ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

新生児でも臭いを嗅ぎ分けることはできるの?赤ちゃんの味覚はいつ頃から発達し始める?

   

人間が生きていくための本能として備わっている五感。それは赤ちゃんにも同じく与えられた本能です。赤ちゃんはママのお腹の中にいる時から、すでに五感が発達し始めます

味覚・嗅覚・視覚・聴覚・触覚の5つの中でも、視覚を除くほかの感覚は、赤ちゃんの時からめまぐるしいほどの発達をみせてくれるのです。それは、脳の発達より早いとさえ言われています。

赤ちゃんがこの世に誕生した瞬間から生きていくために、どんな五感を働かせているのでしょうか。そんな五感の中でも、おっぱいやミルクを飲むのに絶対必要不可欠な「嗅覚」にスポットをあててみていきましょう。

産まれたばかりの赤ちゃんの嗅覚ってどんな風になってるの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、視力はとても弱いです。視力は0.03ぐらいと言われ、曇ったメガネをかけている状態とさえ言われています。

ですが、ママのおっぱいはちゃんと飲めているの、不思議ですよね。もちろん乳首に吸い付く力もそうですが、それ以外に嗅覚がとても発達しているからなのです。

赤ちゃんの嗅覚はママのお腹の中にいる、妊娠8週あたりからつくられ始め、20週くらいには完成すると言われます。すなわち、お腹の中にいる時から嗅覚の能力があるのです。

生まれた瞬間から、おっぱいやミルクを口にしなければ、生きていけません。視力の発達が遅くて視界が悪くても、しっかりおっぱいに吸い付くための本能として、嗅覚の発達が目覚ましいのだと言われます

臭いを感じることが出来るのはいつ頃から?

お腹の中にいる時から嗅覚は完成しているので、生まれた瞬間から嗅覚は機能し始めます。その能力は大人と同じくらいと言われるほどで、赤ちゃんのもつ神秘的な本能に本当に驚かされますよね。

生まれてからすぐに生きるための本能を発揮するために、お腹の中にいる時から器官が作られ始めることにも驚かされます。ですが、驚かされるのはそれだけではありません。

もちろん個人差があることは言うまでもありませんが、臭いの種類をある程度嗅ぎ分けることもできるのです。一般的に大人と同じで、不快に感じる臭いや、好きな臭いを嗅ぎ分けることができると言われます

タバコの臭いなど、あまりよいとは言えない刺激臭などを赤ちゃんの鼻のあたりに近づけると、顔をしかめたりすることでそれがよくわかります。

視覚が弱い分、嗅覚を大人顔負けに発達させ機能させることで、自分にとって大切な人か、そうでない人かを判断するのです。また、自分の身に危険が及ぶ臭いか、そうでないかを区別するのです。自分の身を守るための本能ともいえるのです

母乳のにおいも嗅ぎ分けることができるようになる?

前述したとおり、生まれた時から臭いを嗅ぎ分ける能力が携わっていますので、もちろんママの臭いも嗅ぎ分けることができます。それは生まれた瞬間からで、母親の臭いとそうでない臭いの区別がついているのです。

他人のおっぱいをあげようとしても、飲もうとしないのはちゃんと区別できているからです。それは、おっぱいに限ったことではなく、ミルクでも同じです。

いつもと違うミルクを与えると、飲まなくなってしまう赤ちゃんが多いのもそのためです。また、母親でない人に抱っこされると泣いてしまうのは、嗅覚で母親の臭いではないことを感じ取っているからなのでしょう。

嗅覚と同じで味覚も発達しているので、赤ちゃんでも好きな味や、きらいな味がすでにあると言われます

ちなみに、多少の個人差があるかもしれませんが、好きな味はやはり「甘い味」で、嫌いな味は「すっぱい・辛い・苦い」のようです。これは、どの赤ちゃんにも共通していると言われます。

ママが体に香り物を付けて体臭を変えるのはNG?

おしゃれの一環で、香水などをつけるママもいることでしょう。赤ちゃんを授かり、出産し、育児まっただ中でもおしゃれは楽しみたい!そう思うことは決して悪い事ではありません。

むしろ育児に追われると、どうしても自分をかえりみれなくなりがちなので、自分のおしゃれにも気を遣えることはいいことだと思うのです。

ですが、香水をつけてしまうと、赤ちゃんがママ本来の臭いを見失いかねません。ママの臭いがわからず、きっと困惑することでしょう。

香水の香りに邪魔されて、ママの臭いがわからなくなり、情緒不安定になってしまうのです。赤ちゃんにとって、ママの臭いは自分とママをつなぐ、とても大事なものです

また、嗅いだ臭いから脳も刺激を受けます。香水などの強い香りは、脳にも強い刺激を与えかねません。赤ちゃんの五感が発達する大事な時期だけは、香水をつけるおしゃれは少し我慢してほしいところです。

五感を刺激して赤ちゃんの成長を楽しもう

赤ちゃんは日々目まぐるしい成長を見せてくれます。成長するために欠かせない五感。五感をたくさん使って脳を刺激し、さらに成長していきます。

脳を成長させるための道具を5つも持っているのですから、どの感覚もふんだんに刺激してあげるとますます目まぐるしい成長を見せてくれることでしょう

かわいい絵本やぬいぐるみを見せてあげ、優しい声で語りかけ、抱っこして自分の臭いをたくさん嗅がせてあげ、おっぱいやミルクをたくさん与え、いろんなおもちゃを触らせてあげましょう。

五感が発達してきた赤ちゃんとの生活は、一段と楽しいものになるはずです。

  関連記事

赤ちゃんの先天性疾患の一つである、神経管閉鎖障害のこと

厚生労働省は妊活中あるいは妊娠中の女性に対し、お腹の赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」 …

赤ちゃんの記念写真はいつ撮るべき?タイミングと方法が知りたい!

赤ちゃんが産まれると、写真を撮る機会が増えるものです。パパやママが撮影するのはも …

あると便利なアイテム!授乳クッションってどう使うの?使い方や選ぶポイントなど

無事出産を終え、可愛い赤ちゃんと対面すると本当にうれしいものですよね。しかし赤ち …

新生児が寝ないのはどうして?その原因と対策とは

長い妊娠期間を終えて、我が子と対面したときの喜びは、何物にも代えがたいものだった …

赤ちゃんにテレビはいつから見せていいの?悪い影響があるってほんと?

テレビを見る環境は各家庭によってさまざまですよね。 朝から晩までテレビを見ている …

完全ミルク育児という選択もある!そのメリットとデメリットは?

初めての育児に張り切っていても、ママには何かと悩みが多いものです。特に育児休業中 …

これだけは知っておきたい!お宮参りのマナーとは?

赤ちゃんが生まれてからするお宮参り。そんなお宮参りも知らないことも多いのではない …

赤ちゃんの睡眠時間はどれくらい必要なの?その目安は?

赤ちゃんにとっての睡眠は、大人が考えている以上に大切なものです。浅い眠りであるレ …

乳児検診のチェック項目にあるパラシュート反射って一体何?

おぎゃあ、と無事に誕生を迎えた我が子、元気な姿に一息する間もなく新生児からの健診 …

産まれたばかりなのに生理が来る?新生児月経とは?

女の子は妙齢になって来ると、妊娠の準備として月経が始ります。大人への一歩として、 …