ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの手形・足形で成長を記録しよう!手形・足形を取る方法ガイド

   

赤ちゃんの小さな手や足。本当に愛くるしく、見るとほっこりした気持ちになります。

小さいと思っていた手や足は日々成長していき、徐々にたくましい手足になっていきます。可愛い時期の手足を思い出として残すために、「手形・足形を取ること」をオススメします。

手形・足形を定期的に取っておくと、あとから振り返ったときに比較しやすく良い思い出になります。

今回は、赤ちゃんの手形や足形の取り方、取るタイミング、ポイントについてご紹介していきます。
参考にして、赤ちゃんの時期を思い出に残せるようチャレンジしてみて下さい!

なぜ赤ちゃんの手形・足形を取るの?

子どもの成長は本当に早く、日々めまぐるしく大きくたくましくなっていきます。特に、生まれてから1歳になるまでの変化は大きいものです。

赤ちゃんの体は、身長や体重だけでなく、手や足も成長していきます。赤ちゃんの手形や足形を定期的にとっておくと、成長の証として残すことができます

手形や足形の成長は、見た目に分かりやすく、また大きすぎないため収納にも困りません。子ども自身が大きくなったときに見返すと、自分の成長を実感できるのでオススメです。

赤ちゃんの手形・足形はどうやって取るの?

赤ちゃんの手形・足形の取り方には、主に2つの方法があります。

インクを使用して手形・足形を取る

赤ちゃんの手や足に直接インクを塗り、スタンプのように紙に押します。使用する用紙は何でも構いませんが、インクの色が目立つように派手すぎないものを選びましょう。メモリアルブックなどもオススメです。

なかなか赤ちゃんは思い通りの位置に押してくれないため、周りが汚れてもいいよう準備しておきましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートであるため、インクの種類によってはかぶれてしまうことも。肌に使用可能なインクを使用し、終了後はすぐに手を洗ってあげましょう。

インクが乾いたら、余白に月齢や名前を書く、写真を貼る、周囲をデコレーションしておくと見返した時に楽しめてオススメです

粘土を使った手形・足形

平らに伸ばした粘土に、赤ちゃんの手・足を押し付けて型を取る方法です。粘土を乾燥させたり、トースターで焼くことによって残すことができます。専用の粘土も販売されていますが、一般的な紙粘土などでも代用可能です。

インクの物と比べて汚れにくく、やり直しができるメリットがあります。紙よりもかさばるため、どのように残していくか考えておく必要があります。

どのタイミングで取るの?

手形・足形は、どのタイミングで取っていけばいいのでしょうか。生まれてすぐに、産院などで取ってくれることがあります。産院や病院などで取ってもらえなかった場合には、自宅でチャレンジしてみて下さい。

新生児の頃の手足は、小さくてとても可愛らしいものなので、新生児の手形・足形を取ることをオススメします。お食い初めやハーフバースデー、誕生日などのイベントや祝いの席に合わせて取ると、より思い出深い手形・足形になりますよ。

赤ちゃんの手形や足形は、「いつ取る」という決まりはありません。お子さんと一緒に遊びながら残していけると良いですね。

これで完璧!手形・足形を取るときのポイント!

手形・足形を取るときには、いくつかポイントを押さえておくと簡単になります。

道具の準備は万全に!

手形や足形を取るタイミングに合わせて、インクや粘土、紙などを用意しておきましょう。いざ使おうと思ったらインクが無い!なんてことの無いように、インクの残量チェックもしてくださいね。

汚れてもOKな服や新聞紙なども合わせて準備しておきましょう。赤ちゃんの爪が伸びているとインクや粘土が入り込んでしまうため、爪は切っておきましょう。

必要な物は近くにセッティング!すばやさが命!

実際に手形・足形を取るときにもポイントがあります。インクを手に塗ってからは、赤ちゃんの近くを離れられなくなります。

インクや紙はもちろんのこと、手を拭くティッシュ、失敗した時の予備の紙など手形・足形を取る時に必要なものは、近くにセッティングしておきましょう。

上手く取れなくても、それも思い出の一つです。何度も取ろうとすると、赤ちゃんは嫌がってしまいます。多少のかすれ、にじみは気にせずに素早く仕上げてあげてくださいね。

赤ちゃんの機嫌が最優先!

手形・足形取りの成功には、赤ちゃんの機嫌が大きく関係します。体調の良い日を選び、お昼寝の時間は避けましょう。授乳後やおやつの後など、赤ちゃんの機嫌が良いタイミングを見計らってください。

どうしても赤ちゃんが動いてしまう時には、手首・足首をしっかり固定しておくと綺麗に取れます。

ママの緊張感は赤ちゃんにも伝わるため、楽しい雰囲気の中取ってあげてくださいね。

長く保管できるよう工夫しよう

ただ取っただけで置いておくと、色が褪せたり壊れてしまうことも。取った手形・足形は、額縁に入れる、アルバムに貼るなど長く保管できるようにしておきましょう。

成長を1冊に残せるアルバムも販売されているため、活用してみてはいかがでしょうか。

可愛い赤ちゃんの手形・足形を残そう!

いかがでしたか?一見大変そうに思える手形・足形ですが、自宅にあるインクや粘土を使って簡単に取ることができます。

取るときには、多少のズレなどは気にせずに、楽しくできるように準備を整えておきましょう。一人で取ると失敗しやすくなるため、手伝ってくれる人がいる時に取ることをオススメします

赤ちゃんの手や足の大きさは、日々変化していきます。定期的に手形・足形を取っておけば、親子にとってとても良い思い出となりますよ。

  関連記事

赤ちゃんが絞扼性イレウスになる原因と治療法は?予防法はある?

俳優のオダギリジョーさんと香椎由宇さんのお子さんが、絞扼性イレウスで亡くなったニ …

赤ちゃんの脳を育てるのに、足裏刺激がいいって本当?その方法は?

数年前に脳科学ブームがおこってから、「育脳」という言葉が使われるようになり、早期 …

新生児のへその緒の消毒方法は?とれる目安はいつ頃?

妊娠中のママと赤ちゃんは、胎盤と臍帯で結ばれています。分娩するとすぐに臍帯は切断 …

寝てばかりの赤ちゃん、そのままでも大丈夫?対処が必要な場合って?

ぐずったり、夜泣きしてなかなか寝てくれない赤ちゃん、悩まされているママ&パパは多 …

あれ?なんだか赤ちゃんの頭皮が臭いぞ!赤ちゃんの「いいニオイ」を取り戻そう!

赤ちゃんのニオイは「甘くていい香り!」。赤ちゃんがいるとついつい、ニオイを嗅ぎた …

赤ちゃんが鼻づまりのときにアロマを使って大丈夫?使用上の注意点とは?

鼻が低く鼻の穴も小さい赤ちゃんは、どうしても鼻づまりがおこりやすく、中で固まって …

「3人きょうだい」には特徴的な性格がある!子どもの性格に合った育て方ガイド!

みなさんは「3人きょうだい」には、どのようなイメージがありますか?長男・長女はし …

赤ちゃんでもかかることがある!肛門周囲膿瘍の原因や症状、治療方法のこと

赤ちゃんのおむつ替えをしているときに、肛門のあたりが腫れていたり、おできができて …

知っておきたい!赤ちゃんにおきる皮膚炎の種類や原因とは?

赤ちゃんの皮膚炎の原因・対処法・種類についてチェックしよう! 大人の肌は厚くて軽 …

目が赤く、目やにがあるなら結膜炎かも!?その原因と対処法とは

赤ちゃんの顔を見ていて、いつもより目が赤かったり、寝おきの時に目やにが多いとした …