ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

乳児検診のチェック項目にあるパラシュート反射って一体何?

   

おぎゃあ、と無事に誕生を迎えた我が子、元気な姿に一息する間もなく新生児からの健診が待っています。乳幼児健康診査とは、母子保健法に定められている行政が乳幼児に対して行う健康診断のことを指します

乳幼児健診、乳幼児健康診断とも呼称される乳幼児期の検査ですが、ここでは、1歳以上4歳未満を乳幼児健診として、健康診断の内容とチェック項目のひとつであるパラシュート反射についてご紹介していきます。

意外と多い項目に戸惑いママもいるかと思いますが、知識として知っておく必要があるでしょう。

乳児検診ではどんなことをするの?

1歳から行われる乳幼児健診の内容は以下の項目に分類されます。聞きなれない項目も含まれますが、一緒に学んでいきましょう。

  • 身体発育状態の確認
  • 健診時の栄養状態の確認
  • 脊髄、胸郭の疾患の確認
  • 皮膚疾患の有無の確認
  • 歯や口腔の異常の確認、疾患の有無
  • 四肢運動障害の有無
  • 言動障害の有無
  • 精神発達の状況
  • 予防接種の実地状況
  • 育児上の問題となる事項
  • その他の異常の有無、疾患について

一般的には乳幼児健診は上記に沿った内容で行われます。幼児期に入ると健診項目が増え、耳鼻咽頭などの健診が加わることもあります。

パラシュート反射とは?発達と関係する

小さな身体の乳幼児であっても、複数に渡った健診が必要になることが分かりましたが、その中でも姿勢反射をみるための「パラシュート反射」と呼ばれるものがあります。そもそも聞きなれない「パラシュート反射」とはどの様な検査内容でしょうか?

人には反射神経があり、様々な場面で身を守るために反射神経が作動する機能が備わっています。新生児期に確認されるべき反射神経には、以下の2分類があります。

原始反射

人が外的刺激に対して無意識に反応する生体反射を指します。

姿勢反射

並行感覚を保つために無意識におこなう生体反射のことを指します。この反射には、「ランドー反射」や乳幼児期健診での「パラシュート反射」が含まれています。

よって、「パラシュート反射」は新生児期に見受けられる「姿勢反射」の1つであり、「大人が新生児の両脇を抱えて抱き上げた際に、両腕を上げてバランスととろうとする動き」をさします。

パラシュート反射はいつ頃からあるの?

新生児によく見受けられる「パラシュート反射」は、大脳皮質中脳が発達する生後間8ヶ月頃からよく見受けられるようになります。赤ちゃんの生育スピードは個々で異なるものですが、大脳皮質中脳の成長が関係しています。

パラシュート反射は、「新生児期の赤ちゃんの両脇を抱えて抱き上げたり、新生児期の赤ちゃんを座らせた状態のままで後方に新生児の身体を倒した際に、赤ちゃんが両手をあげてみたり、バタバタさせて見せる動き」が見受けられるようになります。このような一旦生じた反射神経は、その新生児の将来にわたり残る姿勢反射ともされているのです。

新生児期の姿勢反射には「パラシュート反射」同様に「ランドー反射」もあり、同じ時期に両者の姿勢反射がよく見受けられるようになります。

パラシュート反射がない場合は問題がある?

一般的には生後8ヶ月から見受けられるとされている「パラシュート反射」ですが、適切な時期を過ぎても見られない場合には、大脳皮質中脳の発育異常が懸念されることがあります

パラシュート反射(大人が赤ちゃんの両脇を抱き上げた際におこる、赤ちゃんの腕や手の反応)やランドー反射(赤ちゃんをうつ伏せの状態にすると、首と手足をバタバタさせる反応)は、姿勢反射に分類されており獲得すると生涯にわたり反射機能を保持するようになります。

新生児期の6ヶ月から8ヶ月の間に姿勢反射のうちの1つである「パラシュート反射」が確認できない場合においては、中脳の発育不全脳性麻痺の状態が危惧されることにも繋がります。日頃赤ちゃんを観察して、あれ?と思ったら健診で相談しましょう。

パラシュート反射のチェック方法を心得ておこう

「パラシュート反射」は自宅に居ながら部屋で簡単に確認することが可能です。まず6ヶ月から8ヶ月の頃に、赤ちゃんの両脇を大人が抱えると、赤ちゃんは頭部を下げて腕を上下に動かしたりバタバタと動きます。しかし、このようなバランス感覚を保とうとする動きが見受けられない時は要注意です

また、うつ伏せにした新生児が頭部を上げて、腕を動かす行為もよく見受けられる赤ちゃんの特徴ですが、まるで泳いでいる様な動きが見受けられないときも、医師の診断を仰ぎましょう。

  関連記事

胎便はいつまで出るの?排泄が遅れるとどうなるの?

新生児は、初乳を飲む前でも排泄します。その便は、緑がかった黒い便です。この便のこ …

新生児呼吸窮迫症候群とはどんな病気?原因や対処法について教えて

出産し、赤ちゃんに会えるのは待ち遠しいですよね。しかし時に出産予定日よりも早くに …

子どもの夜泣きを軽減?ひやきおーがんとは?

夜になると赤ちゃんは夜泣きをすることがあります。大半は、お腹が空いたとき、オムツ …

母乳育児は虫歯になりやすい!?その原因と対策方法は?

赤ちゃんや小さな子供は病気になっても症状をうまく伝えることができません。虫歯もそ …

赤ちゃんが高熱を出してしまった?熱を冷ましてあげるにはどうしたらいいの?病院には連れて行くべき?

赤ちゃんの平熱というのは大人に比べて高いもの。多少個人差はありますが、36.5度 …

幼児の英語教育はいつから始めたらいい?その方法とは?

近年、新卒採用の就職試験では、エントリーの時点でTOEICスコアによって足きりす …

乳児に多くみられる喉頭軟化症の原因や症状、治療法を教えて!

赤ちゃんが風邪をひいたことをきっかけに、苦しそうにゼーゼーと息をすることがありま …

赤ちゃんにもほくろができる!?ほくろができるメカニズムや病気との関係について!

多くの人が体の中に一つはほくろがありますよね。大人の体にほくろがあることは珍しい …

もう迷わない!【月齢別】新生児から3歳までのベビー服のサイズを紹介します

ぐんぐん成長していく赤ちゃんのお洋服…サイズ選びで迷わないために ぐんぐん成長す …

赤ちゃんの命に危険が!知らないずにやってしまってからでは遅い!赤ちゃんにやってはいけないことって?

生まれたばかりの赤ちゃんはフニャフニャで柔らかいですよね。特に初めて出産したママ …