ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

心配ご無用!赤ちゃんをお風呂に一人で入れるって意外と簡単!入れ方とコツを伝授!

   

「夜、パパが仕事でいない!赤ちゃんのお風呂どうしたらいいの?」沐浴時期が過ぎ、一緒にお風呂に入るようになった赤ちゃんと生活していると、よくおこるこのシチュエーション。我が家では、お風呂の時間にパパがいないことが多く、この状況によく直面します。初めて一人でお風呂に入れる時、とても不安ですよね。

安心してください!この記事を読めば、一人でお風呂に入れる自信がつくはずです。

初めて一人でお風呂に入れるママに、入れる方法、コツ、注意点をご紹介します

手順やコツを押さえ、準備をしておけばゆったりとお風呂に入れますよ!

一人でお風呂に入れる方法

はじめに、ママが一人のとき、どうやって赤ちゃんをお風呂に入れるのか方法をご紹介します。

ママが最初に全身洗う

赤ちゃんには待ってもらい、まずはママが自分の体を洗います。赤ちゃんを入れてからは目も手も離せないので、全て終わらせておきましょう。その間、赤ちゃんは肌着やおむつ一枚など脱ぎやすい服で脱衣所に待たせておきます。

浴室の扉は開けたままにしておくと、赤ちゃんもご機嫌に過ごせるでしょう。ねんね期はその場で待っていてくれますが、寝返りが始まると移動してしまいます。
バウンサーや赤ちゃん用の椅子、おもちゃなどを活用しましょう。

洗い場に余裕があり水がかかることを嫌がらない赤ちゃんであれば、浴室にチェアやマットを置き、待ってもらうのもOK!

次は赤ちゃんの番!

ママが終わったら、次は赤ちゃんです。

赤ちゃんは、ママの膝の上で洗ってあげましょう。「いつもの洗い方」がある場合には、その方法で良いです。ベビーソープを利用して、優しくきれいに洗ってください。沐浴布などを掛けると、赤ちゃんは安心します

ママと赤ちゃん、一緒に湯船へ

洗い終えたら一緒に湯船につかります。歌を歌ったり、ぷかぷかしながらマッサージしたり。赤ちゃんとゆったり2人の時間を楽しんでください。

着替える

湯船から上がったら、まず赤ちゃんの体をしっかり拭き、おむつを履かせます。その後、ママも体を拭いて服を着てください。

ママが支度をしている間、赤ちゃんはおむつ一枚で冷えないか心配かと思います。

でも大丈夫!むしろお風呂上りにすぐ服を着せるより、汗をかかずに済み、湯冷めを防ぐことができます。冬の寒い日であれば、おむつ+薄手の肌着などをパッと着せてあげましょう。

ママの着替えが済んだら、赤ちゃんの保湿をし、服を着せたら終了です。

これをしておけばもう大丈夫!一人で入れる時のコツ!

赤ちゃんを一人でお風呂に入れる時には、知っておきたいコツがあります。コツを押さえておけば、もう大丈夫!一人でお風呂に入れるのもへっちゃらです。

バスタオルや赤ちゃんの着替えは準備万端に!

お風呂から上がったらすぐに赤ちゃんを拭けるよう、脱衣所の取りやすい所にバスタオルを準備しておきましょう。おむつを履かせる時に座らせる場所にも、タオルを敷いておくとより良いです。

裸の赤ちゃんは開放的になり、おしっこやうんちをしやすい!すぐにおむつを履かせられるようにしておきましょう

また、パジャマのボタンなどを外しておく、保湿剤などのお風呂上りのケアグッズも準備しておくと、とても楽になりますよ。

ママの髪の毛、しっかり水気を切る

ママの洗髪後、赤ちゃんを洗ったり拭いたりするときに水が滴ると赤ちゃんは不快です。洗髪後は、タオルを巻く水をよく切りヘアゴムで束ねるなどしておきましょう。

脱衣所や部屋を暖めておく

特に冬の脱衣所は、とても冷えます。一人で入れる時はママも赤ちゃんも服を着るまでに時間がかかり、冷えてしまうことも。

お風呂に入る前に、脱衣所と部屋を暖めておきましょう。ママも赤ちゃんも脱衣所では手早く支度をして、暖かいリビングや寝室でしっかりと着替えや保湿などをすることも◎!

一人で入れる時の注意点は?

お風呂は、お湯があり、床が滑り、危険なこともたくさんあります。動き始めた赤ちゃんは、色々なものに興味津々で大人しくしてくれません。赤ちゃんとお風呂に入るときの注意点を確認しておきましょう!

湯船の中では抱っこ、またはしっかり支えよう!

ねんね期の赤ちゃんは、まだ抱っこのままでも大人しくしてくれます。でも、動けるようになると、湯船の中でもいろいろなものを触ろうと動き出します。湯船で転ぶと、溺れてしまう可能性も。

動きたい気持ちを妨げない程度に、必ず体は支えてあげましょう。抱っこでも体を揺らして遊んであげると、大人しく浸かってくれますよ。

赤ちゃん、ママも滑らないように!

お風呂の床は滑りやすいです。特にママが洗った後の床は、石鹸成分が残っておりツルッと滑ることも。赤ちゃんを抱っこしたまま滑ると大変危険です。また、赤ちゃんが一人で立ったり歩いたりするようになると、転んでしまう可能性があります。

滑ることを防ぐためと、もし万が一滑ったときのために、お風呂マットを敷いておくと良いでしょう

安全な暖房器具を選ぼう

脱衣所を暖める際に暖房器具を使用する場合には、赤ちゃんが触れても大丈夫なものを選びましょう。

髪を洗う時、服を着る時など、どうしても赤ちゃんからママの目が離れてしまう瞬間があります。赤ちゃんの手に触れないようにする、触れてしまっても安全なものにする等、安全に配慮してください。

慣れてしまえば楽しい!赤ちゃんと二人っきりのお風呂を満喫しよう!

初めて一人で入れる時、まだまだ慣れていないとき、お風呂の時間が近づいてくるとソワソワするものです。私自身、初めて赤ちゃんを一人でお風呂に入れた時は、準備不足でゆったりとしたお風呂にならなかったことを覚えています。

でも何度か一人でお風呂に入れていると、手際が良くなり、自分の入れやすい方法が見つかります。赤ちゃんを一人で入れると大変なこともありますが、その分お風呂の中でたくさん話しかけたり遊んだり楽しい時間も持つことができます。

お風呂に入れる手順やコツを押さえて、赤ちゃんとのお風呂を満喫できるようにしたいですね!

  関連記事

赤ちゃんがかかりやすい腸重積症の原因と症状、治療法を教えて!

赤ちゃんは身体の機能が未熟なので、大人とは違って、かかりやすい病気がいくつもあり …

赤ちゃんがベッドから落下した!どうしたらいいの?

新生児は寝返りをうったり、自ら移動することはないので、ベッドから落下することなど …

お食い初め歯固めの石とは?その選び方と用途・価格帯

赤ちゃんが誕生すると健やかな成長を願って色々な行事がありますよね。そんな中でも「 …

男の子の先天性の病気である、停留精巣がおこる原因と治療方法は?

男の子が生まれて、おむつ替えをしている時に、睾丸が見つからないことがあります。そ …

ベビー布団の選び方のポイントは?掛け布団は必要?

赤ちゃんを迎えるにあたって、ベビー布団を用意するかどうか、悩むママやパパもいるの …

ベビーカーはいつからいつまで必要?A型とB型の違いとは?

赤ちゃんを迎える準備をする過程で、いろいろなベビー用品を購入することと思いますが …

クラインフェルター症候群とはどんな病気?赤ちゃんでもわかるの?

男の子だけにおこる染色体異常が原因の病気に、「クラインフェルター症候群」がありま …

こんにちは赤ちゃん事業は何のためにあるの?その内容と問題点は?

厚生労働省は2007年4月、「こんにちは赤ちゃん事業」を創設しました。これは、児 …

生後1ヵ月の赤ちゃんは、どうしたら泣き止むの?

初めて赤ちゃんを産んだばかりの新米ママにとって、昼夜問わず泣き続ける我が子は、可 …

赤ちゃんにもほくろができる!?ほくろができるメカニズムや病気との関係について!

多くの人が体の中に一つはほくろがありますよね。大人の体にほくろがあることは珍しい …