ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

育てやすい「きょうだい構成」ってあるの?きょうだい構成の特徴について徹底解明!

   

あなたは、理想の子どものきょうだい構成、人数について考えたことがありますか?

一般的に「一姫二太郎」は育てやすい、「男ばかりの3人兄弟」は大変などと言われています。大変な子育てを避けるために、産み分けを検討しているというママも多々。

本当に育てやすいきょうだいの構成とは、どのようなものなのでしょうか。今回は、育てやすい「きょうだいの構成」について詳しくお話ししていきます。下記を参考にして、子どものきょうだい構成について考えてみてはいかがでしょうか。

子どもの人数は何人が理想?

結婚すると、一度は夫婦で考える「子どもの人数」。世間では、何人子どもを持つことが理想とされているのでしょうか。

一般的に、多過ぎず少な過ぎずの「2人きょうだい」がダントツで人気のようです。その次は「3人きょうだい」、「一人っ子」、「4人きょうだい」と続きます。

余裕を持って子育てできる一人っ子もいいですが、きょうだいがいるからこそ得られる成長や家族の充実感を求めて、2~3人きょうだいが理想とされることが多いようです。

また、この理想人数には、親のきょうだい構成も大きく関係する傾向にあります。「一人っ子できょうだいに憧れていたから、自分の子どもは数人欲しい!」など、親自身の経験や憧れが決め手になることも。

望んだ人数の子どもを授かれるかは別として、ご夫婦で理想の家族像を話し合うのは仲の良い証拠、幸せな瞬間です。これは、今後の夫婦関係を良好にする一つの糧となるかもしれませんね。

一番人気の2人きょうだい!どの構成が育てやすいの?

2人きょうだいの場合、ある程度経済的・時間的に余裕を持てる利点があります。成長してくるとケンカもしますが、きょうだいで遊んでくれるようになり、あまり手がかからないという特徴も。

では、どの「2人きょうだい」の構成が育てやすいのでしょうか。

一姫二太郎の「2人姉弟」が人気!

昔から育てやすいと言われている「2人姉弟」。現在でも人気があるようです。初めての育児が一般的に育てやすいと言われる女の子で、2人目の男の子は経験を活かして余裕のある育児をできるからです。

さらに、姉がしっかりした性格であれば第2のママとして、弟の世話をしてくれます。その反面、育児する中で注意しておかなければならないこともあります。

お姉ちゃんばかり我慢をさせてしまったり、弟に甘すぎたりする傾向にあるため気を付けておきましょう

なんだかんだ仲の良い「2人兄妹」

子どもたちの性格により大きく関係性が変わりますが、一般的にはつかず離れずの関係になることが多いです。

お兄ちゃんが比較的穏やかな性格の場合、妹の面倒を見てくれることがあります。妹は遊んでくれる兄が好きなことが多いため、2人で楽しく過ごしてくれるでしょう。

性別が違うため、同じおもちゃを取り合うといったこともなく、平和に過ごせそうですね

お兄ちゃんが活発過ぎる場合には妹をいじめたり、その逆で妹の気が強すぎて兄をけなしたりすることも。

姉弟同様に、「お兄ちゃんなんだから!」と我慢させるのは避けておきましょう

同性の「2人兄弟・姉妹」

同性のきょうだいは、親友のように仲良くなったり、何かとケンカしたり…。子どもの性格によって両極端な関係となります。

年が近いと、小さなころは良い遊び相手となります。一緒に遊んでくれますが、おもちゃの取り合いなどによるケンカは避けられないでしょう。

季節が合えば洋服のお下がりが活用でき、育て方もある程度分かっているため育てやすいと感じることが多いようです。

憧れるけど実際どうなの?3人きょうだい!

3人子どもがいるとなると、経済的にも時間的にも負担がかかってきます。3人に憧れているけど、3人とも男の子だったらどうしよう!などという声もちらほら。

一般的に3人きょうだいは、きょうだい間で人間関係の築き方や社会性を学べると言われています。

同性「3人兄弟・姉妹」

同性の3人兄弟・姉妹の場合、一番上の子はしっかりした子になりやすく、下の子の面倒をよくみてくれます。リーダーがいるため2人のときより仲良く遊べ、ママが助かることも多々

服や遊び道具もフルに活用することができ、経済的です。同性の2人兄弟・姉妹よりも子ども達の関係性は安定します。

異性の「3人きょうだい」はどんな感じ?

異性の3人きょうだいの場合でも、比較的仲良く遊べます。しかし、ずっとべったり一緒!というよりは、それぞれ遊ぶことの方が多いようです。

きょうだい間の結束力は強いため、緊急事態ではしっかりとお手伝いしてくれることも。

子沢山!4人以上のきょうだいは?

4人きょうだいは大変そうに感じますが、実は3人きょうだいよりも育てやすいという声もあります。

人間関係は、一般的に2人単位で安定します。3人きょうだいだと1人余ってしまいますが、4人だと2人ずつのペアで仲良くなるのです。真ん中の子が孤立してしまうこともなく、4人目ともなれば上の子たちがお世話をしてくれるでしょう。

女の子の育児は楽!?性別による特徴

一人は女の子を育ててみたい!という声はよく耳にするものです。女の子は、ママと同性であるため理解しやすく、男の子と比べるとやんちゃ過ぎないため育てやすいと言われます。服なども可愛いものが多く、憧れる方も多いのではないでしょうか。

お姉ちゃんの場合、世話をしてくれる、弟も優しい性格になるなどの利点もあるようです。

一方で、よく大変だと言われる「男の子兄弟」!意外にも、ママの満足度は高いという特徴があります。

世間的に言われる通り、やんちゃで動きも活発であるため苦労する部分はあります。しかし、男の子はとにかくママが大好き!表現は不器用ですが、大切にしてくれる息子に癒されるママも多いようです

また、考え方が単純で育児が楽だと感じることも。

親の関わり方は、子どもそれぞれの立場に合わせた方法で!

きょうだいがいる場合、どうしても一番上の子に頼ってしまいます。下の子の面倒を見てくれるしっかり者の長子ですが、頼りすぎはNG!

一番上の子も、まだ子どもです。頼られ過ぎると自分自身が甘えるチャンスが無くなり、寂しい思いをさせてしまうかもしれません。

これと同様に3人きょうだい真ん中の子、末っ子にも特徴があります。それぞれの子どもの立場による特徴を理解して、関わり方を変化させてあげたいですね。

どんなきょうだい構成でも、可愛いわが子に間違いなし!

きょうだい構成の理想を、大なり小なり持っている方が多いのではないでしょうか。子どもは授かり物ですので、もちろんその通りに生まれるかどうかは分かりません。

一般的には「男の子だから・女の子だから、2人だから・3人だから」と言われ、悩んでいるママもいるのではないでしょうか。

でも、子どもの性格や育てやすさは、家庭環境や育て方によって大きく変わるため一概には言えません。何人きょうだいだから育てやすい!というものも、家庭によってそれぞれです

子どものきょうだい構成は、「案ずるより産むがやすし!」です。色々と悩み考えるよりも、育てたら「やっぱりかわいい」と思えるのが我が子です。

行き詰った時には、同じきょうだい構成の先輩ママなどに育児のヒントをもらうと、少し楽になるかもしれませんね。

  関連記事

買うべき?レンタルすべき?おすすめベビーベッド5選!

ひとりっ子ならレンタルの方がお得かも!? 妊娠中には、生まれてくる赤ちゃんのため …

知っておきたい!赤ちゃんにおきる皮膚炎の種類や原因とは?

赤ちゃんの皮膚炎の原因・対処法・種類についてチェックしよう! 大人の肌は厚くて軽 …

新生児に多い、肥厚性幽門狭窄症の原因と症状、治療法は?

新生児の胃はとっくりのような形をしており、食道と胃を結ぶ括約筋の働きが弱い上、授 …

どうして赤ちゃんは痰が絡みやすいのか?咳の原因は風邪?赤ちゃんに負担をかけない痰の取り出し方法とは?

赤ちゃんが、ゼーゼーと喉の奥で痰を絡ませていたり、ゴホンゴホンと苦しそうに痰が絡 …

寝かしつけに効果があるって本当?おやすみたまごのこと

赤ちゃんの寝かしつけに悩むママは、きっと考えている以上に多いはずです。そのため、 …

赤ちゃんが目をこすっているときの病気の可能性と受診の目安をご紹介!

小さな赤ちゃんが眠そうに目をこすっている姿は、とても愛らしくうつりますよね。でも …

赤ちゃんにも多くみられる、胃食道逆流症の原因と対処法とは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、胃の形状が未発達なので、よくミルクや母乳を吐いてしま …

新生児の鼻血は異常なこと!?その原因と対処法を教えて

新生児のお世話に追われているママが、我が子が鼻血を出しているのを見つけると、とて …

低出生体重児はリスクを抱えるって本当?その原因や成長は?

みなさんは、「低出生体重児」という言葉を知っていますか?かつては「未熟児」と呼ば …

赤ちゃんのうんちの色が変!?緑色や黒色になる原因と考えられる病気とは?

大人も子どもも赤ちゃんも、うんちは身体の健康状態をはかる大切な判断基準です。色、 …