するようにしましょう。

食事内容を見直す際は、厚生労働省が推奨している『授乳婦の食事摂取基準』を参考にしてみましょう。以下に食事摂取基準と目安量を抜粋表示します。

・授乳婦の食事摂取基準
授乳婦の食事摂取基準

・授乳婦の目安量
授乳婦の目安量

また、母乳のほとんどは水分でできており、喉が渇かないからといって水分不足になった体は母乳の出が悪くなってしまいます。母乳の出が悪くならないように、こまめな水分補給を忘れないようにしましょう

母乳が出にくくなってしまうのはなぜ?

そもそもなぜ”母乳が出にくい”という状態になってしまうのでしょうか。原因を知って対策をするためにも、考えられるものをいくつか紹介していきます。

血行不良

母乳は血液からつくられるので、血流が悪くなると分泌されにくくなります。冷えが血行不良を誘引するので、以下のようなことに気をつけるとよいでしょう。

  • 入浴の際は湯船につかる
  • 温かい飲みものを飲む
  • 適度に運動する

また、妊娠中と同じように首元や足元を温める、冷房の設定温度を下げすぎないなど体を冷やさない生活を心がけてください

ストレス

ママがストレスを感じることも、母乳が出にくくなる原因として考えられます。特に初めての育児の場合、周囲の些細な言葉に傷ついたり、常に赤ちゃんと一緒で気が休まらないママもたくさんいます。家族に協力してもらい、リフレッシュする時間を意識してつくりましょう

水分不足

母乳の88%以上は水分なので、きちんと補給しなければ不足してしまいます。授乳中のママが1日に飲む水分は、2リットルが目安となっています。

常温の水や白湯、ノンカフェインの温かいお茶などを、1日に何度にも分けて飲むようにしましょう。

授乳姿勢

授乳時の姿勢が悪いことも、母乳が出にくくなる原因となります。赤ちゃんに授乳する姿勢がいつも同じだったり、乳房を圧迫することで、一部の乳管から母乳が出ていない可能性があります。

また、同じ姿勢を続けることで、血行不良にもつながってしまいます。横抱きや縦抱き、ラグビー抱きなど、1日の中で授乳する際の姿勢を意識的に変えましょう

授乳回数

授乳回数が少ないことも、原因の一つです。特に新生児期の赤ちゃんには、1日10回以上は授乳することを心がけたいところです。というのも、乳管は赤ちゃんが乳首を吸う刺激によって開くからです。

赤ちゃんに授乳させる前に、少し母乳を絞っておくのも効果があるので、試してみてください。

睡眠不足と疲労

赤ちゃんが夜まとめて寝てくれるようになるまでは、ママの睡眠はどうしても細切れになりがちです。また、お床上げの後は育児と家事を両立するため、知らず知らずのうちに疲れをためているママが多いものです。

そんな時は、赤ちゃんと一緒に昼寝をするなど、休養する機会をつくりましょう

赤ちゃんに吸ってもらうのも大切

新生児はおっぱいを飲むのが上手ではありませんし、ママの中には母乳がなかなか出ないひともいます。

そんな時でも、すぐにミルクを飲ませるのではなく、できるだけ赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうようにしましょう。というのも、母乳は出ているから赤ちゃんに飲ませるのではなく、おっぱいを吸わせることで出てくるようになるものだからです。

赤ちゃんが乳首を吸うと、ママの脳に刺激を与え、授乳のために必要なホルモンを分泌させます。母乳の出が悪い時でも、1日10回以上はおっぱいを吸わせて、自分の身体に刺激を与えましょう。

合わせて、母乳が出にくくなるほかの原因も解決できるように、生活習慣を見直してくださいね。

心身のストレスを溜め込まないで!

母乳とママのストレスは大きな関係があります。まだ小さな赤ちゃんのことが心配でいつも気を張っていることも多いので、それだけでママは疲れてしまいますね。

家の中で気になることはたくさんあるかもしれませんが、気にしすぎることなく割り切って休みましょう。いろいろと戸惑う生活の中でストレスを発散させたり上手に付き合うことも必要です。

また母乳育児をしたいとずっと思っていたのに、出産後に母乳が出るまでに時間がかかってしまい、それ自体がストレスになってしまう人もいるようですね。

母乳が出る出ないの理由には個人差もあります。

そのため、母乳育児に囚われ過ぎないように、自分のペースで赤ちゃんに母乳をあげることがママにとっても赤ちゃんにとっても一番大事なことです。

まとめ

今回は母乳を出やすくするコツや対策について解説してみました。

  • 母乳育児は元気に育ちやすい
  • ママのダイエットにもなる
  • 妊娠前より食事摂取成分や量に気をつかう
  • ストレスやライフスタイルが母乳の出やすさに影響する

また、少しでも母乳の出をよくしたいママにはこちらの商品もぜひ試してほしいです。

母乳の出をよくしたいママにおすすめの飲み物・サプリ8選

「自分の子供は自分の母乳で育てたい」
「母乳が出が悪いのを改善したい」

そんな方は、ぜひ当記事を参考に色々な方法を行ってみましょう。

  関連記事

乳幼児突然死の原因にも!?赤ちゃんの「うつ熱」について知っておこう

体温が高くなる高体温という症状には、病気の時の“発熱”以外に“うつ熱”というもの …

どの赤ちゃんにもおこりうる「低血糖」!新生児の低血糖について知り、早期に対応できるようにしよう!

生まれたばかりの赤ちゃんは、「低血糖」になりやすいことをご存知ですか?赤ちゃんは …

二分脊椎症とはどんな病気?原因や治療法が知りたい!

近年、厚生労働省は赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するため、妊娠前からの葉酸摂取を …

赤ちゃん筆?胎毛って一体何?赤ちゃん筆を作ってくれる場所や、気になるそのお値段は?

「赤ちゃん筆」とは、胎毛を使って作る、生まれて初めての筆のことです。「胎毛」とい …

目や肌が黄色い!?新生児黄疸には種類がある!黄疸の原因となるビリルビン数値の基準値とは?

誕生したての赤ちゃんに多い、黄疸(オウダン)の症状が気になるママも多いのではあり …

赤ちゃんのための加湿器を選ぶ際のポイントは?使用する際に注意点はある?

赤ちゃんは、大人より免疫力が弱く、デリケートなので、適度な温度と湿度を保った部屋 …

赤ちゃんが泣かない、笑わない、目を合わせない?もしかして「精神遅滞(知的障害)」かも!

初めての子育て。一生懸命赤ちゃんに向き合っているからこそ、不安は大きいものです。 …

フェニルケトン尿症が疑われたら?症状や治療法は?遺伝が原因って本当?

赤ちゃんが生まれると、退院するまでにすべての赤ちゃんを対象に「新生児マススクリー …

クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)の症状と治療法!予防法は?

クレチン症とも呼ばれる先天性甲状腺機能低下症は、出生児3000人から4000人に …

新生児でも臭いを嗅ぎ分けることはできるの?赤ちゃんの味覚はいつ頃から発達し始める?

人間が生きていくための本能として備わっている五感。それは赤ちゃんにも同じく与えら …