ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ベビー布団の選び方のポイントは?掛け布団は必要?

   

赤ちゃんを迎えるにあたって、ベビー布団を用意するかどうか、悩むママやパパもいるのではないでしょうか。

ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせる予定のときは、必然的にベビー布団が必要になります。では、ベビー布団は何を基準に選べばよいのでしょうか。また、産まれる季節によっては、掛け布団が不要では?と考える家庭もありそうです。

そこで今回は、ベビー布団に関する疑問について、お話しします。赤ちゃんが産まれる前に、しっかり準備してあげてくださいね。

ベビー布団って何?用意すべき?

ベビー布団とは、赤ちゃんのことを考えてつくられた、専用布団のことをいいます。大抵の場合は、敷き布団と掛け布団、シーツ、カバー、枕などがセットで販売されています。

ベビーベッド用だけでなく、畳に敷いて使うためのベビー布団も販売されているので、産後の生活に合わせて準備すればよいでしょう。

とはいえ、大人用の布団で代用できるのでは?と考える、ママやパパもいるようです。ですが、新生児のときは特に、1日の大半を眠って過ごすので、赤ちゃんに適したベビー布団を用意してあげるのがおすすめです。

というのも、赤ちゃんの身体が沈み込まない、うつぶせになっても窒息しないことを考慮して、ベビー布団は硬めにつくられているからです。また、掛け布団も軽くて通気性が良いようにつくられているので、赤ちゃんの負担になりにくいという特徴があります。

ベビー布団の選び方のポイントは?

では、いざベビー布団を購入しようと考えたとき、何を基準に選んだらよいのでしょうか。

まず、セット内容を確認することです。シーツや掛布団カバーは汚れることが多いので、洗い替えがある方が便利ですし、月齢が大きくなったときのために、キルトパットや防水シーツが含まれているものもあります。

何が必要かを見極めて、購入するようにしましょう。そして、赤ちゃんの肌にやさしい素材でつくられていること、通気性がよいことも、ベビー布団を選ぶうえで、大事なポイントです。

そしてもう一つ、洗濯がしやすいかどうかをチェックしてください。ベビー布団のマットレスは洗えないものが多いですが、汚れが落ちやすいか、天日干ししやすいかも、きちんと確認しておきましょう。

子どもが掛け布団を嫌がるときの対策は?

赤ちゃんも月齢が高くなってくると、脚の力が強くなります。そして、体温が高いので、暑がって掛け布団を蹴ってしまうことが増えます。

掛け布団をかけずに眠ると風邪をひくのではと、心配になるママやパパも多いことでしょう。そんなときは掛け布団ではなく、ベビー用の毛布やタオルケットをかけてあげてください。

それでも蹴ってしまうなら、子どもの身体をすっぽり覆ってくれるスリーパーを使うことをおすすめします。冬場でも掛け布団を嫌がる子どもは多いので、スリーパーを着せたうえで掛け布団をかけ、蹴っても温かい状態を保てるようにしておくのです。

また、ベビー毛布を用意するときには、洗濯が可能で、赤ちゃんの肌にやさしい素材のものを選びましょう。

ベビー布団で睡眠環境を整えてあげよう!

赤ちゃんは、1日の大半を眠って過ごします。これは、心身の健やかな成長のうえで、とても大切なことです。

だからこそ、赤ちゃんの睡眠環境を整えてあげる必要があるのです。ベビー布団を選ぶときには、デザインではなく、使用して心地よいかどうかを優先してあげてください。

また、赤ちゃんは予想以上に汗をかいたり、吐いたり、おむつ漏れで布団を汚すことが多いものです。そんなときに困らないように、洗い替えやシーツ代わりに使える大判のバスタオルなども、用意しておくことをおすすめします。

  関連記事

生後1ヵ月の赤ちゃんが吐く原因と予防法を知っておこう!

生後1ヵ月の赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませた後、噴水のように吐かれて、不安になる …

男の子の赤ちゃんの性器に異変が?もしかして陰嚢水腫かも!?その原因と治療法とは?

我が子の身体に異変がおきたら心配するものですが、特に性器のような繊細な部分なら尚 …

普段見慣れた蒙古斑…その正体ってどんなものなの?

赤ちゃんの背中からおしりにかけて出来る青いアザ「蒙古斑」。ママ自身も小さい頃には …

赤ちゃんはいつから海外旅行に連れて行ける?注意点はあるの?

海外旅行好きなご夫婦の中には、赤ちゃん連れでのお出かけを考える人たちもいることで …

こんにちは赤ちゃん事業は何のためにあるの?その内容と問題点は?

厚生労働省は2007年4月、「こんにちは赤ちゃん事業」を創設しました。これは、児 …

赤ちゃんが指を握る力が弱いと問題なの?チェック方法と対処法が知りたい!

生まれたばかりの赤ちゃんには、本能的に備わっている「原始反射」が見られ、その種類 …

泣いたらデッキに!赤ちゃんとの新幹線移動の気をつけることとは?

ママの膝の上なら料金はかかりません 赤ちゃんを連れて新幹線に乗るときは、どのよう …

赤ちゃんでもかかることがある!肛門周囲膿瘍の原因や症状、治療方法のこと

赤ちゃんのおむつ替えをしているときに、肛門のあたりが腫れていたり、おできができて …

赤ちゃんの運動能力の発達は、生まれた季節で変わるって本当?運動能力を促す方法とは?

運動神経に自信がないパパとママにとって、その能力が遺伝だけではなく、季節でも影響 …

新生児訪問は受けなければいけないの?目的や内容とは?

厚生労働省では、母子保健法に定められた事業として、「新生児訪問」を行っています。 …