ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの寝かしつけに背中トントンがいいって本当?そのほかの寝かしつけ方法はあるの?

   

初めての育児に取り組むママにとって、赤ちゃんの寝かしつけは難しいものかもしれません。

特に夜中の授乳が続いている時期は、ママも身体を休めておきたいものですし、早く寝かせてしまいたいと気が急くのに、赤ちゃんがなかなか寝てくれず、ノイローゼ気味になるママも少なくないものです。

そこで今回は、赤ちゃんの寝かしつけによいとされる、背中トントンについて、お話しします。背中トントンが効く理由や方法、注意点と、そのほかの方法についてもまとめておきますので、参考にしてみてくださいね。

背中トントンって何?どうして効くの?

背中トントンとは、赤ちゃんの背中を一定のリズムでトントンすることで、寝かしつける方法のことをいいます。

赤ちゃんはママのお腹にいるとき、その心音を聞いて過ごしていました。そして、ママの血流の音も聞いていたので、泣いている赤ちゃんに似たような音を聞かせると、泣き止むこともあるほどです。

そのため、赤ちゃんを胸に抱き、ママの心音や血流の音が聞こえる体勢で、背中を一定のリズムでトントンしてあげると、安心感を得やすく、寝つきがよくなるのだそうです。

この背中トントンは、寝かしつけるときだけでなく、赤ちゃんがぐずったり、あやしたいときに行うのも、効果的とされています。

赤ちゃんをリラックスさせたいときに、背中トントンしてあげましょう。

背中トントンのやり方は?注意点はある?

では、実際に赤ちゃんに背中トントンする方法をまとめておきましょう。寝かしつけるために背中トントンをするときには、部屋を暗くしてから行ってください。

赤ちゃんの頭がママの肩や胸にくるように抱き、背中を同じ間隔、同じ速さでトントンとたたきます。その際のテンポは、赤ちゃんの好みに合わせてあげるのがポイントです。それをつかむまでは、何度かリズムを変えて、背中をトントンしてみましょう。

また、背中トントンするときは、少し強めの方が効果があります。これは、赤ちゃんが振動を感じやすくなるためです。力加減が心配なときは、ママの手のひらを少し丸めてたたくと、力加減が和らぎます。

背中トントンをするときの注意点としては、赤ちゃんの体調がよいときしか行わないことです。体調が悪いときには、力を弱めてトントンしてあげてください。

背中ボスボスという方法もある

保育園では、背中トントンではなく、「背中ボスボス」という方法で寝かしつけることがあります。背中ボスボスとは、優しく背中をトントンするのではなく、ボスボスと音がたつ力加減でたたく方法のことです。

背中ボスボスを行うときは、手のひらで水をすくうときのように、少し丸めるのがポイントです。そして、赤ちゃんのお尻辺りを、2秒に3回程度の速さで、リズミカルにたたきます。すると、ボスボスという音がします。

これは、赤ちゃんがママの胎内で聞いていたのと同じように、強めに叩くことで音が大きくなり、安心感を得やすいという理由で用いられています。

背中ボスボスであれば、パパでも行うことができるので、寝かしつけが分担できるというメリットもあります。

ママがリラックスして行うとより効果的!

背中トントンは、赤ちゃんを寝かしつけるのに、効果的な方法の一つです。ですが、赤ちゃんの体調や機嫌によっては、背中トントンをしても、スンナリ眠ってくれないときもあります

いつもより長時間、背中トントンをしても眠らないときには、横抱きにしてゆらしてあげるなど、ほかの方法を試してみましょう。

また、ママが早く寝かせようとあせっていると、その気持ちが赤ちゃんに伝わり、余計寝つきが悪くなります。背中トントンをするときには、ママもリラックスするように心がけましょう。

  関連記事

赤ちゃんがベッドから落下した!どうしたらいいの?

新生児は寝返りをうったり、自ら移動することはないので、ベッドから落下することなど …

遺伝が原因?新生児に見つかる心室中隔欠損症ってどんなもの?治療法やその費用は?

生まれたばかりのかわいい赤ちゃん。10ヶ月待ち望んだわが子を前にお医者様から「心 …

新生児にも寝ぐずりってあるの?その原因と対処法は?

無事に出産を終えて、待ち望んでいた赤ちゃんとの生活を始められると、喜び勇んでいた …

子育てに自信がないときの対策は?考え方は変えられる?

晩婚化が進む現代の日本では、女性の初産年齢があがっています。それまで仕事でキャリ …

新生児に添い乳ってしてもいいの?添い乳をする場合にはやり方は?げっぷの必要はある?

赤ちゃんにおっぱいをあげる方法は縦抱きや横抱き、斜め抱きなどが主流ですが、特に新 …

添い乳は危険だからやめた方がいいの?添い乳で安全に寝かしつけるおすすめの方法とは?

添い乳はママにとって、楽にできる授乳方法ですよね。赤ちゃんにとっても、ママの匂い …

低体重児が産まれた時のリスクと気になる原因は?障害の心配やミルクを飲ませる量の目安を教えて!

妊娠の喜びとともに出産までは心配ごとも多いと思いますが、新生児にある「低出生体重 …

ベビー布団の選び方のポイントは?掛け布団は必要?

赤ちゃんを迎えるにあたって、ベビー布団を用意するかどうか、悩むママやパパもいるの …

我が子が可愛くてやってしまうが、赤ちゃんにとって迷惑な行動のこと

赤ちゃんとの生活に慣れ、ママやパパの気持ちに余裕が生まれると、我が子可愛さのあま …

高齢出産になればなるほど発症率が高くなる21トリソミー(ダウン症)とは?

晩婚化が進む日本では、必然的に高齢出産が増えています。そのため、21トリソミーの …