ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ミルクは赤ちゃんの主食なのにアレルギー反応が出てしまう場合も!?原因と気になる対処法とは?

   

離乳食が始まる前の赤ちゃんの栄養源として大活躍してくれるミルクですが、体質によってはミルクにアレルギー反応をおこしてしまう赤ちゃんも少なくありません。

ミルクしか栄養源が無いのにどうしたらいいの!?と赤ちゃんのミルクアレルギーはママを悩ませるものですし、アレルギーによって下痢や様々な症状を引きおこしてしまう困りものです。

そんな赤ちゃんのミルクアレルギーの原因や、アレルギーが発覚した時の対処法についてご紹介します。

ミルクアレルギーって一体何?

ミルクアレルギーとは?

ミルクアレルギーとは食品中のアレルゲンとなる物質によって引きおこされるアレルギー症状で、普通は体に害がない物質を体が異物と認識して攻撃してしまう現象です。

牛乳由来のミルクにはカゼインという乳たんぱくが存在し、カゼインの摂取で「これは体の異物だ!」と認識すると抗体が作られます。

そして再度カゼインを摂取すると抗体がアレルゲンを排除しようとして胃や腸などにアレルギー症状が出てしまうのです。

ミルクアレルギーは正式には「新生児-乳児消化管アレルギー」と呼ばれています。

下痢や血便、嘔吐の他にも重篤なケースではアナフィラキシーショックを発症する場合もあり、小さな赤ちゃんにとってミルクアレルギーは大きな負担になってしまいます。

ミルクアレルギーを発症してしまった場合の症状は?

嘔吐・下痢

ミルクアレルギーの症状として多くの赤ちゃんに見られるのが嘔吐や下痢です。カゼインに対する抗体反応によって胃や腸などの消化管にダメージが加わり、嘔吐や下痢がおきてしまうのです。

嘔吐や下痢はミルクアレルギーでない赤ちゃんでもよくおこるものですが、頻回なケースは注意が必要です

慢性的な下痢

離乳食開始前の赤ちゃんの便は緩めなことが多いですが、水っぽい下痢が続いている状態だと栄養がうまく吸収されず、体重減少や増加が鈍くなってしまいます。

また血便になる事もあり、この場合は消化管の中でも大腸や直腸での炎症が診られるケースが多いとされています。

アナフィラキシー

息がゼイゼイしたり、呼吸音がヒューヒューしたり、発疹やじんましん、ひどい時は呼吸困難や血圧低下など重篤になる場合もあります

母乳でもアレルギー反応は出るの?

母乳にもカゼインは含まれている

ミルクアレルギーの原因となるカゼインは母乳にも含まれているのですが、乳製品に含まれるカゼインに比べて少量で分子量も小さい為、アレルギーがおきにくいとされています。

よってミルクアレルギーをおこす赤ちゃんでも、母乳は大丈夫という赤ちゃんもいます

ママの乳製品摂取に注意!

ママの母乳は毎日ママが食べている食品から作られています。よってママが牛乳などの乳製品を多量にとっているとカゼインが母乳中へ移行し、ミルクアレルギーの赤ちゃんが飲むとアレルギー症状を引きおこすことがあります。

赤ちゃんのミルクアレルギーの程度によっても異なりますが、場合によってはママの乳製品摂取の制限が必要な場合があるので、医師や栄養士に相談しながら母乳育児を進める必要があります。

しかしながら赤ちゃんの成長が進むにつれてママの制限も緩まるケースがあるので、一時的なものになる場合が多いとされています。

対処法と治療法はどうしたらいい?

牛乳由来のミルクはまず中止

ミルクアレルギーの原因となる牛乳を成分としているミルクはすぐに使用を中止して、体にアレルゲンであるカゼインを取り入れないようにすることが第一優先です。

牛乳を使用していないペプチドミルクや、カゼインを加水分解した加水分解乳など、ミルクアレルギー専用のミルクを使用しましょう

どれを使ってよいのか分からないという場合は、かかりつけの小児科の医師や栄養士に相談すると安心ですすよ。

消化器症状は専門医へ相談

下痢が続いている場合は整腸剤の処方や、下痢によるお尻のただれの治療の為に外用薬での治療が必要となります。

じんましんや発疹が出た場合は抗ヒスタミン剤やステロイドのでの治療、アナフィラキシー症状が出て重篤な場合はエピペンの皮下注射などの治療があります。

いずれもミルクアレルギーの症状が出た場合や、赤ちゃんがぐったりしている元気がないなどの時は、必ず専門医へ受診しましょう。また体重が減少していないか定期的にチェックをしてもらいましょう

大人になればアレルギーが改善される可能性も!

赤ちゃんとママを悩ませるミルクアレルギーは成長が進むにつれて緩和したり、治るケースも多くあります。

これは成長によって消化管も発達するためで、ミルクアレルギーの赤ちゃんでも3歳ごろになれば半数、大人になれば大多数の人が改善される場合が多いのです

症状が出た時はミルクを変えたり専門医を受診するなど冷静に対応し、必要以上に神経質にならなくても大丈夫なのです。正しい知識を持ち赤ちゃんの豊かな食生活を築いていきましょう。

  関連記事

新生児に添い乳ってしてもいいの?添い乳をする場合にはやり方は?げっぷの必要はある?

赤ちゃんにおっぱいをあげる方法は縦抱きや横抱き、斜め抱きなどが主流ですが、特に新 …

子育てサロンには、いつから行ける?初めてのときの注意点があるの?

初めての育児に追われていたママも、赤ちゃんが夜まとめて眠ってくれるようになると、 …

赤ちゃんが快適な寝かせ方、「仰向け」「うつぶせ」「横向き」のコツと注意点

赤ちゃんの仕事はおっぱいをたくさん飲んでぐっすり眠ること。眠っている間に身体の機 …

買うべき?レンタルすべき?おすすめベビーベッド5選!

ひとりっ子ならレンタルの方がお得かも!? 妊娠中には、生まれてくる赤ちゃんのため …

成長と共に増えてくるベビー用品!何かと物入りで散らかってしまうのを防ぎたい収納方法とは?

赤ちゃんのものって、小さくて優しい色使いが多くて、見ているだけで幸せな気持ちにな …

赤ちゃんが下痢?うんちが臭かったり、ゆるい時に考えられる病気とは?

生まれてすぐの赤ちゃんは母乳やミルクなど液体のものしか摂取していない上に、消化器 …

ベビーヨガで天使の笑顔を引き出そう!ベビーヨガ完全ガイド

赤ちゃんが産まれると、赤ちゃんの笑顔を見たい!たくさん触れ合いたい!一緒に遊びた …

赤ちゃん体操を始める時期と方法、期待できる効果や注意点

赤ちゃん体操はベビービクスやベビー体操ととも呼ばれ、ママと赤ちゃんが一緒に体操を …

生後1ヵ月の赤ちゃんと感染症について!注意したいRSウイルスとは?

感染症は予防をすることが大切!異常を感じたらすぐに受診を! 0歳1カ月どれくらい …

赤ちゃんが寝ながら笑うのはなぜ?新生児微笑について紹介!

生まれたばかりの赤ちゃんを観察していると、寝ながら急に笑うことがあります。楽しい …