ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃん筆?胎毛って一体何?赤ちゃん筆を作ってくれる場所や、気になるそのお値段は?

   

「赤ちゃん筆」とは、胎毛を使って作る、生まれて初めての筆のことです。「胎毛」というのは、ママのお腹の中で、赤ちゃんに生えていた毛のことで、毛先が細くなっている為、筆に適しているのです。

毛は、一度切ってしまうと毛質が変わってしまうので、生まれてはじめての毛が一番適しています。

「赤ちゃん筆」には「頭脳明晰」「無病息災」「字が上手くなりますように」など、様々な願いが込められています。今回は、赤ちゃん筆について、まとめていきたいと思います。

赤ちゃん筆?胎毛筆?って一体何のこと?

「赤ちゃん筆」は、他にも「胎毛筆」「誕生筆」とも呼ばれています。ママの胎内にいるときから、赤ちゃんに生えている毛を使って作る筆の為、一生に一度しかつくるチャンスがありません

発祥は「赤ちゃん筆センター」が昭和42年に始めたことで、今ではキッズ美容室などでも受け付けています。また、赤ちゃん雑誌などでも多く紹介されている為、若いママにも馴染みがあることかと思います。

そして、胎毛には極稀に白髪が混ざっていることがあり、それは「福白髪」と呼ばれているもので、とても幸運なものなので、「赤ちゃん筆は特に検討していない」という方でも、福白髪を見つけたら、ぜひ作ることを検討してみてください。

赤ちゃん筆はどこで作ってもらえる?

よく、町の理容室・美容室で「赤ちゃん筆受け付けます」という旗を見たことはありませんか?そこでももちろん作ることはできますし、上記でも紹介した「赤ちゃん筆センター」に持ち込み、提携美容室で申し込む事ができます

最近増えたキッズ美容室だと、座るイスが車だったり、アニメのDVDも流してくれるので、そういうところで美容室デビューしてみるのもいいかもしれません。

また、キッズ美容室の「CHOKI-CHOKI」だと、初めてのカットはママやパパに切らせてくれたり、写真をくれたり…と、思い出に残る事をしてくれるので、より多くの思い出を残したい!という方にはおすすめです。

そして、近くに「赤ちゃん筆センター」の提携美容室や、キッズ美容室もない!という方などは「赤ちゃん筆センター」や、雑誌に載っている専門店で、郵送でも受け付けているので、便利ですよね。

作ってもらうべき時期はいつ頃がいいの?

筆にするのは、5センチ以上の毛が必要なので、大体髪の毛が生えそろう1才前後が安心かもしれません。また、1才ならば、アニメなども短時間なら見る事ができると思うので、動いて危ないということも少ないかと思います。

5センチと説明しましたが「赤ちゃん筆センター」では5センチ以下の毛も受け付けているようなので、切った毛は全て持参するか郵送するようにしましょう。

また1才というのは、丁度子育てして1年目。ママにとっても、思い出深い年になります。「赤ちゃん」らしさはどんどんなくなってしまい、成長して「子ども」らしくなります。

ママのお腹の中で育っている時から生えている毛。それを1才の誕生の記念に作ることで、思い出になり、より一層我が子が愛おしくなると思います。将来、筆を子どもに見せる時に、1才の誕生日プレゼントなんだよ、と説明してあげてください。

仕上がりの種類も豊富?その気になる価格は?

作ってあげたいけど、いくらかかるのか気になりますよね。ただでさえ、子どもを産んで物入りになります。

専門店によりますが、大体¥5000~¥10000が多いです。しかし、2本目からは¥1000引き等ありますし、筆のランクにもよります。

また、メモリアルとしてフレームのオプションなど、製作メーカーによりますので、ご自分に合うメーカーを探してみてください。髪の毛が多く取れた場合は、おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントしてみてもいいですよね

「赤ちゃん筆センター」では、¥5000から¥1000ごとに、120コースありますので、予算や用途によって選ぶのもいいですよね。

「金銭的に心配…」という方でも、¥5000ならお祝いや、児童手当でも捻出しやすいですよね。ぜひ、一生に一度の胎毛を使って、筆を作ってあげてください。

赤ちゃんの大切な記録として作ってみよう

いかがでしたか?赤ちゃん筆に興味があっても、値段が心配…という方でも、¥5000からなら安心ですよね。そして「薄毛だからつくれない」と思っていても、プロの手によってつくられるので、短い毛でも安心です

筆として使用したいと思っていても、一生に一度しかとれない毛なので、ぜひ観賞用、記念用として飾ってあげてください。

大学入学や、成人式、結婚式、そして、孫が出来た時…大人になって、渡されると感動することと思います。私も、母親から、子どもが生まれた時に渡されて、とても感動したのを覚えています。ぜひ、思い出の一つに検討してみてください。

  関連記事

お食い初め歯固めの石とは?その選び方と用途・価格帯

赤ちゃんが誕生すると健やかな成長を願って色々な行事がありますよね。そんな中でも「 …

慣らし保育は母子ともに試練!?気になる仕事との両立は?

共働き家庭が増え、育児休暇を終えれば職場復帰するというママも多いです。第一関門で …

インフルエンザにかかってしまったときのお風呂対策とは?入ってはいけない原因やタイミングはいつ?

できることなら絶対かかりたくないインフルエンザ。抵抗力の弱い子どもが感染してしま …

赤ちゃんが笑顔になるのは戦略!?喜怒哀楽の発達の仕方とは?

長い妊娠期間を経て、出産して我が子に対面したときに感じる喜びは、女性冥利につきる …

どうやって子供の虫歯予防をしてる?赤ちゃんのうちに虫歯を防ぎたい、その予防法とは?

現在、5歳までに虫歯になる子供の割合は6割と言われており、しっかりとした虫歯対策 …

新生児の目の動きがおかしい。親として気をつけるべき症状

新生児の目の動きは、まだ機能が未発達なので「少し目の動きがおかしいかも?」と心配 …

ベビーリトミックのおすすめポイントは?いつから始められるの?

妊娠がわかった時点で、早期教育に思いをはせるママが案外多いようです。とはいえ、実 …

生後1ヵ月の赤ちゃんが吐く原因と予防法を知っておこう!

生後1ヵ月の赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませた後、噴水のように吐かれて、不安になる …

早産児ってなに?未熟児や低出生体重児との違いについて知っておこう

妊娠していると、赤ちゃんと対面できるのは待ち遠しいものですよね。しかしあまり早く …

赤ちゃんがなかなか寝てくれなくて悩んでいるママへ!赤ちゃんがすんなり寝てくれる!?寝かしつけワザとは?

産まれたばかりの赤ちゃんは可愛いですよね。特に眠っている赤ちゃんの姿は天使のよう …