ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの写真をSNSに投稿!これって実は危険かも!楽しくSNSを活用するために

   

赤ちゃんが誕生!初めて歩いた!初めてのバーステー!など、赤ちゃんに関係する写真をSNSで頻繁に見かけます。

赤ちゃんが生まれたら報告も兼ねてSNSに写真を投稿している方、多いのではないでしょうか。自分の写真ではなく、かわいい子どもの写真だから顔がしっかりと写っていることも。

まだ小さな赤ちゃんとはいえ、SNSに顔が写っている写真を投稿する際には注意が必要です。そこで今回は、SNSに赤ちゃんの写真を投稿する際の注意点やポイントについてご紹介します。

SNSってどんなもの?

近年、多くの人が活用しているSNS。SNSとは、social networking service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略です。

インターネット上に投稿された日記や写真を通じて、友達や知人とのつながりを持つものです。ママやパパの場合には赤ちゃんや子どもの様子を投稿して、友達などと成長を共有するために使われることも。

そのため、近頃の赤ちゃんや子どもは、生まれた瞬間からSNSとの関わりを持っていることが多いです。

しかし、赤ちゃんや子どもに関する記事や写真は、本人の意思ではなく親の意思で投稿されています。今は可愛い!で済む写真も、子どもが成長するにつれ問題となる可能性もあります。

赤ちゃんや子どもの写真を投稿する際には、細心の配慮をしておきたいものです。また、自分にとっては可愛い子どもの写真でも、人によっては投稿を不快に感じることもあります。

気軽に投稿できることがSNSのメリットですが、他人の目に触れた時にどう感じられるかを考えてから投稿すると、より良いものになりますよ。

「友達のみ公開」だから大丈夫!は間違い!

子どもの顔が写っている写真は、友達にしか公開していないから大丈夫と思っていませんか?特定の人にのみ写真を公開することは、絶対に安心とは言いきれません。

例えば、友達が自分の投稿をシェアして知らない所で拡散される、SNSアカウントが乗っ取られて知らない人の目に触れる…。このようなことは、いつでも誰にでもおこりうることです。

インターネット上に写真を投稿するということは、「誰でも見ることができる場所に写真を貼っている」のと同じであるということをしっかり認識しておきましょう。

写真のデータには情報がたくさん!悪用される可能性も

赤ちゃんや子どもの写真には、たくさんの情報が含まれています。写真に写っている景色や投稿内容から場所を特定することは、誰にでも簡単にできます。投稿時に位置情報をONにしていると、投稿場所も明確になってしまいます

また写真データには、一般的にGPSの情報が記録されています。そのまま投稿すると、GPS情報も一緒に公開されてしまうのです。

さらに、SNSの投稿記事には、子どもの名前や誕生日が記載されていることも。見ず知らずの人に、子どもの名前や誕生日、住んでいる地域などを知られてしまうことはとても怖いことです。

情報を与えてしまうだけではなく、写真自体を悪用される可能性も否定できません。世の中には、幼い子どもの写真を好む大人もいます。

赤ちゃんや子どもの写真だけに限ったことではありませんが、SNSに写真を投稿する際には必要以上に個人情報を晒してしまわないよう気を付けましょう

SNS上に安心して赤ちゃんの写真を投稿するには

SNSに投稿するときの危険性についてお話しましたが、やはり子どもが生まれると、たくさんの友達に知ってもらいたいためSNS投稿したくなります。

では、どのように投稿すれば安心してSNSを活用できるのでしょうか。注意点や押さえておきたいポイントをご紹介します。

  • 写真データにGPSの情報が記録されないように設定しておく。
  • SNSや写真加工アプリの位置情報はOFF!
  • 赤ちゃんの顔がはっきり写っている写真は避ける。
  • 必要に応じて赤ちゃんの顔に加工をして、顔が分かりにくいようにする。
  • 景色などから居住地域が特定できないかどうか確認し、投稿する。
  • 写真と一緒に子どもの名前を記載しないようにする。

上記の注意点・ポイントは、自分の子どもに限ったことではありません。一緒に写る友達などにも、しっかりと配慮しておきましょう

また、SNSは時間が経過してもさかのぼって確認できます。過去の情報と照らし合わせることで、赤ちゃんの詳細な情報を悪用することも可能です。新たに投稿する写真だけでなく、過去の分も合わせて見直しておくとより安心でしょう。

写真投稿には注意を払って!安心できるSNSを楽しもう!

SNSを活用すると、友達の近況を知ったり、ママ友とのつながりを深めたりでき、これまでよりも広くコミュニティを持つことができます。

その一方で、赤ちゃんの写真は見ず知らずの人の目に触れる機会も増え、場合によっては悪用される可能性も高まってきています。

SNSに赤ちゃんや子どもの写真を投稿すること自体は、悪くありません。しかし、投稿する際にはご説明したようなポイントを押さえ、細心の注意を払っておきましょう。

赤ちゃんや子どもの安全を守るために大切なことですので、ママやパパだけでなくSNSを利用する家族全員で気を付けていきたいですね

  関連記事

我が子が可愛くてやってしまうが、赤ちゃんにとって迷惑な行動のこと

赤ちゃんとの生活に慣れ、ママやパパの気持ちに余裕が生まれると、我が子可愛さのあま …

赤ちゃんの寝かしつけに背中トントンがいいって本当?そのほかの寝かしつけ方法はあるの?

初めての育児に取り組むママにとって、赤ちゃんの寝かしつけは難しいものかもしれませ …

後遺症なども心配!新生児仮死の原因と症状について

赤ちゃんが元気に産まれて来て欲しいというのは、誰もが願うことです。しかし分娩中は …

母乳も変化する?初乳と成乳の違いはどんなもの?

出産してまず行う赤ちゃんのお世話の一つがおっぱいですよね。おっぱいを飲んでいる赤 …

「3人きょうだい」には特徴的な性格がある!子どもの性格に合った育て方ガイド!

みなさんは「3人きょうだい」には、どのようなイメージがありますか?長男・長女はし …

母乳とミルクではうんちが変わる?回数や色について教えて!

生後1カ月の赤ちゃんは、日に何度もおむつ替えが必要です。うんちの色や固さは健康の …

チアノーゼって赤ちゃんによくおこる?注意したい症状は?

チアノーゼとは、血液中の酸素が足りなくなることで、皮膚や粘膜が青紫色になる状態の …

クラインフェルター症候群とはどんな病気?赤ちゃんでもわかるの?

男の子だけにおこる染色体異常が原因の病気に、「クラインフェルター症候群」がありま …

赤ちゃんの視力ってどれくらい?私のこと、見えている?

赤ちゃんも生後1ヵ月を過ぎると、おきている時に目で動いているものを追うような仕草 …

こんにちは赤ちゃん事業は何のためにあるの?その内容と問題点は?

厚生労働省は2007年4月、「こんにちは赤ちゃん事業」を創設しました。これは、児 …